こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うあれこれ。
いろんなことがあるけれど、プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

融通無碍でありたい

2017年11月14日 | 生き方について考える

今日は、どんなことを書こうかと思ったら、日々の悲しいニュース、理不尽な政治の横暴、今日の雨混じりの曇り空、なんだか、思い浮かぶのは生きることが辛くなるようなことばかり。昨日の話だって結局のところ答えがどこにあるかはわからず、それすらも辛く感じられてしまう。

そんな中でも自分がまともに生きていくにはどうしたらいいだろうと考えていたら、”水のようでありたい”とふと思った。どのような器であっても形を変えることができて、すべてのものを包み込む。しょせん社会という器の中で生きていくのなら、水のようであればストレスもなくいられるのではないかと。

でも、私の体にも心にも変えることのできない部分がある。完全に水のようにはなれないし、変えることのできないことを変えてはいけない。あれ、またダメかと考えていたら融通無碍(ゆうずう-むげ)という言葉が浮かんだ。融通無碍の意味は、『一定の考え方にとらわれることなく、どんな事態にもとどこおりなく対応できること(広辞苑第6版)』。

融通無碍でありたい、それが今の私の心情だ。

それなら水は方円の器に従う、という言葉があるけれど、器の形が間違っていたり、器が壊れてしまっては元も子もない。底抜けのバケツにとどまっていることはできない。私は、主体的に生きたいし、そのためには融通無碍である方が良いと考える。

生きていれば、調子っぱずれ、期待はずれのことばかり。時と場合に応じた生き方をしていこう。

今日は世界糖尿病デー

ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしく

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満足の先が不満足であっては... | トップ | 戌年に向け、写真撮影会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
車間距離 (iminaine)
2017-11-15 01:51:33
毎日の電車通勤、お疲れさまです。マナー違反の方もいるでしょう。

融通無碍、いい言葉ですね。

こちらは毎日、車で出勤。時間は約25分。
路肩駐車、右側通行の自転車(逆走)、車線変更禁止場所での車線変更。いろいろな人がいます。

最近は車間距離を意識的に長くとるようにしています。

車間距離は今の気持ちのバロメーター。

人生においても一緒です。
プライベートにおいては合わない人とは会わない。

もちろん、仕事では我慢、我慢です。
我慢我慢 (コロ健 to iminaineさん)
2017-11-15 07:18:27
ありがとうございます。
我慢するということもとても大事、しなくてはいけないことですね。

コメントを投稿

生き方について考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。