こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔を絶やさず楽しく生きていこう。

転進、のち前進

2017年04月04日 | こんきも

今日、辞令がおりた。これで正式に今度の病院の一員となることができた気がする。

コロ健、総合病院から大学病院に移った。専門病院から総合病院へ移り、昨年度一年は一般病理医としての腕を磨きなおした。

普通ならありえないような、素晴らしい環境での修行をして、なんとか並の病理医レベルになることはできた。これも昨年度の上司のおかげであることはいうまでもない。そして二、三年前から今度の大学病院での上司となる教授に誘っていただき、今般晴れて異動となった。

もちろん、コロ健に求められていることは、私がかつて専門病院で培った技能であることは論を待たない。まあ、その時の利子で食っているような感は否めないが仕方ない。私の持っている診断技術、研究技術を再度確認した上で頑張っていきたい。

なんにしても、人様に呼んでいただくなどということはこの上ない幸せだ。

春になって、多くのフレッシュな社会人をみると、その将来性に目がくらむ。真っ白な彼らはいかようにも伸びていくことができるだろう。それに対して、私なぞは53歳。柔軟性も創造力も鈍化しつつある。

でも、年のせいにしたり、環境のせいにしたりして諦めたら、すべてはそこで終わってしまう。

時間はすべて前に向かって進んでいる。すなわち、立ち止まったり、後向きに歩いたりすることは時間に抗うこととなる。

人間は、時間の流れに乗って前に向かっていくことが何よりも自然体だ。

これまでの人生を振り返ると、その都度辛いと思ったことは数知れなくある。でも、人生、結局のところなるようにしかならない。

恐れず、かといって傲慢にならずにチャレンジしていきたい。

 私もフレッシュマン

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (ほぼ)毎日更新に戻って一週間 | トップ | 油断禁物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やるじゃん。 (常連客)
2017-04-05 09:22:16
本文:タイトルの通りです。
それなりに (コロ健 to 常連客さん)
2017-04-05 09:45:27
なんとなくいい方に流れているなと。いろいろあった時のことを思い返すと結局なるようにしかならないのだと思いますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。