Kenshunブログ Swingin' Cafe♪

Caféだから色々なお話し・・・

稚内吹奏楽団定期演奏会2016のお知らせ

2016年05月25日 | Brass

僕が音楽監督兼、常任指揮者を務める

稚内吹奏楽団の定期演奏会の案内です


開催日:2016年6月4日(土)

時間:開場18:00 開演:18:30

入場料:大人500円 小・中・高校生無料

チケット:楽器の白金堂、稚内総合文化センターほか

プログラム
第一部(クラシックステージ)
1、マーチ・スカイブルー・ドリーム
2、交響組曲「もののけ姫」より
3、「アメリカの騎士」より 選ばれし者

第二部(合同ステージ)
1、フィギュレーション〜祭礼幻想〜
参加学校:潮見ケ丘中学校、南中学校、豊富中学校、鴛泊中学校
2、「オセロ」より 
参加学校:稚内高校

第三部(ポップスステージ)
1、ディズニー・メドレー
2、蕾
3、情熱大陸
4、カーペンターズ・フォーエバー

皆様のお越しをお待ちしております。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第31回音文協札響稚内定期演奏会

2016年05月24日 | Music

5月21日(土)稚内総合文化センターで

札幌交響楽団稚内定期公演が開催されました


 指揮 マックス・ポンマー(札響首席指揮者)

 曲目
 J.シュトラウス2世 ワルツ「皇帝円舞曲」op.437
 メンデルスゾーン 劇付随音楽「真夏の夜の夢」序曲op.21
  オッフェンバック 喜歌劇「天国と地獄」序曲
 ドヴォルジャーク 交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」


この演奏会は元々、市内の医師や地元金融機関、建設会社などが発起人となって愛好家を募り

自治体、地元企業などに協力を働きかけスタートしたものです

その地道な継続で今年31回目を数えます

1年に1回とは言え札響のようなプロオケを聴く機会は大変貴重ですね

今回は昨年4月から首席指揮者に就任したマックス・ポンマー氏と共に来稚しました

ポンマー氏は1936年ドイツ・ライプツィヒ出身で、これまでにライプツィヒ新バッハ合奏団芸術監督

ライプツィヒ放送交響楽団首席指揮者等を歴任してきた名指揮者です

現在もドイツ在住なので1シーズンに数回しか来日予定はないはずなので

こうした地方公演で見られたのは極めて稀なケースだと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春、とりあえず行くよね「間宮堂」

2016年04月27日 | Gourmet

G.W.近くなると「そろそろオープンか?」と噂し

一年に一回は必ず食べないと気が済まない!

という稚内市民は多いのではないでしょうか

言わずと知れた宗谷岬の名物食堂

店内はサイン色紙でぎっしり

一番人気はホタテラーメン塩(800円)

新鮮で大きなホタテが丸ごと入っています

サラっとした塩味にバターの風味

ホタテのまろやかな出汁とコクがクセになります

他にホタテカレー、磯つぶ焼き、うに丼なども人気

稚内からもGWあたりに開店すると同時に足を運ぶ人が非常に多いです

観光シーズンのお昼時は常に満席状態ですが

回転が早いので少し待てば入れると思います



帰りに大沼に立ち寄るのもこの時期の定番コース
。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。


間宮堂
【住所】北海道稚内市宗谷岬4-1
【電話】0162-76-2453
【営業時間】10:00〜17:00(季節・天候により変動有り)
※冬期間は営業していません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EGO-WRAPPIN'「ROUTE 20 HIT THE ROAD」

2016年04月26日 | Music

宴もたけなわ 20年 エゴラッピン

エゴとみんなとわがままに、歩んできた通過点

結成20周年を迎えるEGO-WRAPPIN'がオールタイムベスト&カバーアルバムを発売!

胸を焦がす「太陽盤」、現の儚さを想う「月盤」、 きらめくスターたちの曲をカヴァーした「星盤」と

2人の『エゴ』が詰まったエゴ盤最強ベスト3枚組!

ROUTE 20 HIT THE ROAD
Ego-Wrappin'
トイズファクトリー

1996年大阪での結成から20年。節目となる1年の皮切りとしてオールタイムベスト&カヴァーアルバムの発売が決定。太陽の下で気持ちよく、開放的に音楽を体感できる“野外で聴くベストな選曲”のDisc1。月明かりの下、お酒でも飲みながら、しっとり、まったりと“屋内で聴くベストな選曲”のDisc2。そして2人の音楽ルーツを感じさせる、煌くスターたちの楽曲をカヴァーしたDisc3という、超豪華3枚組。まさに2人の“エゴ”が詰まったエゴ盤ベスト!

【EGO-WRAPPIN'プロフィール】
1996年 大阪で結成されたユニット。メンバーは中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)。
大阪出身の二人で結成時から関西を中心に活動を続け、現在は拠点を東京においている。
2000年に発表された「色彩のブルース」は、戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や昭和歌謡を消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、その名を全国区で知られるようになる。以後作品ごとに魅せられる斬新な音楽性は、日本の音楽シーンにおいて常に注目を集めている希なアーティストだと言える。
二人の織りなすエゴ・サウンドは、ジャズやロックといった音楽がジャンル名に成り下がる以前にもっていた自由な雰囲気と熱い情熱、そして何よりも私達が生きる時代の感覚を敏感に反映している。
音楽と真摯に向き合い、ジャンルというくだらない壁を軽やかに乗り越え、聴き手に音楽の本当の楽しみ方を教えてくれるポップスセンス。聴くものの心にダイレクトに届くであろう、うたごろろ。
エゴが届ける名曲名演、それはロマンスに溢れた平成のミラクルであろう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇多田ヒカル「花束を君に」の衝撃

2016年04月21日 | Music

宇多田ヒカルが5年ぶりにシーンに帰ってきた

正確には2012年に配信限定で「桜流し」を出しているので作品の発表は3年半ぶりになる

「アーティスト活動」の休止と「人間活動」への専念は2010年当時様々な反響を呼んだ

それから5年、彼女は母の死と再婚、そして母となることを経験した

「人間活動」で彼女が得たものとは何だったのか

それは今回の新曲「花束を君に」を聞けばよくわかる


“普段からメイクしない君が薄化粧した朝”というはじまりの一行は

次の一行、また次の一行と読み込むごとに

死の歌なのだと衝撃的に気付かされる

死に化粧した最愛の人を前に言葉に出来ない想いが込み上げる

誰もが心の奥の方に刻み込んでいる風景ではないだろうか

そして次の瞬間、涙が溢れてくる


哀しみと愛しさはやがて感謝に変わり

“どんな言葉並べても 君を讃えるには足りないから

 今日は贈ろう 涙色の花束を”と綴じられる

そしてまた、次に聴く時、冒頭の歌詞が胸を突き刺す


母の死を弔った彼女が母になり哀しみは慈しみへ

1人の天才少女は1人の母となり

歌声に温かく包み込まれていくような雰囲気を纏い

優しさと逞しさを兼ね備えて戻ってきた


花束を君に
宇多田ヒカル
Universal Music LLC

【タイアップ】NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

真夏の通り雨
宇多田ヒカル
Universal Music LLC

【タイアップ】日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加