こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

決してあきらめない

2016年09月15日 | 生き方について考える

今年始めの寒波ですっかり葉が落ち、枝もずいぶん枯れてしまったハイビスカスだが、じっと我慢して再び元気になるのを待とうという妻の方針に従って半年、見事に復活して、次々と花を咲かせてくれている。



1月25日に載せた写真はまだ、葉が焼けてしまって、すべてが萎れてしまったところまでだったが、このあと、すべての葉っぱが一斉に茶色くなって枯れ落ち、枝もポキポキと折れ、それは見るも無残な姿になってしまった。「根っこが残っているから大丈夫よ」という妻の言葉をとても信じる気になれず、虎刈りよろしく切り戻しをしたりしていたがうんともすんともいわない。だが、5月頃から根っこのあたりから新芽がチラホラ出始め、8月には豊かな緑が戻った。私の切り戻しは結果としては関係なかったが、こんなに小さな鉢植えでもそれなりに持っている生命力を信じてやれずオタオタしていた自分が情けない。



先日、芥川賞を取った「コンビニ人間」の単行本帯には「コンビニこそが、私を世界の正常な部品にしてくれる」とある。人間誰しも社会という環境に中で生きているに過ぎず、そこで浮いたり沈んだりを繰り返している。人生に浮沈はつきものだが、生きている限り、すなわち命という根っこが残っている限りは諦めてはいけない。我慢していたら、きっといつかはこのハイビスカスのように美しい花を咲かせることができるようになる。



なんでもいいから、目標を持って生きる。年は関係無い。そして、そのために毎日を丁寧に、健康に、コツコツと生きていくことが大切なことだ。
あとはヒューマンストレスには気をつけよう。

 なんてことを花に教えてもらい

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オハヨウとオヤスミ | トップ | 中秋の名月 2016 @鎌倉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生き方について考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。