Kenshunブログ Swingin' Cafe♪

Caféだから色々なお話し・・・

Swing Beat Jamに因幡晃さんが生出演

2016年09月19日 | FM Wappy

9月16日(金)

翌日9月17日(土)えびなイベントホールでのコンサートのため稚内入りした因幡晃さんが

僕の番組「Swing Beat Jam」に出演してくれました

「わかってください」「夕映えを待ちながら」「忍冬」等々、名曲が沢山ありますよね

今回は新作「ことづて」を中心に、懐かしのヒット曲も色々と披露するとのことでした

コンサートはソールドアウトだったようで、わっぴーのリスナーさんも沢山行かれたようです

あの伸びやかなハイトーンボイスを生で聴かれた方は感動したでしょうね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稚内吹奏楽団 全道大会遠征2016 2年連続ゴールド金賞

2016年09月12日 | Brass

9/3(土)~4(日)

稚内吹奏楽団は吹奏楽コンクールの全道大会のため札幌遠征に行ってきました

第61回北海道吹奏楽コンクールは、9月1日から4日までの4日間

札幌市の札幌コンサートホールkitaraで開かれました

7・8月に道内の11地区、小中高大一般約700団体が参加して地区予選大会を実施

この中から地区代表に選ばれた計178団体(約6500名)が、全道大会で練習の成果を競い合いました


稚内吹奏楽団は一般C編成の部にエントリーし

S.メリロ作曲「アメリカの騎士より 選ばれし者」で2年続金賞を受賞しました

昨年は苦労の末に23年ぶりの金賞を受賞することができましたが

今年は「狙って取る!」を目標に、昨年よりも難曲に挑みながら

再度チャンレジャーの気持ちで練習に励んできました

僕的には地区コンが終わってから伸び悩んでいたような印象だったので実は不安もあったのですが

後半、抜群のチームワークと頑張りで追い上げ、何とか勝負出来る所まで仕上げられました

札幌での直前練習でも集中力を切らすことなく、自分達に出来る完成形が見えていたので

僕は「何も言うことはない。このまま練習通り行こう。」と言うだけでした

コンクールの本番というのは独特の緊張感があって、些細なミスもあるにはありましたが

全員が「やりきった感」があったようで、みんな清々しい良い顔でステージを後にしていたのと

口々に「これでダメならしょうがない」などと話していたのが印象的でした

また、後で気付きましたが、本番後すぐの写真撮影で、まるで金賞取ったような顔をしています(笑)

ちゃんと手ごたえを感じて、後から賞もついてきたなんて、素晴らしい経験をしましたね

そして、大人になっても一生懸命何かに打ち込み、涙を流すほど喜べることってそうそう無いと思います

みんな本当におめでとう!そして、ありがとう!お疲れさま!


なお、稚内吹奏楽団では11月26日(土)稚内総合文化センターで金賞受賞報告演奏会を開催します

僕達のメインの活動はコンクールではなく、年2回の市民向けの演奏会です

今回の金賞受賞曲は勿論ですが、マーチ、ポップス、ジャズ、演歌など多彩なプログラムを企画中です

一人でも多くの地域の方々に足を運んでいただければ幸いです

本当にそれが一番の励みになります

まだ少し先の話ですが、皆さんのお越しを心よりお待ちしています



今年もバスにビール1箱を差し入れてくれたOb担当N.Aさん

午前中から飲める幸せ

最初の休憩は遠別道の駅で唐揚げやらソフトクリームを食べるのです



札幌に着いた後は少しの自由時間の後に金賞受賞を祈念して前夜祭(但し午後11時半まで!)

我が団の個性的で可愛いコスプレイヤーTp担当S.Sさん&Sax担当O.Aさん

二次会はヤングチームはカラオケ、中年チームは近くの居酒屋へ

あれだけ飲んで食べても朝はしっかり食べるという

新道東のホテルユキタさんお世話になりました

8時半、練習会場へ向けて出発

今年も豊平区民センターを借りて直前練習






直前練習は「何も言うことないね」と殆ど修正箇所はなく、適度な緊張感で良い感じでした


練習会場でお弁当を食べてしばしの休息

そして帰りのバスのビール冷やしておくのも大事(笑)

じゃあ行きますか!

