ぼやかせていただいております。

Hiraganas come from Kanjis

2017年08月18日 23時10分41秒 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Most Japanese appreciate non-Japanese appropriating Japanese culture

2017年08月18日 22時11分02秒 | Weblog


子供が着物を着ている姿について
実に、微笑ましい。

日本人の皆さんなら、まったく問題ないと思うだろう。

いや、それどころか、アメリカの子ども達が伝統的な日本の文化に興味を持ってくれたことに、ささやかな喜びを感じたり、ちょっぴり幸せな気分にすらなるかもしれない。

批判どころかお礼や感謝の言葉を伝えたくなるだろう。



モデルが日本風に撮影した写真について




一般的な日本人の感覚なら、「綺麗、美しい、素敵」と感じる素晴らしい写真ばかりだ。

わざわざ伊勢志摩まで行って撮影するなんて「感動した、スバラシイ!!!」と絶賛する声が出ても不思議じゃない力の入れようだと思う。




via toru


Almost all Japanese people will appreciate non-Japanese appropriating Japanese culture as long as they respect it.

Japanese people just hate it, for instance, when Koreans mistakenly claim that Korea invented Hanami, Kumdo, Karaoke etc.which in fact originated in Japan.



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Korea can't keep a promise.

2017年08月18日 21時41分32秒 | Weblog
Editorial: Digging up old issues dangerous to Japan-S. Korea ties


Specifically, Moon asserted that the forced laborer issue is just as major a historical problem between his country and Japan as "comfort women." He also called on Japan's leaders to "show courage" in solving these problems.

Unpaid wages for forced laborers was discussed during negotiations to normalize Japan-South Korea diplomatic relations, and was officially resolved by the 1965 Agreement on the Settlement of Problem Concerning Property and Claims and on Economic Cooperation between Japan and the Republic of Korea. In its particulars, forced labor is thus different from comfort women, which emerged as a diplomatic problem in the 1990s.

In 2005, during the administration of President Roh Moo-hyun, South Korea examined the scope of the 1965 settlement, and confirmed that the forced laborer problem had indeed been resolved. What's more, Moon was chief presidential secretary in charge of the issue, and worked on the review.

When in 2012 the South Korean Supreme Court ruled that the 1965 settlement did not cover forced laborers, the government nevertheless declared that its position -- that the issue had been resolved -- was unchanged. However, when the Supreme Court sent the case back to the high court, the high court reversed its previous decision and found in favor of the plaintiff, and ordered a Japanese company to pay compensation.

The suit has once more been appealed to the Supreme Court. Should the justices confirm the high court decision, it would open up many Japanese companies to litigation, and would likely seriously impact Japan-South Korean relations.

South Korea was ruled by a military dictatorship when the 1965 settlement was signed, and we can understand the dissatisfaction of former forced laborers who feel their concerns were not reflected in the agreement.

Nevertheless, dealing with the postwar period has been an imperfect process. Compromising on complex stakes for the sake of coming to an arrangement that best responds to the international situation is inevitable. It is quite a stretch to expect a complete review of bilateral agreements simply because times have changed.


Moon’s speech inflames history issues, despite claimed wish for better ties


The issue of compensation to former requisitioned workers was settled under the Japan-South Korea agreement on property and claims of 1965. This view was confirmed by the administration of former President Roh Moo Hyun, whose officials included Moon himself. It was unreasonable for Moon to say in his speech, “The suffering incurred through the compulsory recruitment is continuing.”

The Japan-South Korea accord, reached in late 2015, states that the comfort women issue has been settled “finally and irreversibly.” However, Moon never referred to this in his speech.

Don’t tempt the North

Implementing the 2015 accord sincerely will lead to the solution of the history issue. Does Moon seriously hope to improve the bilateral relationship? We cannot help but doubt it.


via toru



社説
文大統領の光復節演説 慎重さ欠く「徴用工」言及


韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」演説で、解決を必要とする日本との歴史問題として徴用工問題と慰安婦問題を同列に並べて語った。その上で、日本の指導者に「勇気ある姿勢」を求めた。

 徴用工に対する未払い賃金などの問題は国交正常化交渉の中で協議され、1965年の日韓請求権協定で解決されたことになっている。90年代になって外交懸案となった慰安婦問題とは経緯が異なる。

 盧武鉉(ノムヒョン)政権当時の2005年、協定の効力がどの範囲まで及ぶのか検証が行われた際に、徴用工問題は請求権協定で解決されたことが再確認された。文氏は、この問題を担当する首席秘書官として作業に加わっている。

