ぼやかせていただいております。

森友学園見積もりはでたらめ

2017年08月22日 08時56分55秒 | Weblog




学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、国が更地の鑑定価格から差し引くごみの撤去費を約8億2千万円と積算した根拠とされた現場写真21枚を、朝日新聞は入手した。国は「関係者の同意が得られない」と開示を拒んでいた。土地紛争の専門家は「この写真は不鮮明で、ごみの量の判断根拠にならない」と指摘しており、見積もりの正当性について国の説明責任が問われそうだ。


やっぱり見積もりはデタラメ。

安倍ちゃんと財務省官僚があたかも問題がないかのように印象操作していたわけかああ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍日韓合意は”河野談話以上の悪質な自国断罪”

2017年08月22日 08時53分03秒 | Weblog
藤岡 信勝 

·
こうなることは、初めから120パーセントわかっていたことだ。文大統領の「日韓合意」破棄宣言=タカリ外交継続宣言である。だから、こういう国とは、政治的妥協とか玉虫色とかいう話は成立しない。「河野談話」の失敗でイヤと言うほど教えられたことではないか。まして、英文を読めば、「慰安婦=性奴隷」の描写になっているような「合意」を行うなど河野談話以上の悪質な自国断罪であった。
 当時、日韓合意を批判する論調について、「大人と子供。住む世界が違う」と言い放って侮蔑し安倍外交を擁護した有名な文藝評論家がいた。結果はどうなったか。今回も河村建夫、額賀福志郎といった名うての親韓派利権代議士がまたぞろ、文大統領と日本の政権を仲介するかのようにチョロチョロ動いている。また20億円くらい払って、「不可逆的に解決した」などという共同声明を出そうというのか。これは今後何十回でも繰り返される。


島田氏といい、安倍支持の右派がようやく愛想をつかし始めたかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

If I took a break I would go to sleep, so I would work straight through

2017年08月22日 07時57分27秒 | Weblog
power tripとは

他人を支配することに喜びを覚えるためだけの自己顕示欲の強い行動








The restaurant is on “short shift” at the moment, which means it has about half the usual staff, so Fran Marion often has to do all those jobs herself. On the day we met, she estimates she processed 187 orders – roughly one every two minutes. Those orders grossed about $950 for the company. Marion went home with $76.

Despite working six days a week, Marion, 37, a single mother of two, can’t make ends meet on the $9.50 an hour she gets at Popeyes (no apostrophe – founder Al Copeland joked he was too poor to afford one). A fast food worker for 22 years, Marion has almost always had a second job. Until recently, she had been working 9am-4pm at Popeyes, without a break, then crossing town to a janitorial job at Bartle Hall, the convention center, where she would work from 5pm- to 1.30am for $11 an hour. She didn’t take breaks there either, although they were allowed.


“I was so tired,” she says. “If I took a break I would go to sleep, so I would work straight through,” she says.



Even with those two jobs, Marion was unable to save – and when disaster struck she found it impossible to cope financially. Last month, the city condemned the house she rented – the landlord had refused to fix faulty wiring and the leaking roof – and she was made homeless.


After she quit her janitorial job, hoping to find something more flexible so she could see more of her children, Marion started interviewing for a second job in fast food. “I have always needed two jobs. You basically need two jobs to survive working on low wages,” she says.


It makes me feel like a peasant. In a way it’s slavery. It’s economic slavery.”

Like 28 million other Americans, she doesn’t have health insurance. She hasn’t seen a doctor in her adult working life.



Marion says the argument that fast food workers should leave for other, better paid, jobs misses the point. People like fast food. The companies that make it make fortunes. “We are the foot soldiers for these billion-dollar companies. We are the ones doing the work and bringing the money,” she says.

“At the top of America, when it comes to Trump and them, their goal is to keep us down,” she says. “Between these billion-dollar companies and Trump, it’s a power trip.”



大企業は利益を出し、社長は労働者平均賃金の347倍の収入を得ているのに、何百万もの労働者はまともな生活ができない、と

マリオンと記者があった日には、彼女は、8時間労働で、76ドル、マリオンのとった注文が187で、会社のために950ドルの利益をあげている。

時給9ドル50セント、休みなしで、通常は、9時から4時まで、7時間、週6日間の労働。5時から1時半まで、清掃業。時給が安いので、2つの仕事がないとやっていけない。

休憩をとることもできたが、あまりにも疲れていて休むと寝てしまうので休憩はとらなかったのだ。

子どもたちの時間を融通してくれる仕事を探すために清掃業の方は辞めた、と。

ぼろアパートに住んでいたが、市の建築基準に適合せず、大家は改修を拒否したので、アパートを出ていかざる得なかった。その結果、ホームレスに。子どもたちは友達の家に。

高血圧と鬱に悩まされているが病院に行けない。健康保険がないのだ。アメリカでは二千八百万人の人が健康保険に入っていない。

われわれは経済奴隷。社長や企業に金儲けさせてあげている歩兵だ、と。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

””STOP THE FAGS”

2017年08月22日 03時13分43秒 | Weblog


同性婚に関する諮問型国民投票を前に、デタラメの統計を掲載し、「オカマを止めろ」などといったポスターが掲載された、と、オーストラリア。

事前の世論調査では、同性婚賛成が反対派にかなり差を付けている、と。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Was South Korean President really a Human Rights Lawyer?

