こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

家事への対価

2017年07月17日 | 家族

窓から見たら、まだごゴミの収集車は来ていなかった。朝のうち家中のゴミは集めて犬の散歩の時にすでに出しておいた。

ひと段落して、朝食を食べたらもう少しゴミが出た。そこでゴミの集積所を見たのだ。そして、急いで集め、一番小さな袋にまとめて出しに行ったら、集積所はたたまれていた。

こういうことは、日々家事をやっている人には珍しいことではないだろう。たまたま、ハッピーマンデーに家事を手伝っただけで、こんなことを取り立てていうのは、滑稽に過ぎない。

ゴミ出しというのは、家中のゴミ集めから始まるものだから、こういうことは多分、よくあることだと思う。洗濯物を干していたり、掃除をしていたり、超多忙な朝の始まりに、こういうことをタイミングよく、というか効率よくこなすということはとても難しい。

小さい子供がいたりしたら、大変だろうとも思う。

家事に、対価をつけると300万円とか500万円とか1000万円を超えるとか、色々な意見がある。何れにしても、それに対する報酬がどこからも出ないというのはおかしな話だ。扶養手当というのがそうなるのかもしれないが、非正規の状態で働いている人などにはそういった手当も無いだろう。

これまた、言い出したらキリのない話ではあるけど、なんだかな、と思ってしまう。

目安は600字

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三連休は子供(&犬)ファースト | トップ | 日本は幸せな国なのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。