ふくしんぼうしの研修ブログ(静岡県社会福祉人材センター研修課)

日々開催する福祉職員向けの研修の様子、また災害等で開催中止(延期)する際の検討状況をお知らせします。

「認知症介護実践リーダー研修」募集開始について

2017年06月20日 | お知らせ
「認知症介護実践者研修」修了者の皆様、所属事業所の所属長さま・研修担当者さま 

このたび、「認知症介護実践リーダー研修」の募集を開始しましたので、お知らせします。
今年度から、全国標準の新カリキュラムに移行し、より密度の濃い研修に発展しています。ぜひ各法人・事業所の「認知症介護実践者研修」を修了された方の御参加を御検討ください。

「実践者」から「実践リーダー」にステップアップし、よりよいケア現場を築きましょう!

☆対 象:「認知症介護実践者研修」修了後1年が経過した方、実務経験5年以上の方

☆目 的:【「認知症の人を人として捉える」ことができる実践者を育てる&チームをまとめる】

 ケアチームにおける指導的立場としてチーム員の知識・技術・態度を指導する能力及びチームリーダーとしてのチームマネジメント能力を修得すること。

☆日 程 
 10月~1月の期間、静岡市で開催します。※別紙実施要領のとおり

☆関係書類のダウンロード
 実施要領:http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29leader-dc-program.pdf
 申 込 書:http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29leader-dc-entry29.doc
 チ ラ シ:http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29leader-dc-news.pdf

担当:静岡県社会福祉協議会 静岡県社会福祉人材センター研修課(曽根)

電話:054-271-2174

この記事をはてなブックマークに追加

★まだ間に合う!7月開催の研修情報★

2017年06月12日 | 研修実施報告
こんにちは!
静岡県社会福祉人材センター研修課です

本日は継続募集をしている研修のご案内です♪

6月5日に一旦締め切りを迎えましたが、こちらにご紹介する研修は
まだお席に空きがございます!(^^)!

どの研修も毎年好評の声をいただいています。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

■研修NO.99   
権利擁護・成年後見セミナー(実務編)(7/28開催

認知症高齢者や知的障がい者を支援する介護職として必要な権利擁護・成年後見の実践的知識を習得する
 講師:ふるい後見事務所 社会福祉士 古井 慶治 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29seinennkoukenn-jitsumu.pdf

■研修NO.9   
職場研修のつくり方講座(7/31開催)
キャリアパスを用いた福祉職員の育成・指導の方法を実例を基に考える。
 講師:日本女子大学 人間社会学部社会福祉学科 教授 久田 則夫 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29syokuba-kensyu.pdf

■研修NO.35   
介護技術講座(実践編)7/13~7/14開催(2日間)

生活場面に即した実践的介護技術の習得
 講師:静岡県介護福祉士会 飯田 泰子 氏 他
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/kaigogijutu-jissen.pdf

■研修NO.2
福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程中堅職員コース(西部)  (7/24、8/3~8/4の3日間研修

中堅職員としての役割を遂行するための基本を習得し、自らのキャリアデザインを描く。
講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/chuuken-seibu.pdf

■研修NO.3   
福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程チームリーダーコース(西部) (7/19、8/17~8/18の3日間)
チームリーダー等の役割を遂行するための基本の習得し、自らのキャリアデザインを描く。
 講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/tl29west.pdf

この記事をはてなブックマークに追加

8月開催研修のご案内

2017年06月05日 | お知らせ

6月に入り、紫陽花が大輪の花を咲かせるころとなりましたが、いかがお過ごしですか?
本日は8月開催研修の研修をご案内します


<平成29年8月研修(11件)
■研修NO.1    
福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程初任者コース(中部1)
   
(8/29・9/20~21の3日間の研修)
・サービス提供者、チームの一員としての基本の習得
・初任者が自らの「“福祉の専門職”としてのキャリアデザイン」を描く
  講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/syoninsya-chubu1.pdf