 韓国最高裁が12年に徴用工問題の訴訟で協定の効力を否定する新判断を示した際にも、韓国政府は「解決済み」という立場を維持すると表明している。

 最高裁判断を受けた高裁での差し戻し審判決は原告の逆転勝訴で、被告の日本企業に賠償を命じた。再び最高裁に上告された訴訟で原告勝訴が確定すれば、多くの日本企業が訴訟リスクにさらされ、日韓関係にも重大な影響が出てしまうだろう。

 請求権協定を結んだ当時の韓国は軍事政権であり、元徴用工たちの思いが反映されていないという不満は理解できる。

 だが、そもそも戦後処理に完璧なものはない。その時々の国際情勢に応じて複雑な利害関係を調整するため必然的に妥協を伴う。時代が変わったからと国家間の合意を全面的に見直すことには無理がある


文大統領演説 「慰安婦」蒸し返しは許されぬ

 徴用工への賠償問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済みだ。文氏が加わった盧武鉉政権もその見解を確認している。演説で「強制動員の苦痛は続いている」と述べたのは理屈に合わない。

 慰安婦問題も、2015年末の日韓合意で、「最終的かつ不可逆的な解決」が定められているが、文氏は一切言及しなかった。

 合意を誠実に履行することが、歴史問題の解決につながる。文氏は真剣に両国関係の改善を望んでいるのか。疑わざるを得ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまだに、韓国人慰安婦強制説をとる朝日新聞

2017年08月18日 21時22分25秒 | Weblog
(社説)徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ


文氏は徴用工問題の流れをどう整理して発言しているのだろうか。慰安婦問題とはひとくくりにできない経緯がある。

 日本政府は1965年の請求権協定で、すべての問題が解決済みとしてきた。それに対し韓国の盧武鉉(ノムヒョン)政権は05年、慰安婦問題などの課題はなお残るとしつつ、徴用工については問題視しない見解をまとめた。

 当時、盧政権の大統領府幹部だった文氏自身が、この作業にかかわった。徴用工問題については韓国政府が救済を怠っていたと認め、慰労金の支給など独自の支援措置をとってきた。

 だが、5年前に大法院(最高裁)が個人の請求権を認める見解をだした。それを受けて「日本企業に賠償請求は可能」との司法判断が急速に広がった。

 日本が植民地支配により、多くの人々に多大な損害と苦痛を与えたのは事実である。

 日本側は法的な問題に閉じこもらず、被害者たちの声に真摯(しんし)に向きあい、わだかまりをほぐすための方策を探り続けるのは当然の責務だ。

 ただ、歴史問題は一方の当事者だけで解決できるものではない。今を生きる両国民の距離を縮めていくには、双方の政治指導者の深慮と行動を要する。

 韓国ではこの夏、徴用工らを題材にした映画が人気だ。ソウルなどでは徴用工の像が建てられ、いわゆる少女像のレプリカを乗せた路線バスも走る。

 そんな世論が文氏に響いているのかもしれない。しかし政治指導者は、風向きを読むだけでなく、世論を未来に導く説得の時にこそ真価を問われる。

 歴代政権が積み上げた歩みをまず尊重する。それが歴史問題の再燃を防ぐ出発点である。
EDITORIAL: Moon should respect past joint efforts toward war reparations
August 18, 2017 at 13:10 JST


via toru


We wonder how Moon recognizes the history of developments concerning the issue of Korean requisitioned workers.

There are factors that argue against putting this problem in the same category with the issue concerning Korean comfort women, who were forced to provide sex to Japanese troops before and during World War II.

The Japanese government has taken the position that all war reparations issues between the two countries were settled by a bilateral agreement reached in 1965 on this matter.

In 2005, the administration of then President Roh Moo-hyun adopted the view that the issue of compensation for former requisitioned laborers had been settled while pointing out that the comfort women issue remained unresolved.

Moon, as a senior member of the Roh administration, was involved in working out this view.

The South Korean government has acknowledged its failure to provide appropriate relief to former laborers and taken remedial measures to support them, including payments of consolation money.

Five years ago, however, the Supreme Court handed down a ruling that acknowledged the rights of individual former laborers to seek damages.

This decision has quickly spread the legal view in South Korea that it is possible for former laborers to seek damages from Japanese companies that used them.

It is a fact that Japan’s colonial rule of the Korean Peninsula inflicted enormous damage and pain on many people in the region.