2017年08月22日 02時39分18秒 | Weblog
Koreasparkling‏
@torumyax


「北朝鮮と外交対話だの和平だの大手メディアは言ってるけどさ、左派称する文大統領も頑なに触れないけれどさ、北朝鮮の最悪の人権状態を。核を持った北朝鮮体制の核持ったもん勝ちってこと、犠牲になるのは北朝鮮の民衆」やっと言ってくれたコレ。




Herewith a few subjects pertaining to North Korea that have all but vanished from public discourse: the country’s gulag (thought to hold upwards of 200,000 political prisoners); chronic malnutrition in the countryside while a ruthless dictator grows morbidly obese; and intensified efforts to repatriate refugees from China to North Korea, where they face an unimaginably cruel fate.

For one, South Korea’s new president Moon Jae-in displays the odd pathology that afflicts much of his country’s political left. Moon and his cohort opposed South Korea’s former military dictatorship in the 1970s and ‘80s, yet remain stubbornly silent about the horrors their fellow Koreans endure for no reason other than to have been unlucky enough to have been born north of the 38th parallel


If the North Korean regime actually enjoyed widespread public support, the gulag, the secret police, and the repatriation regime would not actually be necessary. The human rights situation is the biggest tell that the regime and its people are not one and the same.


The upshot? Respected figures like David Ignatius of the Washington Post propose that the United States negotiate a formal piece accord with the North Korean government— one that would provide a guarantee of the continuation of the North Korean regime. In other words, the gulag would be here to stay


北朝鮮では政治犯が20万、国民は常に栄養失調の危機にあり、中国に逃亡した難民は、帰国させられ悲惨な眼にあっているーー北朝鮮の国民が北朝鮮政権を支持しているなどというのは嘘で、支持していれば、強制労働収容所など要らんだろう、と。

文在寅も、トランプもいざ北朝鮮のことになると、こうした苦しみにあえぐ国民のことはなおざりにしている。

政権が維持されれば、こうした状況の改善もあり得まい、と。


ーーー文在寅が人権弁護士とか言われているが、韓国人米軍慰安婦問題も無視、北朝鮮人民の苦悩も無視して、なにが、人権弁護士だ、と問いたいね。



Moon Jay-in stubbornly remains silent about the suffering the former Korean comfort women for U.S. troops endure and the horrors their fellow North Koreans are going through.

Was he really a human rights lawyer?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

In U.K., Kids lie with heroin needles in their arms in the street

2017年08月22日 01時54分02秒 | Weblog


The pair were seen leaning against a wall near Belfast’s Albert Clock after appearing to have taken heroin.

The image, taken on Thursday night, has since gone viral.

Locals in Belfast claim it is a typical image of what they see day to day, with heroin usage spiking throughout Northern Ireland.

The area was busy with revellers at the time the image was taken, with DJ Timmy Trumpet having just performed nearby.


ヘロインの注射針を腕にさしたまま、町中で気絶する少年たち。珍しい光景ではないらしい、北アイルランド。

(表題はBBC風に一般化してみた)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

In England, Boy armed with KNIFE demands ride on scooter

2017年08月22日 01時30分55秒 | Weblog
go noun (ATTEMPT)


B2 [ C ] us also try an attempt to do something:
I've never done this before but I'll give it a go.
"This jar is impossible to open." "Here, let me have a go."
I want to have a go at finishing my essay tonight.
We can't do the work all in one go (= all at the same time).
make a go of sth uk us usually try

C2 to try to make something succeed, usually by working hard:
She's really making a go of her new antique shop.
I can't see him ever making a go of accountancy.
More examples

Thesaurus: synonyms and related words

go noun (OPPORTUNITY)


B1 [ C ] us usually turn an opportunity to play in a game, or to do or use something:
Hey, it's Ken's go now! You've just had your go.
Please can I have a go (= can I ride) on your bike?
I'll have a go at driving for a while if you're tired.






'gimme a go!'



 ナイフを振り回しながら「スクーター乗らせろや」と脅す少年、イギリス。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反ヘイトスピーチ法に対する反対論

2017年08月22日 01時11分26秒 | Weblog



But legal bans on hate cannot, and should not be the answer. First and foremost, they cannot be the answer because they contravene the U.S. Constitution.


