こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔で楽しく生きていこう。

父の日なんて

2017年06月18日 | 家族

義父の命日で、墓参に。義父の命日は時々父の日と重なる。

横にいた妻に父は居るがもう会うことはできない。

その足で二人で東京の父のところに行き、ちょっとしたプレゼントを渡した。

私はまだ父と会って話すことができる。

私たちの誰しもが父や母を持っている。でも、誰もが父や母に会えるわけではない。父の日のセールの宣伝を見ながら、これでいいのかと思った。 こういう、父の日とか母の日、そんなに大々的にやらなくてもいいように思うのだけど。

 

私も嬉しいのですが

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太ってしまった(3)・・・... | トップ | タイムワープな一日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です!! (リディア)
2017-06-19 19:49:23
そういえば、父の日だったんですね。
いつも通り仕事して、何のプレゼントもせずに、過ぎていきました。
また、別の日に、日頃の感謝として、何か使用と思います。

先生の仰る通り、父の日!とか、母の日!を、よく目にします。
特に今の時代は、色んな事情を抱えた家庭も、少なくないと、テレビを拝見してて思うことが、多いです。
既に、私が子供の頃くらいから、父の日や母の日の作文は、無くなっていました。
お店などは、ビジネスが絡んでるんで、仕方ないんでしょうけど、、、。
そうですか (コロ健 to リディアさん)
2017-06-19 20:36:08
ではなにもない世の中というのも、それはそれで味気ないものですね。難しいものです。

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。