Japan has the obligation to move beyond its official positions on related legal issues and pay sincere attention to the voices of victims while making continued efforts to find ways to dispel ill feelings about the colonial rule among South Koreans.

But such history issues cannot be solved only through efforts by one side.

Narrowing differences over such issues between the people living today in the two countries requires prudence and appropriate behavior by the political leaders of both sides.

This summer, a movie about the Koreans forced to work in Japan has been a big hit in the country.

In Seoul, the nation’s capital, a statue symbolizing such laborers has been erected, and some buses running on regular routes are carrying a replica of the comfort women statue.

Moon’s remarks may reflect the public sentiment behind all these moves.

But one real test for political leaders is whether they can lead the public toward a better future instead of simply trying to swim with the political current.

Moon needs to respect the history of efforts made by the successive governments to deal with history issues. That should be a first step for preventing these touchy issues from flaring up in a way that damages bilateral ties.

--The Asahi Shimbun, Aug. 18


日本語だと「慰安婦問題とひとくくりにできない」というところが、わざわざ

the issue concerning Korean comfort women, who were forced to provide sex to Japanese troops before and during World War II.


セックスの提供を強いられた韓国人慰安婦問題、となっている。

慰安婦問題にくわしい日本人なら、これは広義の強制で、貧困で身売りしたり、騙されたり、という意味なのだ、ということはわかる。「慰安婦問題」と言っただけでは、説明が足りない、というなら、むしろ、just like Korean comfort women for U.S. troops、とか、out of poverty とか、deceived into providing sex by Korean or Japanese agents というのを付加したほうがよほど丁寧で、わかりやすいし、実態を反映している。

朝日新聞も、この繊細な歴史問題について繊細な対応が求められていることを自覚すべきだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Justin McCurry (Guardian) lied again.

2017年08月18日 16時39分41秒 | Weblog



The term “comfort women” is a euphemism for as many as 200,000 girls and young women, mostly from the Korean peninsula, who were coerced into working in Japanese frontline brothels before and during the second world war.


He fogot to mention the fact that Korean woman were also coerced into working in Korean brothels for U.S. troops during and after Korean War.

Former Korean 'comfort women' for U.S. troops sue own government
Ju-min Park
4 MIN READ


It is vital to mention this fact in order to put the topic in the proper context and give the voices of the Korean women ignored and silenced by Korean ultra-nationalism.


The agreement included an apology for the women’s ordeal, but Japan refused to accept legal responsibility, maintaining its official position that all compensation claims were settled by a bilateral peace treaty in 1965. In addition, Tokyo committed to setting up a $9mn fund to care for the dwindling number of surviving sex slaves.


This is highly misleading.

Japanese government issued apologies to the former comfort women several times.

All compensation claims were settled by a bilateral peace treaty in 1965.

And yet, Japan compensated the former comfort women through The Asian Women's Fund in 2000's

And yet, Japan agreed to give more compensation to the Korean comfort women in 2015.


But the biggest obstacle to fully implementing the agreement is a Japanese demand that the South Korean government order the removal of comfort women statues across the country.


Wrong. He can read neither Japanese nor Korean.



(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。


Japanese government called upon Korean to remove the comfort women statues in front of Japanese embassy in South Korea. Japanese government does not demand to remove all the statues across the country.

I for one think the statues are necessary to remind Koreans that Korean government has not compensated nor apologized to the former comfort women it coerced into working for US troops.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

If I had lost the war, I would have been tried as a war criminal

2017年08月18日 15時53分17秒 | Weblog






毒ガス攻撃も考えていたわけだね。






焼夷弾攻撃は、一般市民に甚大な被害が及ぶーーーそれを知ってわざとやっていたわけですね。











市民に被害が及べば、市民が終戦を望んで、早期に戦争が終わるだろう、と。

番組にはないが、ルメイは、
Killing Japanese didn't bother me very much at that time... I suppose if I had lost the war, I would have been tried as a war criminal.... Every soldier thinks something of the moral aspects of what he is doing. But all war is immoral and if you let that bother you, you're not a good soldier.

負けていたら戦争犯罪人になっていただろう、という自覚があったわけですね。









陸軍のマッカーサー、海軍にニミッツが本土に迫る前に、空軍が、日本を降伏させ、手柄をあげたかった。そこで、地方都市までボコボコにしたわけですね。




スチムソンは、精密攻撃やるとおもっていたが、実際そうなっていなかった。以前引用したが、

In the course of the June 6 meeting, the secretary of war again raised his objections to the conventional area bombing of Japanese cities, stating his desire “to hold the Air Force down to precision bombing” if possible. Stimson offered two reasons for opposing indiscriminate attacks on Japanese cities:

"[F]irst, because I did not want to have the United States get the reputation of outdoing Hitler in atrocities; and second, I was a little fearful that before we could get ready the Air Force might have Japan so thoroughly bombed out that the new weapon would not have a fair background to show its strength.


