こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

注文の多い講演

2017年07月15日 | 病理のこと、医療のこと

講演を依頼される時、依頼者からはいろんな形の内容を頼まれる。

どう頼まれても結局困るし、苦労は同じなのだけど、それでもやっぱり難易度はそれぞれ違う。

一番やりやすいのは、「コロ健先生、先生の好きなこと喋ってください」というのだ。病理医としての私の得意分野を話すだけでいいとなると、自由に楽しく話すことができる。

一応、手持ちの話題が2つあり、それをそれぞれ半分ぐらいに分けて、4つぐらいのテーマで話すことができる。直近に、学会発表をしたり、論文を書いたようなものがあれば、それを加えて自由に話す。

 

先方からは、そのテーマのうちのどれかを話して欲しいということもある。こんなこと教えて欲しいのだけど、というのだと少し大変だ。講演内容は具体性を増せば増すほど、先鋭化して高度になる。

でも、一番大変なのは、新作の依頼。昔、ヒット曲を出したアーティストが力尽きて、懐メロばかり歌うようになる気持ちがわかる。

「先生の、この話、ぜひ聞きたいな」なんて言われると、ほとんど立ち往生だ。

それでも、その期待に応えようと、実は今、とても苦しんでいる。

あれこれ3つ

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本における女性の立ち位置... | トップ | 三連休は子供(&犬)ファースト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンニチハ。 (リディア)
2017-07-16 11:40:01
お疲れ様です。
素人目線では、
テーマがある方がやり易いかな?
と思いましたが、
逆に、
専門性を追求されるから、
難しいんですね。
遅くなりましたが(;'∀') (と~ちゃん)
2017-07-16 19:25:29
コメントありがとうございました^^
次世代に残せるもの・・・・・難しいですね^^獲得物の利用方法が異なるので、理解できない自分が悔しいです(^_^;)


じっくり考えたいものです^^

コメントを投稿

病理のこと、医療のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。