Even if they were constitutionally permissible, legal restrictions on hate speech would create more problems than they would solve. The most egregious and harmful forms of hateful speech — threats, harassment, and incitement to violence — are already unlawful. When it comes to less definable forms of abhorrent speech, there is no single standard for what qualifies.


If individuals cannot be sure what might be judged hate speech they will have no choice but to avoid all manner of legitimate speech for fear of legal jeopardy. News organizations, radio shows, and websites would have to employ armies of lawyers to help scrub speech that anyone, anywhere might consider offensive enough to cross a vague legal line.



Countries that do aggressively police hate speech offer a cautionary tale: Rwandan President Paul Kagame just won reelection to a third term with 99 percent of the vote, securing his rule for a tenure of at least 30 years in a political environment where all opposition is squelched. A leading political opponent, Victoire Ingabire, is serving a 15-year prison sentence for “divisionism” — for simply having pointed out that Rwanda’s genocide had Hutu as well as Tutsi victims


If legal solutions won’t work, it is fair to ask what will. In recent decades, noxious speech has been curtailed by editorial guidelines, codes of conduct, and powerful taboos that make the swastika, Ku Klux Klan hoods, and racial slurs anathema. It is precisely because hate speech has been widely rejected that there have been relatively few calls to make it illegal


Investment is also needed in outreach toward right-wing youth and community groups to better understand their motives and how they can be influenced. During the civil rights era significant resources were devoted to tracking, researching, and analyzing the spread of hate groups; the Southern Poverty Law Center and other organizations are stepping up their efforts as should a range of non-profit, academic, and government actors. Where engagement and dialogue is possible, it should not be ruled out.


Aggressive prosecutions of hate crimes, threats, and harassment — actions that cross an existing legal line — can send a powerful message that this sort of behavior is not tolerated

The crisis of surging hate speech is urgent. Rather than groping for an elusive legal fix, communities, leaders, and advocates should rally around strengthening the tools we have.



反ヘイトスピーチ法反対論

1)脅迫、ハラスメント、暴力扇動についてはすでに取り締まれる法律がある。

2)言論の萎縮効果、反ヘイトスピーチ法を権力者が濫用する危険がある

3)政治家、著名人によるヘイトスピーチの非難、民間人権機関による摘発、対話、ヘイトクライムに関する厳罰、などによる方法はヘイトスピーチ抑制に対して効果がある、と。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核兵器禁止条約に参加しては日本の安全保障が危ない

2017年08月22日 00時38分44秒 | Weblog



現状のままでは、この条約は、核兵器国(核兵器不拡散条約[NPT]で核兵器保有が条約上許されている国)以外の国が核保有をしないという政治宣言に終わる可能性が高い。



重要な点は、そのプロセスに課題を孕むものであったとしても、NPTは核軍縮と核兵器廃絶に向けたプロセスを整備しており、これまで国際社会はその枠内で核兵器廃絶を検討してきたということである。


北朝鮮の核開発を隣で見る韓国で、核保有論の高まりが見られるように、安全保障上の合理性があれば、汚名を着せられた兵器であっても取得に動く国がある。

軍事的に大きな価値があり、国家の権勢を象徴する兵器を、「汚名を着せられた」というだけで放棄する国はないだろう。


核兵器禁止条約は核軍縮と核廃絶の間の法的ギャップを埋めたが、軍縮から廃絶に至る過程を明確に規定できていない。

具体的には、日本国内に米国が核兵器を持ち込み、設置等しない限り、中国(非締約国である場合)からの核兵器の恫喝に対して、米国(非締約国)からの拡大抑止を受けることは、条約違反ではなくなる。

これは、いくつかの点で奇妙な内容が含まれる

核抑止の信頼性の強化は、安全保障政策の中核に位置付けられるべきものであり、その低下を望むものではない。その状況の下で普遍的な核廃絶を求めることは、自己矛盾となる。

そして、核兵器国は、自国に核兵器の廃絶を求める条約に参加した同盟国に対して、なぜ核の拡大抑止を提供しなければならないか、疑問を持つようになり、抑止の信頼性が大きく後退することになる。


、日本は条約に参加することで、核廃絶に貢献するのではなく、核廃絶を遠ざけ、核兵器国の核保有を永続化し、さらに、自国の安全保障も危険にさらすことになるのである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内閣府支持率依然として支持率を上回る。

2017年08月22日 00時38分22秒 | Weblog


それでも、支持率がちょっと、回復した理由がわからんな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党の受け皿になる新党結成を急げ

2017年08月22日 00時04分01秒 | Weblog
まあ、民進党は駄目だな、こりゃ。 はやく消滅して、自民党の受け皿になる新党結成を急いだほうがいいんじゃない?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加