ぼやかせていただいております。

Martin Fackler probably is an American nationalist.

2016年12月29日 19時58分01秒 | Weblog


猿田 トランプ氏の大統領当選によって一瞬だけちょっとした「風」が吹いた。「日本がこのままアメリカについていくだけではマズいんじゃないか、安全保障も含めてより自立し、自分たちの頭で考えねばならないのではないか?」という空気は間違いなくあったと思います。希望を込めて言えば、まだその空気は完全になくなってはいない。

 ところが、民進党のような野党や、これまで「対米従属」を批判していた一部の新聞も含めたメディアも、その他いわゆるリベラル陣営も、その問いに対する対抗軸を示そうとする動きが弱い。皮肉な話ですが、例えば、新聞で具体的提案を堂々と行っているのは産経新聞ぐらい。産経新聞はアメリカ大統領選挙の翌日の一面で大きく「トランプ大統領で、いいじゃないか」とのタイトルと共に「アメリカがトランプなら、日本は自主防衛だ」と主張する記事を載せました。もっとも、その産経もあっという間に「現状維持」に論調が変わってしまいましたが(笑)。


これはその通りだと思う。





ファクラー 私も極端な愛国主義や民族主義の広がりを心配しています。率直に言って日本の市民社会は根が浅いですからね。日本人自身が、議論することにも自分の国の方向性を考えることにも慣れていない。日本の戦後は対米従属を続けていれば良かった。ある意味、楽だったとも言えます。でも、今は余裕がなくなってきて社会がピリピリし始めている


しかし、これは、日本の歴史も日本の社会もみえていない、非常に高慢ちきな白人の意見であろう。



個人的には日本が「普通の国」になるのは、少しもったいないと思っています。戦後の日本はアメリカの保護下にあったけれども、その一方で、他の国にはない、新しく魅力的な価値観を生み出してきた。そういう「普通ではない国」としての日本の魅力、アイデンティティーを捨てて「普通の国」になることが、この国にとって本当に正しい道なのか……。それもまた、日本人自らが自分たちの責任において議論すべきことだと思いますね。


この人は、アメリカの戦争責任はまるで追求しないで、日本の戦争責任はいつまでも追求しよとしながら、それでいて、日本が普通の独立国になるのは阻んで、米軍に従属させようとする。 

本土の沖縄の植民地化については語るが、その根にある米国による日本の植民地化については語らない。

アメリカ万歳ナショナリズムにそまったよくいるアメリカ人のような気がするな。

自国マゾヒストになった韓国人が、産経記者を呼んで、ここが変だよ、韓国人をやると、こんな感じのインタビュー記事になるんではなかろうか、と思うよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠犬 | トップ | 右翼とも左翼とも群れない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む