こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うあれこれ。
いろんなことがあるけれど、プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

私は一人で生きてきたのではない

2017年06月08日 | 生き方について考える

成功した人の中に、自分がどうやって成功したかを人に話したがる人がいる。成功したのはなぜか、どこをどう工夫し、どうやったからだということを滔々と述べる。

例えば、スポーツ選手。トップ選手の多くは幼い頃から英才教育を施されている。3、4歳頃からのトレーニング中のビデオ映像を見ると、才能と環境がマッチした偶然の幸せを羨ましく思う。芸能人も二世となってくると、その環境が羨ましい。政治家もそうだ。色々な程度に成功している人というのがいるけれど、自分が自分だけの力でその地位、名声を得たと思っている人がいる。

私は、こんなに努力した、だから成功してその道の一流となった。努力しなかった人は、それなりのところで我慢するしかない。

といったようなことを、自己責任、という、一見公平そうな言葉を使っていう人がいる。

 

それって、違うでしょ。

どんなに努力したくても、環境が努力することを許さない人がいる。

努力したくても、身体的に努力することができない人がいる。

 

そういう成功した人たちには、他人よりも恵まれた環境があり、そこにいたからこそ教わることのできたコツ、技術というのが少なからずあったはず。

有能なコーチを得た選手は、自分の力ではなく、コーチの力で勝たせてもらっているだけかもしれない。

大学受験に強い予備校に通っていなければ、どこの大学にも引っかからなかったかもしれない。

 

人間、うまくいくとどこかで勘違いが始まって、後戻りできないほどおごり高ぶってしまうこととなる。

生まれた時、少しでも放っておかれたらそのまま死んでしまうような弱い存在であったのを、親だけでなくその周りの何人もの人に助けられて育っていくのが人間だ。たった一人で生きていくことはできないのが人間であり、誰かに助けてもらったことを常に忘れてはいけない。

私は、私一人で生きてきたのではない。

私は、この先も私一人で生きていくことはできない。

それはすべての人にとって同じ

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA
 
Universal Music =music=

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校というものが利権の塊だ... | トップ | 締め切りとっくに過ぎてるじ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コロ健先生 (Unknown)
2017-06-09 08:02:02
本当にそう思います。
自信と謙虚さは紙一重ですもの。
久々に心がスッキリする内容で、
ついコメントをしてしまいました。
謙虚であることを忘れずに (コロ健)
2017-06-09 17:22:38
ありがとうございます。
人間誰もがこう思っていたら、世の中はもう少し良くなるように思います。
お疲れ様です。 (リディア)
2017-06-09 18:49:07
必ずしも、全員が、成功したことを、自分だけでなった!って、思ってることはないと、私は考えます。

実は、父の従兄弟は、阪神タイガースの元投手、上田次郎さんって方がいます。
この方は、親や、兄弟、親戚、学校時代の恩師達に、感謝されてます。
親の自宅も建て替えて、地元にも、尽くしてます。

有名になった後も、自慢ばかりの悪い人になった!!とは、誰からも聞いたことないです。
逆に、それが恥ずかしいと、思ってるのではないでしょうか。

なので、本人の性格が、大きく影響してるのでは、ないでしょうか?

事実、父は、まさか、野球をしてるとは、全く知らずに、阪神タイガースに入って初めて、知ったくらいに、周りにも、言わないです。

因みに、私は、この上田次郎さんの、現役時代は、古すぎて知らないです。
恐らく、コロ健先生も、同じだと思いますが、、、。
むしろ一部の人たちです (コロ健 to リディアさん)
2017-06-09 22:09:28
多くの人は謙虚だと思いますよ。
ただ、自己責任だなんだと、自分がただただ恵まれて来ただけなのを忘れたようなことを言う人がいて残念なのです。
私自身への戒めも込めて書きました。
また、よろしくお願いします。

コメントを投稿

生き方について考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。