ぼやかせていただいております。

9条守れば平和が守れるというのは幻想

2017年10月18日 17時26分13秒 | Weblog
東京新聞社説

<衆院選>9条改憲論 平和の未来がかかる


 自衛権の範囲をめぐる論争が再燃するのは必至であろう。いずれ二項の削除の方向に議論が進む心配も出てくる。
 反対する野党にも注文がある。教条的にならず、国民に向けて、もっとわかりやすい言葉で、なぜ自衛隊の明記が許されないか語るべきであろう。平和国家の行く末のために有権者が判断しやすい論争をしてほしい。


現行の憲法9条のままだと平和が維持できる、という考えが甘い。

例えば、安倍ちゃんの解釈や、その他で、現行憲法でも、国連憲章でみとめる集団自衛権までは可能、という有力説もある。

なんでもかんでも、憲法改正すればいいという勢力もおかしいが、絶対変えるな、という勢力もおかしい。

もし、集団自衛権がダメだ、というなら、それを憲法で明記するよう改正するとか、主張すればええやないか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« How well women are protecte... | トップ | North Korean hackers are su... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事