ぼやかせていただいております。

有色人出て行ってくれたら金やるぞ 日本人の知らない日本語 他

2010年04月30日 15時54分40秒 | Weblog
BNP would offer non-white Britons £50,000 to leave UK, says Nick Griffin
Party leader says resettlement grants would be partially funded by scrapping 'ridiculous' climate change adaptation policies
Haroon Siddique
guardian.co.uk, Thursday 29 April 2010


BNPの党首はネタにつきませんな。


The BNP would offer non-white British people £50,000 to leave "overcrowded" Britain and return to the land of their ancestors, the party's leader Nick Griffin said today.

Griffin said the voluntary programme would be open to around 180,000 people a year who "could go back and help develop their own countries". He said the scheme would be funded from the foreign aid budget and money the government is "wasting at the moment on ridiculous climate change adaptation policies".

"We're saying that we'd give resettlement grants ... this is voluntary ... we're looking probably at £50,000 per person," he told BBC Radio 4's Today programme.

Griffin said that the doors would be closed to everyone because Britain was "the most overcrowded country in Europe", but he did give exceptions. He said that Irish people would be allowed in because "as far as we are concerned the Irish are part of Britain and are fully entitled to come here".

Griffin also gave the example of a Japanese physicist needed to help with a fleet of British-built nuclear power stations to be developed under a BNP government.


 ”リベラル多文化主義”イギリス

 有色人、出て行ってくれたら金やるぞ。還って、自分たちの国を発展させな。もっとも、原子力発電所開発に必要な日本人は別だそうです。ということはそうでない日本人は出て行ってくれ、ということでしょうな。
 あとアイルランドはイギリスの一部だから、アイルランド人はいていそうです。


Final TV debate: Key moments in text and video

 因みに移民問題はイギリス総選挙での3党首討論会でも話題にのぼっている。(テキストがあるので、私のような聞き取りの苦手なものにはありがたい。)

 争点の一つは不法移民の合法化の問題。

 自民党は賛成

 従来の情けない移民政策により、不法移民が大量にいる事実を直視すべき。、英語を話し、社会に寄与するものに資格を与えるべきで、その方が不法移民の管理コストも安くなる。と、同時、入国管理は厳しくすべき。

 労働党と保守党は反対

 不法に移住した者を優遇し、合法に移住しようとするものを不利に扱い、間違ったメッセージを与える、と。
 今いる不法移民を合法化してしまえば、その家族まで呼び寄せることになり、福祉の点などでコスト増大。

 ここらへんの議論は日本人も知っておいた方がいい。
 それと米国でもUKでも移民の管理政策に失敗して、国民などに混乱が起きていることにも着目すべき。
 日本もこうした移民先進国から学ぶべき。
 人種差別的な言動で攘夷をうったえているのは愚か。
 現実に移民は日本でも増えるのは必然。

 国民・移民双方に利益をもたらすような現実にそくした、厳格な移民政策にいまから取り組むべき。
 
More deportations
April 29, 2010 in -ing while brown, can't see 'em, privilege, systemic | by resistance

U.S. ADOPTIVE PARENTS of internationally adopted children: Make sure your children have their certificate of citizenship and a valid passport. Brown folks, get a passport card. And stay out of Arizona.

Two adoptees deported

July 23, 2008 in furriners, wtf | by resistance


U.S. ADOPTIVE PARENTS: Make sure your children have their proof of citizenship.

 こちらは他国から養子になった子供が国籍取得手続きをしてなくて、退去処分に。

 とくに犯罪歴がある場合など多いらしい。

 さて、日本の場合も

養子縁組によって日本国籍を取得することはありませ ん)

と言われる。もっとも、帰化要件が緩和されている、と言われている。

日本人の養子又は特別養子: 住所条件が緩和され、生計条件
が免除されています。

- 住所条件は、引き続き1年以上日本に住所を有すること

- 能力条件は、養子縁組時に本国法により未成年であったこと

- 養子縁組が日本法上有効に成立し、現に養親子関係が継続し
ていることが必要です


29 April 2010 09:00 UK

New Zealand jails racist killer of South Korean


 ニュージーランド
 2003年に人種差別的な動機で韓国人を殺害した犯人が服役。


APR
28
Black Unemployment in the U.S.: So Bad the UN is Investigating
By Jessie


 ”黒人”の失業率が”白人”にくらべて異常に高いので国連が調査に乗り出す、と。


2010年04月26日 11時36分54秒

ハリウッド映画のような特殊効果マスクで黒人に変装した白人の銀行強盗


 ということですが、

I’m going to get a white guy mask
April 29, 2010 | by resistance

Imagine all the things I could do with it. It would make it so much easier to find an apartment. Nobody would follow me around in the store. I would make more money with less education.