ヒットラーよりひどいことをしているんじゃないか、という自覚があったわけですね。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Do Japanese people have ”slanted” eyes?

2017年08月18日 14時48分20秒 | Weblog
目が細長いで思い出したが、以前書いた記事関係で読んだ記事で面白いのがあったんだよねえ。

アジア人というと、つり目を欧米人は想起するが、平均するとそんなかわらないんだ、と。



左が日本人女性、右がドイツ人女性の平均
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BBC's transparent attempt at whitewashing Prince Philip's racism

2017年08月18日 14時30分24秒 | Weblog
suzuky‏
@suzuky

suzukyさんがAl Jazeera Englishをリツイートしました
英フィリップ殿下の本気の帝国主義的レイシズムについて。こういうのはアルジャジーラの本領発揮かもw


The priceless racism of the Duke of Edinburgh
Prince Philip has done the world an extraordinary service by exposing the racist hypocrisy of "Western civilisation".
writes Dabashi [Reuters]
byHamid Dabashi



suzuky‏
@suzuky


BBCは「フィリップ殿下は歯に衣着せぬ失言で知られ…」などとおべんちゃら言ってないで、こいつはただのレイシストとなぜ断言できない?偽善者め!みたいな。


けしからんなあ。

国営放送が、フィリップ殿下の人種差別をごまかしちゃいかんなああ。


"If you stay here much longer you'll all be slitty-eyed" (to a group of British students during a royal visit to China).


 「これ以上中国にいたら、目が細長くなっちゃうよ」とーこりゃあひどいなああ。


(whitewash 美化)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Let Japan go nuclear

2017年08月18日 14時20分28秒 | Weblog
Japan Politics & Policy Add to myFT
Abe’s need for Trump’s defence promises shows crisis of faith

Three recent actions of the US president give Japan cause for doubt





The Abe administration may have nuanced reasons for any doubts, but Mr Trump has given the Japanese public three that are hard to miss. His first seven months in office have shown Japan that his understanding of the depth, history and underlying purpose of the US geopolitical stance is shallow. Japan cannot be confident that the US interest in its wellbeing represents an exception to that.

Second, Mr Trump’s antipathy to almost every position taken by Barack Obama is plain. Some in Japan wonder if that includes the previous president’s signature “pivot to Asia” and attempts to involve key allies such as Japan in the long-term containment of North Korea and China. Mr Trump’s immediate decision to pull the US out of the Trans-Pacific Partnership was especially jarring for Japan.

Third, Mr Trump’s openly “America First” stance sharpens a fear that has lingered behind the US-Japan alliance since it was established: that a certain type of US president might, when push came to shove, balk at risking an American life in defence of a Japanese one. 


 まあ、しかし、オバマさんだって、この地域の歴史やアメリカにとっての地政学的意味を理解していたとは到底言えないし、アジアへ重視政策って言ったって、口先だけ、アメリカファーストは、対外的には、それを、はっきり言うか、隠れて実行するか、の違いだけだからなあああ。

 いずれにせよ、イギリス同様核武装させてくれ、と言いたい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事特別秘書の給与額が黒塗りはおかしいやないけ!

2017年08月18日 11時33分51秒 | Weblog


都知事特別秘書の給与公開求め提訴
8月17日 18時09分
東京都の小池知事が任命した2人の特別秘書の給与について、都が情報を開示しないのは不当だとして、東京のフリージャーナリストが情報公開を求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。
東京都の小池知事は、都の条例に基づいて、政策への助言などを行う「特別秘書」に、「都民ファーストの会」の代表を務める野田数氏と元読売新聞記者の宮地美陽子氏の2人を任命しています。





橋下徹2017年08月18日 09:38特別秘書の給与額が黒塗りというのは信じられない -
8月17日の
都知事特別秘書の給与公開求め提訴 #nhk_news https://t.co/mJQlN9hbCs

— NHKニュース (@nhk_news) 2017年8月17日
特別秘書の給与額が黒塗りというのは信じられない。ノリ弁をなくすという小池さん・都民ファーストの宣言はなんだったのか。大阪では特別秘書の給与額が最高幹部級だったが年齢見合いの一般職員並みに落とした。さて東京都は?黒塗りにするのは高額だから?