「忘れ物ないかなー」と宗谷バスの運転手さん

kitaraへ到着~

本番30分前のチューニング室で肩もみしてもらう団長(これが効いて音が出たらしいホントか?)

本番を終えて「手応えあり!?」なK.S副団長&I.T団長

ステージを後にしてまずはおすましポーズで全体撮影

クラリネットパート

フルート、オーボエ、ファゴットパート

サキソフォンパート

ホルンパート

トランペットパート

トロンボーンパート

バリチューバパート

パーカッションパート

最後は「イェーーーイ!」的な、ホントみんな良い顔してるわ

そしてすぐに着替えてバスに乗り込で帰路へつきます(もちろん飲みます)

砂川過ぎて結果の電話「えっ!?ホント!?」の顔

からの~「ヤッター!」「超嬉しい!」の瞬間(毎年これを冷静に撮る俺が一番凄いと思う)

やりました!2年連続金賞のピースサイン!(きっとそこまで考えてないだろうけど)

エライ!ビール準備隊長のTb担当I.S君はシャンパンまで用意してました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『RSN ~RISHIRI SMALL NORTH ISLAND FESTIVAL 2016~』

2016年08月22日 | EVENT

8月14日(日)

利尻町中央商店街・島の駅前にて行われた野外音楽フェス

『RSN ~RISHIRI SMALL NORTH ISLAND FESTIVAL 2016~』の司会に行ってきました

これは2013年から始まり、今年で4年目となったイベントで

地元高校生バンド、ゲストアーティストが出演する参加無料の音楽フェス

しかも会場に太陽光パネル搭載車を設置し、その太陽光発電でライブ音響の電源を確保しています


今年の会場は利尻島の駅前の道路(稚内信金、商工会の間の通り)を歩行者天国にして行われました

最高気温26度で真夏の太陽が眩しすぎる超晴天の下

会場には島民はもちろん、外国人含む観光客、このイベントの為に利尻島に来てくれた方々など

沢山の音楽好きが集まり、地元商店街の出店で生ビールなどを飲みながら楽しんでいました

本当に暑かったけど、それ以上にみんな熱かったです!


【ゲストアーティスト】

ギターパンダ(東京) http://guitarpanda.net/

エビナマスジ SE-NO(稚内/札幌)http://ebina-masuji.com/

児玉梨奈(旭川)http://rimaman.blog.so-net.ne.jp/

音道青心(札幌)https://twitter.com/ondouseishin


【地元グループ】

利尻富士町秀峰翔太鼓

shell's arch(高校生バンド)

Heart Field(高校生バンド)

ROMA'S(高校生バンド)

The Serves(高校生バンド)


主催/リシリ・スモール・ノースアイランド・フェスティバル実行委員会

共催/稚内建設管理部、北海道土木協会

協賛/北海道コカ・コーラボトリング(株)、PVGソリューションズ、(株)三新、(株)思縁、
NHKアイテック、(株)国境、(株)丸善ワタナベ、(有)利礼資材


利尻富士町秀峰翔太鼓の演奏でオープニング



地元高校生バンドは元気いっぱい!

稚内の出身の兄弟ユニットSE-NOからエビナマスジくん!

旭川出身のシンガーソングライター児玉梨奈ちゃん!

急遽、ギターパンダさんと一緒に参戦した音道青心さん!

大トリはギターパンダさん!久しぶりに会えて嬉しかったです!こちらこそイェー!

衝撃映像、パンダの中身は・・・小っちゃいパンダでした

そして・・・小っちゃパンダかと思ったら何とカルピス・プレスリーさんでした!

