こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

日本における女性の立ち位置(3)・・・だから女は、という言葉

2017年07月13日 | コロ健の恋愛、女性、ジェンダー論

一昨日からの続き)

男性と女性は、同じ人間というだけで、あとは全く違うものだ。もちろん、男性性、女性性の比重は異なるのもので、表現形が男性であっても精神的に女性という人、またその逆の組み合わせの人もいるし、様々な度合いで異なる。でも、そういった、心の性比のことを別とすると、人間の男性と女性は生物学的特性、特に脳の構造は随分違う。左右の脳をつなぐ脳梁の太さが男性に比べて女性の方が太いために、男性と女性では思考パターンが異なる。

脳の構造が違うのだから、基本的にすべて違うのが当たり前で、男性は何かに集中するともうそれきり、外からあれこれ話しかけられたりすると、集中を欠くと怒り出す。でも、女性は何かしているところに、話しかけられたりしても、十分対応できる。気を散らしているわけでも、不真面目なのでもない。女性はマルチタスクなのだ。だから、あの、複雑な家事(育児、食事、掃除etc)を同時進行的に処理していくことができる。

でも、男性は仕事の場ではそれを明らかにしようとしないでいる。古い考え方の職場は男性的な考え方を踏襲し、女性が参入した場合それを、男性領域への侵略として警戒する。仮に参入した女性がいて、何かあれば「だから女はダメなんだ」というような言葉で排除しようとする。なんだか、ものすごく不公平だ。

 

男性が社会構造を構築して来たのだから、男性にいいように社会はできている。

そんなこと、よくわかっているけど、どうでもいいじゃない。それに、今のままで十分。

というのであれば別にいい。というか、これまではどうでもよかったかもしれない。

ところが、構造問題的に上手に結婚できない若い男女が増え、結果として少子化が進行して人口がどんどん減って、もう社会が回らなくなるかもしれないというところまで来て、今度は女性を男性が減った分の労働力の穴埋めとして使おうと一億総活躍社会だとか、男女共同参画社会だと言い出した。そんなことをいうのであれば、女性が活躍しやすい考え方を社会的に醸成しないといけない。男性の減った穴を埋めるのではない、女性ができることを加えていくのだ。

それぞれの職種で女性の特性、男性の特性というものを探し出し、それらを明確化して、得意なことを伸ばしていかなくてはいけないのに、そういうことをせず、男性基準で多くを決めていく。何かあれば、「だから女は」だ。それでは、女性は、「じゃあ、いい、やらない」となる。仕事にはやりがいが必要なのに、こんなことでは有能な女性のモチベーションはいつまでたっても上がらず、閉塞感ばかりが募る。そして、逆に、女性から男性社会への攻撃が起こり、ジェンダー間の対立に発展しかねない。

医師であっても、男性医師、女性医師それぞれ得意な分野がある。それなのに、男性医師の多くは、ライバルとして女性医師の得意な分野に目を向けることなく、そのような芽を摘む。政治家だってそうだ。大臣ポストは男性の総理大臣にもらうもので、自らの実力で勝ち取ったものには見えない。男性の優位性を確保する必要がどこまであるのだろうか。

男の沽券にかかわる、などという言い方はもうやめてもいいのではないだろうか。

何度もくりかえすが、男性が女性に対して優位性を保っていた作業は、産業革命以降急速に無くなった。今後、ロボットの開発が進んだら、力仕事のほとんども男女の差はなく行えるようになっていくだろう。戦争はまだ残っているが、女性兵士は当たり前となりつつある。

世界では、女性の権利を剥奪し、教育もしない社会は未だに少なくない。今の日本の進んでいる方向は、そういった社会と実はあまり違いがないように思える。

AIの進歩という、新しい時代に突入し、男性が構築して来た色々なシステムは限界にきている。限界を打ち破るには、女性の視点からの新しいチャンスに賭けるしかないと思う。

明日で終わり)

違いに目を向けて

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉駅のホームの南端 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よくぞ言ってくださいました (みや)
2017-07-13 17:39:03
藤井聡太4段もAIなくしてあの快進撃はなかったでしょうから、これから女性の活用にもAI活かしていただきたいです。
折しも、悲しい事故が起きてしまった電通の過労死を問う裁判も始まります。関心のある裁判ですからご遺族の問題提起を注意深く追っていくつもりです。
男の沽券を口にする男性いますね。職場の同僚ですが知性のかけらもないですね。その男性奥様や娘さんには言えないでしょう、それが透けて見えます(笑)
沽券て何? (コロ健 to みやさん)
2017-07-13 20:46:34
面目とか体面のことを、沽券というようですが、男の面目ってなんなのかと思います。ただただ、”忙しい、大変だ!”と言っていたらいい時代ではないでしょう。今ある仕事の半分は、機械にやらせてしまえば済むことだと思います。では、その時間を何に使うか。ではないでしょうか。
すべての女性が輝く社会 (Passy)
2017-07-13 22:31:31
コロ健さん、初めまして。

一億総活躍社会、すべての女性が輝く社会...
うぅ~~む、意味不明...?
そう思い続けている私の疑心暗鬼に、きっぱりと切り込んで下さるコロ健さん
どうもありがとうございます。
男性がこのように語ってくださることを嬉しく思います。

偶然出会ったコロ健さんのジェンダー論を、次々と読み続けてしまいました。
今回のテーマは(明日で終わり)とのこと、明日はどんな風に語ってくださるのでしょう...
楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。


思っていても (コロ健 to Passyさん)
2017-07-14 06:54:14
そうなんです。私自身、ずっとモヤモヤ、というかなんで女性の人権が問題になるのかがわからないでいたんです。ネット社会の片隅で、意見の発信にもなりませんが、自分なりに考えをまとめておきたいと思って書きました。今日でなんとかまとめてみたいと思います。

コメントを投稿

コロ健の恋愛、女性、ジェンダー論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。