おれは、都民ファーストはこの間は受け皿になったけど、長続きする政党じゃないんじゃないか、という感じがするんだが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”I’m not intimidated by Robert E. Lee’s statue.”

2017年08月18日 11時04分15秒 | Weblog




Former city council member Sandra Crenshaw thinks removing the statues won’t help.

“I’m not intimidated by Robert E. Lee’s statue. I’m not intimidated by it. It doesn’t scare me,” said Crenshaw. “We don’t want America to think that all African Americans are supportive of this.”

Crenshaw, along with some Buffalo Solider historians and Sons of Confederate Veterans are coming together to help protect the Confederate markers from toppling over in Dallas.

They feel the monuments, like the Freedman’s Cemetery, tell an important story and help heal racial wounds.

“Some people think that by taking a statue down, that’s going to erase racism,” said Crenshaw. “Misguided.”


Crenshaw said the protests and efforts to remove the monuments take away from real change and progression.

“I’m very, very saddened by those people, particularly the African Americans, who are leading this agenda. There is a democratic process,” said Crenshaw.


すべての黒人が南軍関係者の銅像を撤去しろ、と言っているか、というとそうではないんですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

US SHOULD TEAR DOWN STATUES TO SLAVE-OWNING PRESIDENTS

2017年08月18日 10時22分18秒 | Weblog




ワシントンやジェファーソンなどの銅像は引きずり下ろせ、という、かなり強力な議論




A hypothetical example may help. Suppose that the U.S. had lost World War II and that, as a consequence, Nazi occupiers had erected giant memorials and renamed cities.

Suppose further that over time the regime and public attitudes changed so that in this alternative universe Americans eventually came to hold the extremely negative views about Nazism that most Americans (excepting perhaps our real-life president) currently hold.

Is there any doubt that we would tear down the Hitler and Goebbels Memorials, even if they were the size of the Washington and Jefferson Memorials, or that we would change the names of cities?

If I'm right about what we would do to purge the taint of Nazism, why should practicality stand in the way of purging the taint of slavery? Surely slavery, like genocide, is the sort of enormous evil that warrants purging.


Suppose that in the counterfactual world, Hitler, not Eisenhower, had built the interstate highway system, and that some people defended retaining giant memorials and other honors to Hitler on the ground that they celebrated his promotion of interstate travel, not Nazi ideology.


We would then have a despite/because distinction along with a practical obstacle to removal; and yet we still would (I hope) want to de-Hitlerize the nation.


The strongest arguments for Washington's and Jefferson's ambivalence towards slavery can be found, respectively, at the Mount Vernon and Monticello websites. The best that can be said for them is that they were relatively enlightened for people who owned slaves . At the end of the day, it is not clear that this counts for all that much


大学の銅像なら、規模が小さいから、撤去するのは楽だが、ワシントンやジェファソンじゃ、撤去が大変だから、無理という人がいるが、しかし、仮に、ヒットラーが戦争に勝っていたとして、銅像がたった、としよう、と。

その何十年後、社会が変わって、ユダヤ人差別虐殺はいけないと気づき始めたとしよう、と。そうしたら、いくら、撤去が困難だからといって、ヒットラーの銅像は撤去するのがスジだろう、と。

ユダヤ人差別虐殺も奴隷制度も同様に残虐非道な行いである。

だったら、ワシントンやジェファーソンの銅像も撤去するのがスジだ、と

いや、ワシントンはジェファソンの銅像は彼らの功績のために、その悪行にもかかわらず、建立されているだけだ、という人もいる、と。

しかし、仮に、ヒットラーが高速道路を建設して、社会貢献したとしても、やはり、その残虐非道な行いゆえに、銅像は撤去するだろう、と。


ユダヤ人差別虐殺も奴隷制度も同様に残虐非道な行いである。

だったら、ワシントンやジェファーソンの銅像も撤去するのがスジだ、と。


因みに、この人法律の教授のようであるが、ちゃんと記事の中に参考文献として、自分の記事をPDFで添付してくれいているんだよね。

日本の裁判官、弁護士や教授でも、自分の本買え買え、というより、ちょこっとPDFつかって、無料で自己主張しろよ、と言いたい。

本で生活費稼いでいるわけじゃないんだろう。大事なことだと思ったらケチるなよ、といいたいね。

(歴史問題、靖国)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅の売店のおばちゃんたち

2017年08月18日 08時52分36秒 | Weblog






後呂さんは東京メトロの子会社「メトロコマース」の契約社員だ。入社から11年。この間、1年ごとの契約更新を繰り返してきた。手取りは毎月約13万円で、正社員に支給される家族手当や住宅手当、退職金はない。ボーナスも5分の1にすぎず、退職金を含めた賃金の合計額は正社員の半分に満たない。