司会の仕事が終わるまで耐えに耐えたビールの味はサイコー

マスジくんと梨奈ちゃんは翌日天塩でイベントということで日帰り

なぎさの夜リターンズ。第2回りしりん祭の打上げに続きまたまた深夜1時まで(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回副港ボートレース2016

2016年08月10日 | EVENT

8月7日(日)稚内地元愛育成協議会主催による

稚内副港ボートレースが第一副港で開催されました

今年で9回目となるこのイベントは

普段は大きな漁船が停泊する港内でEボートを使ってレースをするというもので

今年は初出場、女子チームを含む全35チーム400人が参加

優勝賞金15万円を目指して白熱したレースが展開されました

港町ならではの最高に盛り上がるイベントです


今年は朝から快晴で風もほどよく絶好のコンディション

午後からグングン気温が上がり今年最高気温の28度を記録しました

会場にはカキ氷や焼き鳥、そば・うどんといった出店もあり

生ビールを片手にレースを楽しむ市民らも数多く見られました


今年は「Fuck'n Crew」が悲願の優勝で賞金15万円をゲット

ここ数年は安定した実力で2013、2014年は2年連続準優勝しているチーム

ようやくつかんだ優勝で喜びもひとしおだったと思います

準優勝は2014年の優勝チーム「ノースシィ」

3位は航空自衛隊チーム「TEAMタンクトップ」

ファイナルレースは折り返しまで、ほぼ横一直線の白熱した展開で会場も大興奮

最後向かい風でのラストスパートが勝負の分かれ目となりました

タイムは1位が1'12"71、2位 1'18"12、3位1'30"10でした


また午前・午後の2回、札幌のマリンジェットショップ「Ash factory」による

フリースタイルショーが今年も行われ会場を沸かせていたほか

家族連れに人気だったEボート体験や、土木の日の重機の展示など終日盛り上がりました


★全参加チーム(順不同)

「K.O.T2011(中央小&稚中教師&おやじたち)」
「あもりんJAPAN(友人チーム)※女子」
「ホップステップジャンプ(佐藤組)」
「信金野球部(稚内信金野球部)」
「信金女性会(稚内信金)※女子」
「かもめ会(稚内海洋少年団OB)」★特別賞
「FUCK'N CREW(同級生)」★優勝
「Y・O脱臼です。(ラグビーチーム)」
「稚内Surfin Club(稚内サーフィンクラブ)」★健闘賞
「ピカソより、普通に、港小が好っき~(港小PTA&OB)」
「オールブルー(宗谷総合振興局)」
「チームKURODA(宗谷総合振興局)」
「アルフォート(友人チーム)」
「ENDORPHINS(寄せ集め友人チーム)」
「前略、ボートの上より(女子バスケチーム)※女子」★女性賞
「稚内開建ボート倶楽部(稚内開発建設部)」
「ZERO(バレーボール仲間)」
「稚内ミルクみるく(JA稚内)」
「TEAM Daishin(大信建設)」
「ノースシィ(北海電気工事稚内営業所)」★準優勝
「Kingクラ部(マルハニチロ北日本宗谷工場)」
「極北底曳(底引船若手乗組員)」
「キューティクル(市立稚内病院)※女子」
「TEAM 少女時代(市立稚内病院)※女子」
「1091イレグイ(市立稚内病院)」
「CPM(市立稚内病院)※女子」
「PFN'S(市立稚内病院)※女子」★仮装賞★ブービー賞
「稚内港湾(稚内港湾施設)」
「JASDF-OC(航空自衛隊)」
「TEAM タンクトップ(航空自衛隊)」★3位
「尾池JAPAN(友人チーム)」
「TEAM MARIN(お店のスタッフと仲間たち)」
「きせんマリンズ(稚内機船漁業協同組合)」
「エネモンズ(北海道電力)」
「潮小おやじの会(潮見が丘小教師&父母)」



驚異の晴れ男、久手会長による主催者挨拶

開会式での工藤市長の挨拶

宗谷建設青年会主催の同時開催「土木の日」はちびっこに人気

今年は女子チームも多く、仮装もいろいろ


札幌のマリンジェットショップ「Ash factory」によるフリースタイル演技

ファイナルレーススタート!