White bank robber fools cops with black guy mask.


 白人マスクがあれば、部屋を借りるのがずっと簡単になるし、店でも万引きしやしないかと尾行されることもないだろうし、教育なくて金儲けできるだろうから、欲しいな、と。
・・・・・えっ? 有色人だと、部屋借りるの難しいっすか、”リベラル多文化主義”のアメリカでは?

(外国人お断り)

Ariz. bill on birth certificates set aside


AP – President Barack Obama attends Dorothy Height's funeral service at the National Cathedral in Washington …

Thu Apr 29, 3:


 そのアメリカでは大統領候補に出生証明書の提出を義務づける法案が検討されたが、法案提出は断念。

 ”リベラル多文化主義”国でも出身にこだわる方がおおいのでしょうかね?


更新

 

debito.org/?p=6501#comment-194702
– Pretty much. 屁理屈をよして。


強いていうと、

屁理屈はやめようよ


くらいだろうか?、
「そりゃ、屁理屈(というもの)だよ」という方が自然に聞こえる。
日本人の知らない日本語の先生にきいてみなくちゃ。

因みに、屁理屈とは、「まるですじの通らない理屈。道理に合わない理屈」ということだから、事実を列挙することは屁理屈とはいえないだろう。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山首相が6位

2010年04月30日 13時39分25秒 | Weblog
The 2010 TIME 100

鳩山首相が6位!?最も影響力のある指導者
2010.4.30


「日本が事実上の一党支配から、機能する民主主義に変わるのに貢献した」


 安倍:それに貢献したのはぼくです。
 福田:いや、私でしょう。あなたとちがうんです。
 麻生:いや、おれだね。
 (森:真の功労者は私。)

 鳩山:その点につきましても、小沢先生のご意見をうかがってから・・・・。
 小沢:一党支配終わったのけ?始まったばかりだろ?
生方;それは派閥支配ってやつじゃ?

 この度の政権交代、評価できるところも多い。
 混乱は今少し続くだろうが、若い政治家にもっと頑張ってもらいたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つづき

2010年04月30日 04時29分41秒 | Weblog
 因みに関連リンク
Conservative women vs. Liberal women

 保守女性はきれい、リベラル女性はブス、というまっこと、くだらん宣伝だが、案外好きなんだよね、こういうの。

Liberal vs. Conservative vs. Libertarian vs. Socialist

 で、これは保守の論客によるインタビューで、ロシア人の女性がリベラル・保守・リバタリアン・社会主義などの言葉を語源にそって説明している。この人のhttp://www.hotforwords.com/をみると、お色気+言葉のお勉強みたいな感じで、2,3見てみると、言葉の勉強としてはちょっと面白い。興味のあるかたはどうぞ。お色気といっても別に大したお色気ものではない。


Ontario Press Council dismisses racism complaint against the Hamilton Spectator
By: THE CANADIAN PRESS
27/04/2010



TORONTO - The Ontario Press Council has dismissed a complaint against the Hamilton Spectator over an editorial that a reader described as a "racist rant."
The complaint by Connie Kidd of Hamilton focused on a June 2009 editorial that criticized police for not dealing more firmly with protests by minority groups for fear of being accused of racism.
Kidd said that by using only examples of ethnic minorities such as Tamil Canadians and Aboriginals, the paper itself was showing systemic racism.
The Spectator said its point was that while protest is a public right, it is not absolute. It said the editorial was not meant to attack ethnic minorities


 カナダ
 マイノリティーの抗議活動をしっかり取り締まらないのはけしからん、言ったら、そりゃ、人種差別だという嫌疑に対して、マイノリティーを攻撃しているわけではないから、人種差別とはいえない、と。
 前提として、マイノリティーによる抗議を取り締まると、人種差別だ、という非難されて、取り締まりが甘くなる、ということがあるらしい。


St. Mary's College Professor Accused of Racism in Class
By Boyce Watkins, PhD on Apr 28th 2010


Paul Robeson - Ol' Man River (Showboat - 1936) J.Kern O. Hammerstein II


 


whites must realize that singing, joking or making casual references to slavery is no different from making jokes about the Nazi holocaust. I would never tell my class to sing a song about the holocaust and "sing as if the Nazi soldier is going to murder your entire family in front of you if you choose to misbehave." I would certainly not make matters worse by making a joke about the Jewish students in my class and saying, "Oh, they're just cheap skates and probably want their tuition money back." When speaking on culturally traumatic history, we have to tread carefully. The professor was clearly out of line.


