ぼやかせていただいております。

安倍首相擁護のための擁護もいかがなものか?

2017年06月02日 01時41分07秒 | Weblog
2017.6.1 01:00
【阿比留瑠比の極言御免】
民進よ、政治主導をお忘れか 批判のための批判では支持拡大の道理ない


批判のための批判もまずいが、擁護のための擁護もまずいんじゃね?

政治主導はいいんだが、

総理の意向”文書は本物


犬、猫、牛、豚をはじめ動物の数は減っており、獣医師の供給不足はおきていなかった。(26)


条件が満たないのに、安倍内閣が私物化しちゃったの?


前川氏は25日の記者会見で、国家戦略特区で「加計学園」の獣医学部新設が認められた経緯について、「条件」が満たされていないのに進んでしまった、と強く批判した。


必要性がないのに、お友達のために、設立基準を変更して、獣医学部設立するのはいかがなものか、というのが問題。

森友問題でも、加計問題でも、山口問題でも、制度的権力の私物化というか、制度の公平な運用を首相のお友達のために、政権が歪めたのではないか、と問題にされている。

しかも、政権は、調査に対しては消極的・否定的であり、官僚とグルで公平な運用をお友達・支援者・太鼓持ちのために歪めたな、と多くの国民はおもっているのではないか?

批判のための批判も日本のためにならないが、安倍首相擁護のための擁護も日本のためにならない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Next time we'll serve three... | トップ | 巨大な慰安婦像を韓国大使館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事