ぼやかせていただいております。

公文書管理法、情報公開法の徹底改善こそが喫緊の課題

2017年08月04日 22時46分23秒 | Weblog


 02年には当時の防衛庁が情報公開請求を行った人々の身元をリスト化している事実を本紙がスクープしました。請求者を「反戦自衛官」などと記すリストからは、情報公開などを求める者は“敵”という意識が内部にはびこっていることをうかがわせました。

 森友、加計学園問題での財務省や内閣府の態度もそうですが、突き詰めれば情報公開の問題に、そして公文書の厳密な作成、管理、公開の問題に帰着します。ならば公文書管理法、情報公開法の徹底改善こそが喫緊の課題である。



その通り。

今回の事件を通じて、せめての成果としてそうした改善を望みたい。


与党でも野党でもどっちでもいいからさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスプレ市長、県知事など

2017年08月04日 20時23分50秒 | Weblog


河村市長のコスプレ好評のようだ。

これで、河村市長は南京虐殺否定などしなけりゃ、世界に出しても、恥ずかしくないんだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アスリートファースト、五輪至上主義ではなく市民ファーストであるべき

2017年08月04日 19時25分36秒 | Weblog
リテラ > 社会 > オピニオン > 有森裕子が東京五輪の現状を批判
「全国民が取り組め」の椎名林檎と対照的! メダリストの有森裕子が五輪至上主義を批判し「社会ファーストであるべき」

2017.08.04




有森はまず“アスリートファースト”という言葉に対する違和感について、こう語っている。
「(アスリートファーストという言葉は)違和感だし、どういう意味合いで言っているのか、みなさんそれぞれすごく違うような気がするんです。アスリートがアスリートファーストで考えて欲しいと言うのと、まわりの人が言うのは違うと思うんです。しかも掲げて言うほどのものではなく、本当は“社会ファースト”だと思うんです。スポーツも文化もすべて社会で人間がきちんと楽しく、平和に健康でいるための手段のひとつ。音楽や物をつくる、スポーツする。オリンピックもそうした手段のひとつだと思うんです。ですからすべては社会の感覚と一致しないといけない。そうすると“手段”がファーストになるのはおかしいですよね。すべては社会ファースト。ですから社会のことを考えて、その感覚と一致しなくてはいけない。でもいまのオリンピックの考え方とか、ことの進め方は、ある時点から、もちろん招致のときからあったのですが、あまりにも“オリンピックだからいいだろう”“だからいいだろう”“だからこう決めるんだよ”とあまりに横柄で。なぜこうまで偉そうになっちゃうんだろう。社会とずれる感覚を打ち立てて物事を進めている。横柄だし、雑だし傲慢」


「そもそもなぜ東京五輪を招致したのか。一番大切なのが、復興だったはずです。スポーツによって、日本を元気に変えよう。日本に大きな災害があって、オリンピックを呼ぶことで復興させられるんだと、最たる手本になる国になる。そのつもりで私もブエノスアイレスでロビー活動をしました。でも蓋を開けたら全然いま違う。復興どころか、どこを見ているんだろう。結局何をやろうとしているんだろうというのが正直あります。どこか不安で、反抗したくなるような、やらなきゃいい、返上すればいいという感情を促してしまう。すごく残念です」


「昔からオリンピックは政治は関わらない、純粋なものだと言われますが、そんなこと信じている人はこれっぽっちもいないと思いますよ。ロビー活動をしていると、政治力や、どんな人が関わっているとか、お金とか。そうしないと組み立てられない現実をみんながわかっている。本当に裏、裏、裏、汚い、汚い
「みなさん、開催するにあたってもっと興味をもってほしい。お金の感覚とか、ものの進め方。東京だけでなく全国にしわ寄せがきますから。無関心であってほしくない。怒るところは怒ってほしい」



もっともだな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Germany 'refused to take responsibility for World War II' for many years

2017年08月04日 18時49分05秒 | Weblog



Six million Poles slaughtered by the Nazis. Cities flattened. A population reduced to slaves. As old hatreds shatter EU harmony... no wonder Poland's demanding billions from Germany, writes DOMINIC SANDBROOK
Polish authorities looking into demanding reparations from Germany over WWII
Politician Jaroslaw Kaczynski said Poland was expecting 'huge sums' of money
Claimed Germany 'refused to take responsibility for World War II' for many years
By DOMINIC SANDBROOK FOR THE DAILY MAIL
PUBLISHED: 22:25 BST, 3 August 2017 | UPDATED: 07:50 BST, 4 August 2017



In effect, the Germans had done their best to eradicate an entire nation, erasing its culture, murdering its middle-classes and reducing the rest to slavery. And though the Nazis were defeated, the Polish people’s ordeal was far from over, for the end of Hitler’s tyranny saw their country occupied by Stalin’s Red Army, who turned it into a brutalised Soviet satellite.


