こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔を絶やさず楽しく生きていこう。

m-gramで性格判断、やってみた

2017年05月19日 | 遺伝子と人

m-gramという性格診断プログラムが流行っているという話を、大学生の娘が話していた。早速、妻がやってみたら結構当たっているので、コロ健もやったらどうかと勧められてやってみた。性格診断はその昔、動物占いで”ペガサス”と出て、それがなんとなく当たっていた様で気に入っていたのだが、久しぶりにやってみた。

「エムグラム」と(カタカナで聞いたまま)ググって、すぐにm-gramのページに行き、無料診断スタート。設問は105個あるのだが、無理なく進められた。テストが終わったらすぐに結果が送られてきた。送られてきた結果はこんなものだった。

colocolokentaさんの深層性格

colocolokentaさんは、他人の考えや心境を感じ取り適切な行動ができる人である、周囲を考え調和的な行動ができるムードメーカーである、楽観的で気さくな人であるといった印象を与える性格です。比較的マイルドで刺激的ではない性格なので、多くの人から受け入れられ易い性格といえます。

もし、性格面が短所として現れると、対人関係においてストレスを抱えやすい、意思が見えにくい、楽観的に捉えることが多く全体的に大雑把に見えてしまうことがあるという印象を与えることもあります。

対人コミュニケーションの観点では、物事を深く考えすぎない性質で、非効率な状況や、筋道の通らない出来事が起こっていても、自分に被害が及ぶようなことがなければ気にしません。小難しいことを考える人よりは、気軽に楽しく付き合える人との社交を好みます。一方で、複雑な議論や会話を敬遠し、コミュニケーション不足を引き起こす傾向もあります。多少興味がなくても、意識的に会話に参加することによって、相手の新たな一面を発揮し興味を抱くことができるようになるかもしれません。

それぞれ、読むとなるほど私のことだと思えることばかりだ。

対人関係でストレスを抱え、大雑把に見えてしまうだろうということなんて、全くその通りだ。このブログの読者の方ならお分かりいただけるだろう。コミュニケーション不足もそれらの延長にある。もともと他人にあまり興味がないのかと思っていたが、どうやらそうではなかった様だ。でも、相手の新たな一面を発揮(発見?)し、興味を抱くのはどうもやっぱりめんどくさい。

性格診断であって、占いではないから、気を持たせる様なことは書いていない。これが自分の性格であって、なんとなくモヤモヤして気がついていなかったことを気がついたという意味でやってみてよかった。

それにしても、このプログラムは大したものだ。相性の相談からスタートしたということが説明にあるが、この結果を元にすれば会社運営などにも応用していけるのだろう。離婚してしまう様な人同士が一緒になったら、さすがに職場はうまくいかないだろう。私としては、あまりに嫉妬深い人、必要以上に悲観的な人などと一緒に仕事をしたいとは思わないが、逆にこういう性格の人を必要とする職業もあるだろう。

相性の良い相手の存在確率というのが最後に書いてあり、それは432人に1人とのこと。学校の一学年中に1人もいないということで、相性の良い人と出会うのはずいぶん難しいということになる。

 十人十色

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このスピードについていけない | トップ | 銀座のビヤホール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私の結果 (荻野誠人)
2017-05-19 13:36:31

お元気ですか。興味深い情報、ありがとうございます。友人にも知らせます。
私の結果ですが・・・。
8性格は「堅実主義」「誘惑に強い」「ムードメーカー」「かなり保守的」「かなり繊細」「楽観的」「少し優しい」「引っ込み思案気味」でした。意外なのが「ムードメーカー」「保守的」「楽観的」ですね。
相性のいい人は670人に1人でした。
回答するとき迷うことがかなりありましたし、そこが正確でないと、診断が違ってきますね。
なお、深層性格の中の「対人コミュニケーションの観点では・・・・・・・・・コミュニケーション不足を引き起こす傾向もあります。」の部分はコロ健さんと全く同じです。似たところがかなりあるということですかね。それではまた。お元気で。

なかなか当たってますよ (コロ健 to 荻野さん)
2017-05-19 19:30:11
荻野さん、いつもありがとうございます。コメントやブログを通して思っていた荻野さん像によく当てはまっていると思いますよ。それにしても、二項目も一致したのは嬉しいですね。こうしてやりとりを続けていただけるのも、共感があるからなんでしょうか。「楽観的」というのもなるほどなと。コミュニケーション不足になりがちなところは、注意しないといけないなと気づかせてもらいました。たぶん、いろいろ考えこむのも、この点なのではないでしょうか?
これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。