■研修NO.2  
福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程中堅職員コース(東部)   
(8/25・9/5~6の3日間の研修)
・中堅職員としての役割を遂行するための基本の習得
・中堅職員が自らの「“福祉の専門職”としてのキャリアデザイン」を描く
 講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/chuuken-toubu.pdf

■研修NO.4
福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程管理職員コース
( 9/14~15の2日間の研修)

・管理職員としての役割を遂行するための基本の習得
・管理者等が自らの「“福祉の専門職”としてのキャリアデザイン」を描く
  講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29cp-kanri.pdf         
※事前課題(16時間相当)への取組が必要のため、通常よりも1ヶ月前倒しで募集。

■研修NO.39   
おむつを外すための排泄ケア講座(研修名変更)(8/1開催)

介護職に必要な排泄ケアの基礎的知識の習得
 講師:順天堂大学 保健看護学部 准教授 藤尾 祐子 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29haisetsukea.pdf

■研修NO.57    
認知症のBPSDを考えるセミナー (8/2開催)

認知症の方の行動や心理症状を理解し、利用者へのより良い関わり方について考える
 講師:生活とリハビリ研究所 代表 三好 春樹 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29BPSD.pdf

■研修NO.68   
福祉職員のためのヒヤリハット・アクシデントセミナー (8/3開催)

福祉サービスの特性をふまえたリスクマネジメントの基本的な視点と、
ヒヤリハット・アクシデントの学習により利用者の事故発生の防止を学ぶ
 講師:聖隷クリストファー大学 教授 川村 佐和子 氏
    東京都医学総合研究所 主席研究員 原口 道子 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29hiyari.pdf

■研修NO.44   
感染症講座(児童編)(8/4開催)

児童に特有な感染症を中心として、基礎的知識と予防方法、及び家庭や医療機関との連携等について学ぶ
 講師:静岡済生会総合病院 感染対策室 師長 感染管理認定看護師 杉村 きよ美 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/jido29kansensho.pdf

■研修NO.106 
福祉職場のストレスマネジメント講座 (8/7開催)

介護職・福祉職が抱えがちなストレスについて認識し、ストレスを上手にコントロールする方法を学び心身共に
安定した状態になることで、サービスの質の向上を図る
講師:産業カウンセラー キャリアカウンセラー 心理相談員 横山 美弥子 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29stress.pdf

■研修NO.5
介護・看護リーダーのための指導力向上講座

(8/8・9/5・10/4・11/7の4日間の研修)
介護保険施設等のリーダーに必要な指導力の習得
 講師:介護老人保健施設 星のしずく  看介護部長  髙口 光子 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29tagakuchiri-da-.pdf

■研修NO.65  
介護記録の書き方講座(居宅・通所編) (8/8開催)

訪問介護やデイサービスセンター等の介護職に必要な介護記録の書き方の基礎的知識の習得
 講師:対人援助スキルアップ研究所 所長 佐藤 ちよみ 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29kirokukyotaku.pdf

■研修NO.105  
共感を得る「ことば」講座 (8/22開催)

DJポリスも学んだスピーチロックとは!?「相手を制限する言葉」から「相手を受けれる言葉」を旨とし、「言葉選び」の重要性を考える
講師:(株)はあもにい 大野 晴己 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/29kyoukan.pdf

-------------------------------

★WEBカレンダー公開中!お役立ていただけたら幸いです!(^^)!
 https://freecalend.com/open/mem62017_date

★研修に関してご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

この記事をはてなブックマークに追加

7月開催研修のご案内

2017年05月09日 | お知らせ

人材センター研修課より、7月開催の研修についてご案内します!