It is no wonder, then, that many Poles have never forgiven what happened on August 31, 1939. And perhaps it is no wonder, either, that the leader of Poland’s ruling conservative party, Jaroslaw Kaczynski, is now demanding ‘huge sums’ in reparations from the German government.


On top of that, the legal situation is very murky. Poland actually waived its right to reparations from the Germans at the end of 1953, though Mr Kaczynski and his allies have always argued — not unreasonably, I have to say — that this should not be binding because it came as a result of pressure from their Soviet occupiers.

As a rule, I am usually very sceptical about the idea of reparations for historical crimes. Some activists even claim that Britain should compensate African and Caribbean countries for its involvement in the slave trade — an argument I find totally unpersuasive.


While Angela Merkel’s spokesman maintained that Germany would face its responsibility for the war, ‘politically, morally and financially’, he was also careful to point out that ‘the question of German reparations for Poland was dealt with conclusively in the past, legally and politically’.


The ghosts of history are not easily silenced, and beneath the pieties that so often pass for political discourse in Europe today, the old monsters may well be waking up.



ポーランドで独に戦争の補償をしろ、と言っている声がある、と。ユダヤ人からの声ではないわけですね。
ポーランドは独に戦争にめちゃくにされて、奴隷労働もさせられたんだ、と。

独側、だって、1953年に、ポーランドは補償の権利を放棄したやん、と。
ポーランド側 いや、あれはソ連からの圧力あったからしょうがなかったんよ、と。

歴史の亡霊が容易に鎮まることはあるまい、と。

(歴史問題)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A little girl from South LA was bullied for her dark skin

2017年08月04日 18時35分46秒 | Weblog


No child should grow up with low confidence, but that was the case for 10-year-old Kheris Rogers who was bullied by her classmates for her darker skin.

After changing schools to escape the teasing, her older sister, Taylor Pollard, set out on a mission to raise her self esteem.

In March, Pollard posted pictures of Rogers on Twitter with the hashtag #FlexinInHerComplexion which currently has more than 100,000 likes and shares along with an endless thread of compliments.


どこの話かとおもってググると


girl from south LA というから、カリフォルニアなんだね。


割に自由で解放的といわれ、黒人もたくさんいるだろうに、そのなかでも色が黒いということで、いじめにあっていたが、おねえちゃんが、モデルやらせて写真とって公表していたら、自信を取り戻した、と。

(宮本)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然他者に贈り物をする

2017年08月04日 18時28分01秒 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森友 掘ってみれば?

2017年08月04日 18時06分10秒 | Weblog


 森友学園に国有地が8億円値引きされて売却された問題をめぐり、森友学園が土地の購入を申し入れてから6日後の去年3月30日に、籠池夫妻と当時の弁護士、設計会社、施工会社が打ち合わせた際のメモが見つかった。この打ち合わせでは、地中から新たに出てきたごみについて、国側とどう交渉を進めていくか話し合われたとみられる。メモには「国賠請求をしない条件として、評価額を下げる方向を向いている」「航空局も同意」と、国側が事前の価格交渉に応じ、低い価格での売却に前向きだったことをうかがわせる内容がある。さらに「航空局、財務局、彼らのストーリー。調査ではわからなかった内容で瑕疵(かし)を見つけていくことで価値を下げていきたい」「9メートルの深さまで何か出てくるという報告をするよう、財務局から森友学園側に言われている」と、国の担当者が国有地をより低い価格で売るための欠点を探していたと読みとれる記述もある。財務省はこれまで「事前の価格交渉はしていない」「適正な価格で売却した」と国会で答弁していて、メモの内容とは大きく食い違うことになる。大阪航空局はこのメモについて「捜査事案に触れるため、回答は差し控える」としている


これは、誰のメモなのだろうか?


いずれにせよ、

記事
橋下徹2017年08月01日 15:42森友学園敷地をすぐに掘り起こしてゴミの有無を確認すべき - 8月1日のツイート


掘ってみれば?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

China Tears Down the Tibetan City in the Sky

2017年08月04日 15時12分57秒 | Weblog



At the eastern end of the vast Tibetan Plateau lies a sprawling monastery named Larung Gar, which is the largest Tibetan Buddhist institute in the world and a monumental landmark to Tibetan culture, religion, and history.

It is home to anywhere between 10,000 and 40,000 residents, including monks, nuns, and visiting students. Because Larung Gar sits at an elevation of over 13,000 feet (3,962m), it has become known as a “city in the sky.”

But in June 2016, the Chinese government in Beijing issued an order that stated the site had become overcrowded and its population had to be reduced to a maximum of 5,000 by October 2017.



