介山の日記

つれづれに思ったことを書きます。

日銀金融政策決定会合に思うこと

2016-11-02 14:37:14 | 日記
今回の日銀の金融政策決定会合について、
現在の政策を維持する、という内容で、
大方、市場の予想どおりだったようです。

市場にショックを与えるのが日銀の役割
でない以上、市場に短絡的な影響を与え
なかったのは、良いことかもしれません。

が、問題は、現在の政策の維持の方法が、
何も示されていないことです。

「あらゆる手段を動員」と言われても、
何をどうするのか明確でなければ、説得
力がありません。

確かに、景気の責任を日銀ばかりに負わ
せるのは疑問がありますが、金融政策を
担う日銀には、それなりの責任があると
思います。

何より問題なのは、以前に比べ、日銀の
金融政策の動向についての報道が、減少
しているように思える点です。

短絡的に、市場にショックを与える政策
が良いとは思いませんが、日銀への期待
が薄くなっていることの表れではないで
しょうか。

ちなみに、日銀が、我が国の物価上昇が
達成できない理由に挙げる、原油価格の
値下がり分を差し引いても、物価は上昇
していません。

(総務省が発表しているこの9月の
消費者物価指数は、変動の激しい生鮮
食料品や石油を含むエネルギー価格を
除いたもの-コアコアCPI-でも、
前年同月比で、0%の上昇率です。

この数字からは、石油価格の値下がり
ばかりが、物価上昇を妨げている、
とは言えないと思います。)

もちろん、日銀総裁は、コアコア
CPIでは規模が小さすぎて実体を
反映しづらい、という考えを表明した
ことがあるので、そう考えているの
かもしれません。

しかしそれならば、物価上昇率の目標
数値そのものを変更するか、石油価格
の値下がりも考慮して政策を考えるか、
いずれかが必要だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院補欠選挙を終えて 自民... | トップ | アートの危険性 神宮外苑イ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。