折り返したあとのラストスパート

制したのはFuck'n Crew!悲願の初優勝おめでとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もこうしてKANさんが来てくれました

2016年07月27日 | FM Wappy

9月24日(土)えびなイベントホールで行う稚内公演のプロモーションで

今年もKANさんがSwing Beat Jamに生出演してくれました

今回は6月22日発売のLive CD「弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえ掛かれば」の話題から

これは2014年10月から2015年6月にかけて行われた単身弾き語りツアーの

全国28公演中ライブ収録した5公演からの選り抜き音源となっているのですが

何と一曲目「 世界でいちばん好きな人」は昨年の稚内での音源が収録されています!

これは嬉しいですね!!(聴きに行った人は特に!)


他にも#14「今年もこうして二人でクリスマスを祝う」についての話題

長く僕の番組を聞いてくれている方はわかってもらえると思うのですが

僕はここ10年以上、12月25日に必ずこの曲をかけています(しかもほぼラストナンバー)

恋とかイブとかキラキラした曲が多い中で、これはしみじみと1年を振り返るような内容で

例えばディナーもケーキも食べて一通りクリスマスっぽいことをしたあと

小さな部屋でコタツにでも入りながら他愛のない会話をしながら

ふとした間で何事もなく1年を終えられる安堵感をしみじみ感じるような

そんな日常を描いたこの曲がすごく好きだという事を直接伝えることが出来ました

他にも「まゆみ」「君が好き 胸が痛い」といった初期の名曲も収録している

このアルバムは8月1日(火)SBJ内アルレビのコーナーでたっぷり紹介しますね


あとは『〝EBINA" EVENT HALLを〝えび~な"EVENT HALLにしよう」とか

いつものKANさんのペースで笑ってばかりいた気がします

KANさんのこの面白トークとCDジャケットのユニークさに反して

飾らない日常を歌う誠実な詞と柔らかいメロディとのギャップがたまらないですよね

そんなKANさんの弾き語りライブに皆さんも是非行ってみませんか!?


コンサートの詳細は以下の通りです↓

「KAN芸能生活29周年記念 全国29都道府県ツアー
"弾き語りばったり #29 責任者はテクニシャン」
ピアノ1台・KANひとりだけの"本物のアーティスト風"シリーズ
第10弾の今回は、KAN芸能生活29周年を記念しての全国29都道府県
ツアーを敢行します。そして、今年も稚内に帰ってきます!

● 日時:2016年9月24日(土) 開場 16:30、開演 17:00~
● 会場:えびなイベントホール (北海道稚内市宝来2丁目6-35)
● 料金:[全席指定] 5,500円

● チケット発売所
 ・レコードショップよこおか
  (大黒4丁目7-1 西條百貨店2F ☎ 0162-24-0007)
 ・フナヤマ中央店 (中央3丁目9-9 アーケード街 ☎ 0162-23-7830)
 ・FUNフナヤマ (大黒2丁目5-34 ☎ 0162-22-1590)
 ・えびなイベントホール (☎ 0162-23-4235)

その他詳細はこちら↓
えびなイベントホール http://www.ebinahall.jp/

KAN公式HP https://www.kimurakan.com/

弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえ掛かれば
KAN
UP-FRONT WORKS

2014年10月から2015年6月にかけて行われた単身弾き語りツアー。
全国28公演中ライブ収録した5公演からの選り抜き音源を収録!

6 × 9 = 53(DVD付)
KAN
UP-FRONT WORKS

素数年53歳のKANが素数周年に繰り出す16作目のオリジナルアルバム。 充分すぎる時間をかけて丁寧に作り上げられた作品群は、多くの素晴らしいアーティストの力を借りまくって、そのコントラストがより強いものになりました。 付属DVDでは、レコーディングのほとんどの場面を収録したドキュメンタリー映像をお楽しみいただけます。 参加アーティスト(年齢順):根本要(STARADUST☆REVUE)・佐藤竹善(Sing Like Talking)・塩谷哲・馬場俊英・TRICERATOPS 作詞:桜井和寿(Mr.Children)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加