介山の日記

つれづれに思ったことを書きます。

アートの危険性 神宮外苑イベント火事 追記

2016-11-08 11:03:31 | 日記
追記

昨日、制作者の1人である学生が、
白熱球を使用していたことを警察で
供述していることが、明らかになり
ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000078-san-soci

あきれるばかりですが、それよりも
あきれるのは、大学の言い分です。

会見で、火災を予見できなかったと
強調したことにもあきれますが、
何よりもあきれるのは「遊具として
設計したわけではなく空間を使った
アート作品」と説明している点です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000079-san-soci

かりに、そうだとして、作品への
侵入防止策(柵設置や警備者配置
など)は検討したのでしょうか?

それをしていないなら、設計自体に
すでにミスがあったと言われても
しかたありません。

なお、言うまでもないことですが、
設計がどうであれ、遊具として運用
(提供または開放・放置)すれば、
それはもはや遊具です。

少なくとも、子どもが遊ぶのを制止
しなかったのは、まぎれもない事実
です。

そうすると、設計時のミスにしろ、
展示時のミスにしろ、いずれにして
も、作品の管理責任は免れません。

そもそも、作品への侵入防止柵も
ない、作品への侵入を制止もしない
で、遊ばせるつもりはなかったと
言っても、世の中、通りません。

考えようによっては、作品で遊んだ
側にも責任がある、と聞こえます。

会見の経緯は分かりませんが、遊具
にあたるかどうかの議論で、管理
責任を免れようとしているなら、
許される話ではありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アートの危険性 神宮外苑イ... | トップ | トランプ氏勝利で見えるもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。