<平成29年7月研修(8件)>
■研修NO.2
「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程中堅職員コース(西部)」 
(7/24、8/3~8/4の3日間研修)
中堅職員としての役割を遂行するための基本を習得し、自らのキャリアデザインを描く。
講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/chuuken-seibu.pdf

■研修NO.3
「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程チームリーダーコース(西部)」
(7/19、8/17~8/18の3日間)
チームリーダー等の役割を遂行するための基本の習得し、自らのキャリアデザインを描く。
講師:福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程指導者
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/tl29west.pdf

■研修NO.53
「生活場面から見る利用者の身体観察のポイント」(7/5開催)
高齢者の健康を守るため、体調の変化、疾患の悪化などの「観察力」を高める
講師:(有)ファイブアローズ取締役 看護師,介護福祉士,介護支援専門員  岩下 由加里 氏 
http://www.shizuoka-wel.jp/traini…/docs/h29sintaikansatu.pdf

■研修NO.55
「認知症の人に寄り添うプロの介護セミナー」(7/11開催)
認知症高齢者を支援するために必要な知識、生活支援の場における専門職としての考え方や心構えについて学ぶ
講師:介護老人保健施設 星のしずく 看介護部長 髙口 光子 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/train…/…/ninchishotakaguchi29.pdf

■研修NO.35
「介護技術講座(実践編)」7/13~7/14開催(2日間)
生活場面に即した実践的介護技術の習得
講師:静岡県介護福祉士会 飯田 泰子 氏 他
http://www.shizuoka-wel.jp/training/…/kaigogijutu-jissen.pdf

■研修NO.37
「介護職が知っておきたい高齢者の褥瘡・皮膚ケア講座」 (7/21開催)
高齢者の皮膚障害の早期発見と褥瘡予防のために、皮膚の観察・ケアについて基礎的方法を学ぶ
講師:静岡済生会総合病院 皮膚・排泄ケア認定看護師  河合 幸 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/training/docs/h29hifujyokusou.pdf

■研修NO.99 
「権利擁護・成年後見セミナー(実務編)」(7/28開催)
認知症高齢者や知的障がい者を支援する介護職として必要な権利擁護・成年後見の実践的知識を習得する
講師:ふるい後見事務所 社会福祉士 古井 慶治 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/…/d…/29seinennkoukenn-jitsumu.pdf

■研修NO.9
職場研修のつくり方講座  (7/31開催)
キャリアパスを用いた福祉職員の育成・指導の方法を実例を基に考える。
講師:日本女子大学 人間社会学部社会福祉学科 教授 久田 則夫 氏
http://www.shizuoka-wel.jp/traini…/docs/29syokuba-kensyu.pdf

この記事をはてなブックマークに追加

29年度の研修がスタートしました!

2017年04月26日 | 研修実施報告
こんにちは♪
静岡県社会福祉人材センター研修課です

いよいよ今年度の研修が始まりました。

スタートを切ったのは、4月19日開催「高齢者施設のリスクマネジメント講座」です。
新年度を迎えたばかりのお忙しい時期だったかと思いますが、72人と非常に多くの方にご参加いただきました!

ご指導いただいたのは、株式会社安全な介護 代表取締役 山田 滋 様です。
山田様は、全国各地の介護施設における豊富な事例をお持ちの危機管理のプロ。
多くの事例をもとに、リスクマネジメントの基本的な知識や、事故の原因分析・再発防止策の方法について
とてもわかりやすくお話ししていただきました。

受講された方からは、
☆自分の働いている施設でもあるような事例が出てきたので、対策を考えるための参考になることがとても多くて良かったです。
 直前防止策ばかりになってしまうので、未然防止策にも目を向けられるよう、自分の施設に伝えていきたい。

☆実際に起こった事例も聞くことができて、改善策をイメージすることができた。

☆実践的な例ばかりだったので、学んだことが実感できました。

☆施設での事故報告やヒヤリハットの事故原因・対策を考えていく上でとても勉強になりました。
 職場で活用・実践していきたいと思います。

などの声が寄せられました。


ご参加いただいた皆様、ご指導いただいた山田様、ありがとうございました!!



◎今年度も様々な研修を実施してまいります。
 研修に関してご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

この記事をはてなブックマークに追加