ぼやかせていただいております。

戦争は放棄しても、仕掛けられたり、巻き込まれたりする。

2017年04月19日 02時14分44秒 | Weblog


「歌手生活が60年を超え、もうすぐ傘寿になります。芸能界でも戦争を体験した人は少なくなりました。首相の安倍さんが憲法のことをいろいろ言ってらっしゃるけれど、いま政治をハンドル(かじ取り)している方々は戦争体験がないでしょ。それが私は心配ですね。戦争は絶対にだめ、ずっと放棄したい。育っていく子どもたちに二度と経験させてほしくないです」


戦争はおぞましい、最大限回避すべきだからこそ、その実現がもっとも確実で、もっとも効率的な方策を考えるべき。

戦争放棄しても、仕掛けられたり、巻き込まれたりする。


〈核兵器は絶対許せないものです。このおぞましい兵器を現在保有している国が存在していることすら、許せないことです。アメリカのオバマ大統領は戦後64年目にして漸く『核兵器廃絶』を訴えてくれました。遅すぎると思うけど、彼の発言をこの地球全人類は拍手を持って迎えるべきです。日本の政治家さんもオバマさんの発言に後押しされたのでしょうか、原爆症原告全員救済、官房長官謝罪。あれから一体、何年月日が流れているのですか!!64年ですよ!!・・・日本のYES, We CAN!は遅すぎると思いません?


原爆も通常兵器も、警官がもっているライフルも、拳銃もおぞましい。しかし、そのおぞましい兵器によって、理不尽な人権侵害を抑圧し、そして、平和が維持される、ということもある。

兵器を放棄すれば、だれも殴ってこないなんて世界ではないのである。

わたしは、左翼の人たちの平和への気持ち、戦争の悲惨さの指摘、平時および戦時における権力の横暴さに対する警戒感などについて共感する者であるが、しかし、彼らの目的=平和ー戦争回避に対する手段については、同調できないのである。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「実は冤罪でした」 | トップ | White House lied about conf... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む