ぼやかせていただいております。

神々しく完璧なおっぱい

2017年07月23日 19時30分29秒 | Weblog




His reasoning was that only the Gods could sculpt a body so perfect and as such, killing or imprisoning her would be seen as blasphemy and disrespect to the Gods




. So he moved Phryne to the centre of the court and exposed her breasts to the judges (another version of the story has Phryne exposing herself to the judges).

The judges were startled by what they saw. Her breasts were said to be so beautiful that the judges thought they must be divine or, at least, hold within them the seeds of divinity. A divine creature could not have profaned the gods, therefore the judges absolved Phryne of the charge.


この美しいおっぱいは完璧だ、神が宿っておる、彼女を罰することは神の冒涜じゃ、フリュネは、無罪じゃ、無罪じゃ!


ーーギリシャ人も美しいおっぱいを崇拝しておったとみえるな。


因みに、自分で、胸を開いた、という話と、弁護士が衣服をはいだ、という話があるらしいが、絵画でみると、「いやーーん!」と恥ずかしそうに顔を隠すフリュネのほうが数倍魅力的ではある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”印象操作”されたくなかった... | トップ | 内閣支持率 続落26%  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事