”黒人”の奴隷時代の不幸で悲しい唄に軽率に言及するのは、ナチによるユダヤ人虐殺に軽率に言及するのに似て、不謹慎である、と。




28 April 2010 10:36 UK

Belgian bid to ban 'racist' Tintin in the Congo


The Adventures of Tintin
From Wikipedia
という童話のようなものがあるようである。日本語訳ではタンタンの冒険となっている。発音はチンチンの方が近いのだろうと思うのだけど、チンチンの冒険だと、なんなのでタンタンにしたのだろうか?

 で、これがまた人種差別的で発禁にせよ、という動きがある、という。


A black woman is featured in the book bowing before Tintin and exclaiming: "White man very great. White mister is big juju man!"


黒人女性 :白人は偉大です。白人さんは、ジュジュです、ってジュジュの意味が不明だが、とにかく、褒めているのだろう。

カリスママンだな、これは。

 因みに英国では警告つきで販売されている、という。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

タンタンの冒険 他

2010年04月30日 04時29分10秒 | Weblog
Why do so many women have depression?

Kira Cochrane
The Guardian, Thursday 29 April 2010


 鬱に陥る女性が多いのはなぜか、という記事。

 鬱に陥る女性が増加率が男性より高い、という。
This deluge shouldn't come as a surprise; over a period of decades, study after study has suggested that women are diagnosed with depression at twice the rate of men; in recent years, one study found this specific ratio occurring across nine different countries, regardless of economics and culture


 そうした傾向はしかも、国の経済・文化に係わらずある、という研究結果もある、という。
 
ーーーー英米独自論にしたくないんでしょうな。

 というより、なぜ、オリエントの国々に対しては、このように共通性の認識を基調にするのではなく、自国・自文化のことはさておき、独自論にしたてようとする英米論調が多いのか、よおわからんところ。

 それはさておき、

 こうした女性の鬱増加に対して、以前のように家庭のもどれば解消するのでは、という意見に対して、


Their wives could work as secretaries or in shops, and the men stayed at home with small children. You suddenly found that there was an awful lot of postnatal depression among men. That's it. It's being at home, bringing up small children, and nobody ever addressing you as yourself."


 不況のとき、女性が外で働いて、男性が家事をしていたころ、とたんに男性も鬱に陥った。個人としてではなく、親としてのみ認識されるようになったからであろう、という。

 だから、男女係わらず、問題は家庭にもある。

 それに加えて、


Now, says Rowe, while women are still often seen as mothers rather than individuals, there are many more pressures at play. "There's still this idea that you've got to be a wonderful mother, but you also have to have a brilliant career, and you've got to look attractive all the time," she says. "There is no way that you can maintain that and bring up children. But it's still being presented to women all the time, in every magazine, on every screen, that you should."


 いいお母さん、立派な職業婦人、美しい容姿 であらねばならない、という社会的圧力が鬱を助長しているのではないか、という。


She also suspects that we are being made sicker as a result of our culture of entitlement. Consumer culture constantly undermines the idea that sadness can be an acceptable part of our lives – instead we are taught that the perfect life is verdantly happy, and that any malady can be treated, at a cost.


 

One of the most insidious aspects of this culture is that the quest for perfection seems to stop women getting help for depression as soon as they should. As Martin says, "I desperately hated the fact that I needed help. Our culture absolutely insists on us being strong, independent women, and so the idea that you actually need a bit of help, that's the biggest hurdle." Merritt agrees: "I was very reluctant to be an object of pity, or to look vulnerable.


 それと、活力に満ちた幸せであるべき一方、悲しみが幸せと両立しない、と考えたり、弱みを見せることはいけないことだ、といった考えが蔓延して、援助を求めるのが遅くなる、ということもあるかもしれない、と。


One obvious answer to all this is that men need to do more in the home. Another answer, says Rowe, is something that's easier said than done for many women. You have to let things slide. "Most girls are still brought up to be very good," she says, "and a good person is somebody who always feels that they can do better. We're brought up on the principle that if a job's worth doing, it's worth doing well. And actually, what women need to learn is that if a job's worth doing, it's worth doing badly – as long as you get it done.