一人暮らしで、家計はカツカツだという。同じ売店勤務の正社員の中には、連れ立って地上の飲食店へとランチに出掛ける人もいる。後呂さんは「私には外食なんて、とうてい望めないぜいたくです」と話した。
「早番」と「遅番」を交代でこなし、労働時間は1日約8時間。原則、1人で切り盛りするため、昼休みなどを除くと、トイレにも行けない。後呂さんによると、膀胱炎を患って辞めた同僚もいたし、尿漏れパッドや替えの下着を準備している人も多いという。
「私は、朝はできるだけ水分を取りません。閉店後は真っ先にトイレです。1人態勢なので、風邪くらいじゃ休めません。いつだったか、勤務の前日に脚にやけどをしたんですが、あの時も当たり前に出勤しました」


責任感と緊張感は時に正社員以上です、と後呂さんは言う。
「新しい売店に移る時、契約社員の友人たちは事前に休みを返上して自腹で勤務先に行って鍵の保管場所などを確認します。私も売店が変わるたびに、たばこの位置をイラストに描いて頭に叩き込みます。新宿駅の売店では、万引きの多い時間帯を割り出し、売り場から目を離さないようにして被害額を大幅に減らしたこともあるんですよ。なぜそんなことまでするか、分かりますか? 契約社員はいつだって、雇い止めにおびえているからです」



普段見かけるおばちゃんたち、苦労しているんだなあ。

なんとかせんとまずいだろう、こりゃ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米の市民運動ー日本のネトウヨの活動に似ている。

2017年08月18日 08時28分18秒 | Weblog
消費者がSNSで圧力、米経営者追い込む 人種差別問題
ワシントン=五十嵐大介、土佐茂生2017年8月18日08時01分



彼らを「トランプ離れ」に追い込んだ要因は、消費者や世論の圧力だ。特にソーシャルメディアを通じ、評議会メンバー企業への批判が急速に拡散している。

 ログイン前の続き「かぎ十字シチュー」や「憎しみのクリーム」のロゴ入りスープ――。騒動後、ツイッターで「スープナチス」のハッシュタグと共に、こんなイラストが拡散されたのは食品大手のキャンベルスープ。CEOは16日、委員の辞任を表明した。

 英フィナンシャル・タイムズ紙によると、抗議者らが16日、ニューヨークの米銀最大手JPモルガン・チェースの本社を訪れ、ジェイミー・ダイモンCEOの助言機関からの辞任を求める40万人分以上の署名を届けたという。経営者らがトランプ氏をかばいすぎれば、自社のブランドや売り上げにも影響が出かねない状況だった。

 助言機関はトランプ氏が就任直後、民間企業の意見を聞く場として設置。著名経営者らをホワイトハウスにずらりと招き、自身の政策をアピールする場として活用していた。トランプ氏と考えが相いれない経営者にとっても、税制改革や規制緩和などを訴える大統領とのパイプがあれば、政策立案に影響力を与えることができるとの計算もあったとみられる。



Twitter Outraged Over Campbell Soup’s Wet Noodle Stance on Racism
Their refusal to leave Trump's business council is getting people steamed.



#SoupNazis





排外主義デモに参加したメンバーを特定、公開、晒し者にする。その結果失職したものもいる、と。


ーーー企業に圧力をかけたり、特定、公開して晒したりするのは、どっちかというと日本のネトウヨの活動に似ている感じかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

North Korea must never be allowed to develop nuclear weapons capable of reaching the United States

2017年08月18日 08時21分26秒 | Weblog



トランプさんやマチスさんの強気の態度、発言が功を奏して、北朝鮮は譲歩したーーそれでいいんだ、と。


President Trump and his defense secretary, Gen. James “Mad Dog” Mattis, took another approach, returning Kim’s rhetorical fire with rhetorical fire of their own. It worked, at least temporarily. Where to go from here remains an open question, but the goal remains the same. North Korea (and Iran) must never be allowed to develop nuclear weapons capable of reaching the United States or threatening America’s allies, including South Korea and Japan.


北朝鮮はがアメリカに届く核ミサイル開発をしたり、同盟国、韓国、日本を脅したりすることは許されることではない、と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加