こんな気持ちでいられたら

中年病理医が日々思うこと。
プラス思考で前向きに、笑顔を絶やさず楽しく生きていこう。

たまには病理診断の話を・・・食物残渣(しょくもつざんさ)

2017年05月17日 | 病理のこと、医療のこと

いつもは病理診断の意義だの、病理のあり方、なんていう話をいつもしているが、たまには病理医らしく病理診断のことを。

といっても今日は余談の様なお話。

ある方の消化管組織の一部に、こんなものがあった。

うーん、なんだろう。病理医は、これが何なのか、考える。

まず、人間(この場合、消化管由来)の組織ではなさそうだ。なぜなら、人間では見ない構造だから。

〇〇だから人間のものではない、というのは難しい。病理診断は人間にあるものか、ないものか、ということが重要だ。

では? 消化管の中から出てきたものだから、食物だろう。無機物ではない。食物ということは、消化されずに残った食物残渣。肉眼的にはゴマ粒に見えたと、切り出しを担当した先生は言っていた。

内側には細胞壁のような構造が見られる。植物か。おそらく何かの種だろう。それとも何かの茎の断面の可能性もあるが、内部構造が不明というか空洞担っているので違うだろう。

ということで、こういったことに詳しい知り合いの病理医に相談する。コンサルテーションだ。

残念ながら、その先生も見たことがないという。

パラフィンブロックからDNAを抽出して調べれば、これが何なのかわかるだろうけど、食中毒の患者さんではない、この種(らしきもの)がなんであっても主診断に影響を与えることはない。

こういうもの一粒に対しても調べるのが病理医の仕事だが、今回は、予後に影響を及ぼすことはないだろうと判断して、「一部に種子様の組織が含まれています。」と記載するにとどめ、報告書を完成させた。

喧々諤々でした

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっという間で長い一日 | トップ | このスピードについていけない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。