ぼやかせていただいております。

Chest-thumping American patriotism & all-powerful superheroes with British patriotism

2017年08月05日 19時26分38秒 | Weblog
mozu‏
@mozumozumozu

BBC News - Wolf Warrior 2: The nationalist action film storming China http://bbc.in/2huoV0Q  英雄主義と愛国主義と。普通のハリウッド映画みたいにも聞こえるけれど。




That is the tagline for Wolf Warriors 2, the Chinese box office hit that is equal parts testosterone-fuelled machismo - think blazing guns, explosions, and tanks - and chest-thumping Chinese patriotism.
It sees a soldier venturing into an African warzone and saving hundreds of lives from Western baddies. It's basically the plot of your typical Hollywood action movie, but this time it's a Chinese man upholding justice and keeping the world safe.


Another Douban user wrote: "We used to laugh at personal heroism, but binding all-powerful superheroes with patriotism is even worse."


It was not the only patriotic movie that came out recently.
Released on the same day as Wolf Warrior 2, The Founding of an Army chronicles the events which led to the set-up of the PLA.



まあ、ハリウッド映画のほとんどが英雄主義、あるいは、英雄主義と愛国主義の混合みたいなもんで、007だって、イギリスの英雄と愛国主義映画みたいもんなんじゃないかなあ。

イルカを救うコーブだって、白人救済者もので、あれが、賞とっちゃうわけだし、ナショナリズム愛国ナルチズムはどこでもわりにウケるんだろうね。

ハリウッドに対してはこの手の評論をするのはガーディアンあたりのインテリだけど、BBCではあまりみたことない。中国という異国に対しては、距離をおいて見れるけど、自国についてはそれほど距離をおけないんだろうね。それは、クジラと豚の扱いの違いをみてもよくわかる。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ポスト安倍」石破氏が22%... | トップ | Japan needs to have a nucle... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事