 では、どうすれば、いいか、というと、男性が家事にもっと従事すること、と、いい女の子像、あるいは、母親でも仕事でも何でも完璧にこなす、という観念を打破して、そこそこですませるという人生観も必要であろう、と。

 このへんは、たしか、何年か前に日本でもこの手の主張の本が流行していたね。正確な題名を忘れたので、ググると、

 頑張りすぎない、とか、弱い自分が好きになる、しがみつかない生き方、とか、香山りかちゃん系が多い。 (念頭にあったのはたしか違う本だったが・・・・、香山りかちゃんはわりに英語圏の流行を追っているのかもしれない。)

 これはこれで大切な認識である、と思うが、そもそもこうした圧力を感じるお嬢さんは、中流以上のいいとこの白人家庭とか、あるいは、日本でもそれに相当する人達で、それ以外の女性や、下町の女の子・女性、というのはまた、違うロールモデルがあるのではないか、と思う。


保守派が穏健派を“追放” 米共和党、上院選で
2010.4.29


 なんとなく産経が嬉しそうなタイトルである。

 が、しかし、事情は複雑のようで、

WHY REPUBLICANS NEED MARCO RUBIO
Written by JOY-ANN REID


 政策的にいえば、Marco Rubio氏は増税派で、共和党的ではないし、そのほかスキャンダル問題も抱えていなくはない。例のアリゾナ州の反・不法移民法にも反対である。
 しかし、
 

The reason may be demographics.

Republicans face a daunting problem illustrated by their tea party base, which a recent New York Times/CBS poll identifies as almost exclusively older, male and white. In a country that is increasingly younger, female and brown, that presents unbearable challenges for what is supposed to be a national party.


 保守を支えてきた中高年 白人層だけでは全国的政党としてやっていけず、若者・女性・ブラウン系を取り込むために、キューバ出身の父親をもつブラウン系の氏を擁立した、ということのようである。
(写真をみても、この”ブラウン系”というのがさっぱりわからん。
外国人の方がおかれては、みなさんの”人種”概念がみなさんの文化の構築物であることをご自覚頂きたい。)

 民主党にひざまずいた穏健派を追放した、という側面もあるかもしれないが、実情は、保守も生き残るために新しい血筋を取り入れた、ということにあるようである。
 
 愛国や伝統の保守という主張は、それはそれで、真っ当でありうるし、日本にとって、重要な一潮流であろう。しかし、外国出身の血をひく系統の人々が日本に対する愛国心や伝統を評価しない、というのは妄想である、とともに、そうした外国出身の血をひく人々に失礼極まりない。たしかに、むやみに日本を不要に賤しめる外国人はいるが、しかし、同じようなのは日本人でもいる。

 さらに、以前紹介したケースでは、スイスのように、外国出身者が右傾化し、保守もそれを歓迎し、保守が復活するケースもある。
 
 保守が生き残るにせよ、繁栄するにせよ、愛国心をもった外国出身の血をひく系統の取り込みは必然であろう。

 これと大量移民の制限や、不法移民の退去問題は別問題であることを認識するのも重要。

 時代錯誤の排外主義者は滅亡するしか道がない。


 で、アメリカでも保守のなかの人種差別的、あるいは憎悪を煽る要素は叩かれるのであるが、

The Party of Hate?
April 28, 2010 by Mark Rockwell

FreedomWorks is conservative, non–profit, organization promoting lower taxes and less government. Their main goals are to change the political landscape in order to bring about a more simple tax code, tort reform, welfare reform, the freedom for parents and students to choose which school to attend, and forming a more secure form of retirement funds owned and controlled by the worker.

They are disliked by liberals and progressives for their conservative principles and close ties to the Tea Party movement. In response to recent verbal attacks against the Tea Party they posted this video on YouTube. The video shows voicemail and email messages they have received and it begs the question, Who is inciting violence? Which party is the party of hate?



 その保守を叩くリベラル・左翼も同じように暴力や憎悪をあおっているやないか?と。


Party of Hate? FreedomWorks responds.(動画)

 まあ、他の国のことだと、こうした泥仕合、気楽に見ていられる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遅すぎた南の旅 他

2010年04月30日 00時24分18秒 | Weblog
内閣支持20%に急落 83%が小沢幹事長辞任を 2010/04/30 00:09 【共同通信】

鳩山内閣の支持率 20・7%
    不支持率 64・4%

不支持理由 トップ 「首相に指導力がない」(40・7%)

米軍普天間飛行場移設問題が5月末までに決着しなかった場合に鳩山由紀夫首相が「首相を辞めるべき 54・4%

小沢氏は「幹事長を辞めるべきだ」 83・8%


政党支持率で民主党は前回より6・2ポイント減の24・1%。自民党が微増の18・7%にとどまる一方、みんなの党が11・5%と初めて2けたに乗せた



ということだそうです。

, April 29, 2010

Media vultures circle P.M.