Within weeks, work teams descended on the peaceful community and began tearing down people’s homes, reducing cabins to nothing more than splintered wood and shattered glass. The owners were forced to sign documents agreeing not to return to the area again and to “uphold the unity of the nation.”

They were then forced to board buses and were taken away.

Last year around 3,730 residents were made to leave and 172 monks’ residences and 1,328 nuns’ residences were destroyed — a total of 1,500 residences demolished. Further demolitions began earlier this year.

“The entire process — from eviction through to demolition and finally to forced removal by bus — is opaque,” said a spokesperson for advocacy organization Free Tibet.



In reality social and ethnic discrimination are prevalent, with ethnic Han Chinese being the main people to benefit from development. In 2016 the independent watchdog Freedom House noted: “Under the Chinese constitution, autonomous areas have the right to formulate their own regulations and implement national legislation in accordance with local conditions. In practice, however, decision-making power is concentrated in the hands of senior, ethnic [Han] Chinese CCP [Chinese Communist Party] officials.”


チベット仏教の拠点、ラルンガル 人口過密のため、建物解体、住人は強制退去。自治区の規則については、自治区が決めていいことになっているが、現実には、共産党の中国人の手によって決められている、と。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹島侵略について、数百人の死者がでたといって、恨を増長する映画でもいいの?

2017年08月04日 15時05分45秒 | Weblog


ソンアナウンサーは、日本政府の菅義偉官房長官が「(「軍艦島」は)事実を反映した記録映画ではない」と発言したことに関してソン・ジュンギに質問。同件について、ソン・ジュンギは「僕も記事を通して(発言を)知ったのだが、韓国外交部もブリーフィングをおこなったようだ。政治外交的な専門家ではないため、専門的な知識はないが、確実なことは、その場所(軍艦島)にいて被害を受け、恨(ハン)を晴らすことのできなかった方々が実際にいるということ。僕たちが、その方々の証言に基づいて作り上げたキャラクターもあるが、事実を基に作業したため、日本政府の主張は少し残念に感じた」と明かした。


まさに、事実より感情

仮に、竹島侵略について、数百人の死者がでたといって、恨を増長する映画を作ったとしたら、日本の左翼はどうするわけ?ーーー嘆かないの?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

North Korea could launch a second, much deadlier Pearl Harbor attack

2017年08月04日 14時50分58秒 | Weblog


North Korea's notoriously secretive nature makes it difficult to know just where Kim would strike if he chose to do so, but Pollack points to a 2013 photograph in which the leader may have let slip important state secrets. Using enhanced imagery, researchers were able to examine a war map spotted in a picture of Kim and his military brass and discover what they believed to be four marked U.S. targets, including those in or near Lousiana, California, Washington and Hawaii.

Pollack identified the likely destinations for North Korea's missiles, according to the map, as Lousiana's Barksdale Air Force Base, the Pacific Fleet's home port in San Diego, the Pentagon in Virginia and, finally, what's likely Pearl Harbor. The Hawaiian naval base served as the target for an Imperial Japanese attack that killed about 2,400 soldiers and facilitated the U.S.'s entry into World War Two in 1941.


As for the capabilities of the U.S.'s anti-ICBM systems to defend the country from such a historic assault, Pollack says he has "grave doubts about its ability to do its job." Schilling told Newsweek last month that "U.S. missile defenses under ideal circumstances work about 50 percent of the time," noting that the sudden launching of multiple, unknown ICBM's would be much more unpredictable than the usual test conditions. The Pentagon itself expressed concerns about the system's viability last month, with spokesperson Jeff Davis admitting it had experienced "mixed results."


Most analysts agree that Kim's decision to nuke the U.S. would effectively be a suicidal one, but the fear of foreign invasion is exactly what prompted North Korea to develop such destructive weapons in the first place and Trump's pursuit of increased military on North Korea's doorstep has exacerbated an already tense situation.

During a telephone conference call Monday, 38 North co-founder Joel Wit noted that "the situation is bad now and it’s going to get worse in August" due to major military drills planned between the U.S. and South Korea, with which North Korea has technically been at war with since the 1950s. Observers say Trump's willingness to flex the U.S. military's dominance in the region and refusal to engage Kim using diplomatic channels may form the catalyst for what could potentially be the deadliest, most destructive attack ever to take place on U.S. soil, even if it means Kim's ultimate downfall.



2013年に金正恩が見ていた地図から、北朝鮮の標的としてルイジアナ、カリフォルニア、ワシントン、ハワイではないか、と。やられた場合、アメリカの防御システムでは、最適な条件でも、5割しか迎撃できない。戦争が始まれば、金正恩にとって、自殺行為になるが、しかし、8月に日韓軍事演習が予定されており、緊張が高まって、米国に原爆が落とされることになるかもしれん、と。


ーーーまあ、しかし、ここまで核ICBM開発をさせてしまった歴代大統領の責任も重い、と思うよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河野太郎氏 外務省は害務省だ!

