ぼやかせていただいております。

税金を安く、規制緩和し、安い賃金にすれば成長するか?

2016年12月10日 00時04分48秒 | Weblog
保守系経済政策の公式どおりに

減税
規制緩和
低賃金

にすれば企業が活躍しやすい環境になって経済がうまくまわっていくか?

アメリカでは実験材料となっている州がある、と。

カンサスとテキサスが、安い税金、少ない規制、低賃金、カリフォルニアが逆に、高い税金(ー特に富裕層)に対して、また、沢山の規制(特に環境)そして、高賃金だが、カンサス・テキサスは低成長、カリフォルニアは高い成長という結果になっている、と。



税金というのは投資であって、教育や職業訓練、大学、技術革新、インフラが充実し、そのことで人を呼び込み、経済が成長するから、賃金も上がるのだ、と。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意味もなく蹴り落とされる | トップ | みえないねえ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事