By GREGORY CLARK


 via mozu

クラーク氏は県外国外移転派なのかもしれない。

 メディアの鳩山政権叩きについてはメディアによってその思惑は多少異なるかもしれないが、しかし、共通項というか、国民の思いは上記のように、 指導力の欠如、 という点が大きい。

 乗っていた運転手(鳩山首相)が酔っぱらい運転か、居眠り運転をしているのがわかったのに、周囲の者(民主党)も知らん顔、それに引っ張られている日本、 やばくね? という意識だろう。

 普天間問題はその指導力の欠如の象徴にすぎなくなってきた。

 印象的にいうと、加えて、産経などはできれば早期退陣を狙っている、読売なんかは、退陣してもしなくても、次期選挙で民主党を激減させることで、政界再編への道筋をつけたいのかな? 他の非保守系新聞社も、鳩山氏に関しては庇いきれなくなってきた、やばい、という国民の声を反映しているのではないだろうか?

 指導力のない、解決力のない、あやふやで、煮え切らないルーピー鳩山、という眼鏡を国民が付け始めたから、あとはそこばかり目立つし、仮に眼鏡がないにせよ、彼のそうしたスタイルは変わらないので、メディアもネタに困ることもない。

参考
 日経社説 4/29付 日経社説出口見えぬ普天間の移設
何の成算もないまま期待をあおった首相の罪は重い


 朝日社説 2010年4月29日 普天間移設―首相、遅すぎた南の旅へ

 沖縄県はじめ、移設先として名前のあがった地域の住民を翻弄(ほんろう)し、政府への不信を高めてきた。



 自民党が徳之島反対派を煽って、民主党を追い込むのはいかがなものか、ということは確かにあるが、実現可能な選択肢もないのに、民主党が基地反対派を煽って自分を窮地に追い込んでいるのも自業自得、と言わざる得ない。
 
 今現在、もっとも責められるべきは、実現可能な選択肢がないまま夢想ばかりしてきた鳩山氏、いまでも夢想しかしていない、社民党・共産党などであろう、と思う。

 地元民の声に聞き入る姿勢は高く評価するものの、社民党共産党は鳩山氏以上にあまりに現実離れ ルーピーで、メディアも全く相手にしてこなかった。そこで、今回のような最悪の事態を招いてしまった、とも言える。彼等の無責任さをもっと責められて良い。

 今後のことを考えれば、むしろ、こうした勢力の尻を叩いて、実現可能な具体的な選択肢・プランを捻出させることこそ重要課題だと、考える。

 
 やがてloopy 総理懐かしむ日が?
それでも日本抜きだと米国は成功できない
2010年04月27日(Tue) クリス・ネルソン
via mozu


「だから普天間が解決したら――いつかは解決するからね――双方とも一歩退いて、大きな、長期的問題がお互い話し合えたらと思う」。

 

全くである。

 民主党は当然、自民党もそうした長期的なビションを提示すべきであるが、同様なことは 社民・共産など 国外移転・撤去派についても言える。

 例えばの話、佐世保移転派ーーー佐世保案について他の論者は軍事的に論外、という論者もいるようであるがーーーの軍事評論家の田岡氏曰く


 今でなら、日米安保条約に基地提供義務があるので、基地を動かそうとすると米国と協議しないといけない。そういうことなしに強制的に(米軍に)出ろというのであれば安保条約を終了すれば、全部出ていく。しかし、同時に米国と敵対関係になる。


 という。


 国外移設・撤去と言うのはいいが、しかし、その後どうなるのか、どうするのか、地域の安全、日本の安全はどうなるのか、日米同盟はどうなるのか、その案は実現可能なのか、それに耐えうる準備はできているのか、していないとすれば、どうするのか・・・などなど、真っ白なままで、国民に放りなげても、国民は不安で納得するわけがない。沖縄県民に対しても背信行為といえよう。

 戦略なしにトツゲキーというも、いつか来た道だろう。

 日本が混乱に陥っても知ったことではない、あるいは、そっちを望んでいる、かもしれない、一部評論は別にして、今後のことを考えると、地元民の声に寄り添いながら、それを実現可能な政策に高めなかった日本の偽善的政治家集団の尻を叩くべきである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加