2017年08月04日 14時31分46秒 | Weblog


日米不平等地位協定は改正して、また、弁護士立会権利については日本の刑事訴訟法に追加すべき。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政権交代ができる野党がないのも無責任だ。

2017年08月04日 14時16分51秒 | Weblog


内閣改造の評価は、内閣がこれからどうするか、の問題だから、いまどうこう言ってもしょうがない。

しかし、情けないのは、政権交代ができる野党がない、ということ。

これだけ安倍政権隠蔽体質、権力の私物化体質が暴かれても政権交代できる野党はないやないか。

受け皿を作る能力もないのに、大きな顔して、批判ばかりしていも、国民に呆れられるのがオチ、ということを自覚しておくべき、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベノミクスはよくやっているが結果が出ていない

2017年08月04日 14時15分44秒 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Nuclear Domino is no longer Myth

2017年08月04日 02時59分37秒 | Weblog
政権は、軍事オプションを残しながら、中国に圧力をかけて、中国をつうじて、北朝鮮の核をなんとしたい、と思っている。

しかし、中国は、その能力もないし、意思もない。



とすれば、軍事オプションだが、大方の識者は、それだと被害が大きすぎるし、半島がめちゃ不安定になるからやめろ、という意見。

となると、


中国が核武装したように、北朝鮮も核兵器保有国として認めるしかない、と。

ただ、そうなると、

1)核武装すれば、アメリカのような軍事大国をかわせるとわければ、まねる国もでてくる。

2)北朝鮮は金が必要だから、喜んで、大量破壊兵器のスーパーマーケットになり、核兵器を含む、大量破壊兵器が拡散するかもしれない

3)、アメリカを核兵器で脅せる国からの侵攻に対しては、アメリカは自国を犠牲にしないから、同盟国までもが、自国防衛のために核武装の道を歩むしかない。



つまり、
日本は自衛手段として、原子力潜水艦に搭載した核弾道ミサイルを保有すべき
、というのは理にかなっているが、平和と独立のために、これを正面から国民に説得していかないと。

The Nuclear Domino Myth
Dismantling Worst-Case Proliferation Scenarios
By Johan Bergenas


it has now been four years since North Korea became a nuclear weapons state, yet South Korea and Japan have not followed suit, despite the fact that they have a latent nuclear weapons capability -- access to the fissile material necessary for nuclear weapons. These countries' decisions to not go nuclear are largely thanks to extensive U.S. efforts to dissuade them. Both South Korea and Japan enjoy firm and long-standing security assurances from Washington, including protection under the U.S. strategic nuclear umbrella, obviating the need for their own deterrents. Following North Korea's 2006 nuclear test, U.S. President George W. Bush immediately assured South Korea and Japan that the United States was unequivocally committed to protecting them.


The situation has changed;U.S. didn't have to sacrifice its homeland in attacking N.Korea. Now that N.Korea completes ICBM with Nuclear warhead, U.S. has every reason to hesitate to attack N.Korea.

1)"The most impoverished, backward communist regime in Asia " can fend off a superpower like U.S.A. with nuclear capable missiles, so there will be other counties which will follow suit.

2)N.Korea disparately need money and will become a ‘supermarket’ where rogue states & terrorists stock up on nuclear weapons.

3)Since U.S. will not sacrifice Los Angels for Tokyo & Seoul, the allies can't rely on U.S. anymore. They will try to go nuclear to defend themselves against a rogues state like N.Korea





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ちんこだけ入れたい」

2017年08月04日 01時06分01秒 | Weblog
Spica Retweeted
kurikuri321‏ @kurikuri321 May 13


Replying to @kurikuri321
「日本人女性がモテる」は真っ赤なウソです。
「日本人女性は(特に白人男相手だと顕著に) 従順で尻軽で股がゆるくてホイホイとヤらせてくれるという偏見が蔓延している」
です。
女体持ちだとちんこだけ入れたいクズ男が寄ってくるので気をつけて。
#これから海外に来る人へア 


ただ、ちんこだけいれたい女性がいてもいいわけで、その場合、双方がハッピーに終わることもあるんじゃなかな?

アジア人女性に何人入れた、と自慢する白人男がいるのと同様に、あの白人のちんこはふにゃちんで、とか、いろいろ論評する豪傑女性が出てきてもよさそうではある。


要するに、いろんな女性がいるだろうし、社会もいろんな女性を認めていくべきだとも思うのである。

ただ、白人でもそうでなくても、男性に、白馬に乗った王子様を夢見る夢子さんはいずれにせよ、悲劇ーーあるいは喜劇というべきかーーーに終わるんだろうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加