顕正会の組織風土

 組織のあるところには、 「無責任の構造」がひそんでいる。
 今、豊洲市場への移転問題で都の官僚による情報隠蔽が表沙汰になっているが、そこには無責任の構造がある。

 中でも教団組織、とりわけ顕正会ではその傾向が、顕著である。
 顕正会員は何故、「数・ノルマ」を強要する無慈悲な組織風土に、疑問をもたないのか?
 その根拠を「無責任の構造」(モラルハザードへの知的戦略、岡本浩一著、PHP新書)を基に、分析してみよう。

 無責任の構造は、同調・服従・内面化によって、醸成される。これは人が集団に従うときの、不本意さの程度に対応している。
 もっとも不本意なのが服従である。不本意だという感覚がある限り、「無責任の構造」は拡大しない。
 しかし、不本意ながら従っているうちに、やがて不本意な行為の背景にある価値観を、自分の価値観として獲得してしまう。それが内面化である。
 同調や服従から内面化が生じるプロセスによって、「無責任の構造」が作られる。

 1.同調の行動モデル

 同調とは、モデルの行動が顕在する状況で、同じ行動をすることである。
 「内なる同調性」:人間は思っている以上に同調的である。
 「外なる同調性」:世間一般は同調を規範として持っている。
 顕正会では、総幹部会やビデオ放映等で「浅井先生絶対」が強調され、入会するとやがてそれに同調して行く。
 同調は、心理的に孤立無援であることが、大きな背景になっている。

 2.服従のメカニズム
 
 組織的・社会的圧力のもとで、不本意な行動をさせられるのが、服従である。
 顕正会では、末端幹部になると「折伏成果」のノルマが課され、不本意であっても上長の指示に従わざるを得ない。
 さらに、「結集成果」や「機関誌購読・広布御供養」等にも、前年比増の暗黙のノルマがある。

 3.内面化のプロセス

 内面化は、行動の背景となる価値観が習得されたため、強制力もモデルもなしに行動が継続される現象である。
 一つには 「認知的不協和」のプロセスとして、組織内で不協和(異なる意見)を小さくしよう、とする努力が働くことによる。
 二つには 「選択的情報接触」のプロセスで、自分や組織に有利な情報だけを選択することによる。
 顕正会ではこうして「浅井先生絶対」が内面化され、ノルマ未達の際は「浅井先生に申し訳ない」という心情に駆られる。

 4.脳機能の損傷

 脳科学の知見では、強烈な精神的支配(ストレス)を受け続けると、海馬や大脳新皮質に損傷を生じることが、ラットの実験等で検証されている。
 アルコールや薬物やギャンブル等の依存症でも、同様に脳機能の損傷がみられる。
 顕正会員は、「浅井昭衛依存症」で脳の正常な判断機能が、物理的に損なわれている可能性がある。
 だから「6千万で御生骨が光を発する」などという、荒唐無稽な妄想を容易に受け入れてしまう。
 「本尊偽造問題」にしても薄々は「変だ」と感じつつ、自ら意識下に閉じ込め問題を隠蔽する。そうしなければ、自身のこれまでの人生の否定につながるし、幹部としての立場が保てない。
 
 顕正会員諸氏には自分が今、上記のどの<段階>なのか自ら見つめ直す時期が、来ているはずである。
 もはや、「無二の師匠」に残された時間は、きわめて少ないのだから。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« 基礎教学書の広告   
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-27 18:49:56
大物ヤクザ池田大作さんは2012年になくなった説がありますが、大企業創価学会はカリスマなくとも組織力が既にあった
浅井商店はカリスマが詐欺師の小粒なチンピラでしかないから、潰れるね?
 
 
 
広&小 (織田&徳川)
2016-10-28 06:52:21
顕正会の事についてぜひ一度会ってお話をしたいのですが…
よろしければ、返信お待ちしております。
 
 
 
RE:広&小 (櫻川 忠)
2016-10-28 14:37:28
 織田&徳川 様、櫻川です。

 メールで委細を、お知らせ下さい。
 アドレスは、次の通りです。

 tadashi@sakuragawa.qee.jp 
 
 
 
疑心暗鬼で同体異心 (元婦人部)
2016-10-28 23:56:59
浅井長女の浅井昌子さんと結婚されてた小峰勝彦さんは何処へ行かれたのでしょう?
長男浅井克衞さんや村松元住職さん同様、粛清ポアされたのでしょうか?
粛清ポアによる方向不明者多数。箝口令が敷かれているから、浅井さん死去の暁まで謎は解けないのでしょうか?
本部や会館職員や大幹部は、インターネットをみて真実を知るべきです。
 
 
 
疑心暗鬼で同体異心 (元婦人部)
2016-10-28 23:57:00
浅井長女の浅井昌子さんと結婚されてた小峰勝彦さんは何処へ行かれたのでしょう?
長男浅井克衞さんや村松元住職さん同様、粛清ポアされたのでしょうか?
粛清ポアによる方向不明者多数。箝口令が敷かれているから、浅井さん死去の暁まで謎は解けないのでしょうか?
本部や会館職員や大幹部は、インターネットをみて真実を知るべきです。
 
 
 
邪教顕正会は、大宮から出ていけ‼ (大宮大好き)
2016-11-01 22:28:46
邪教顕正会は、大宮から出ていけ‼

邪教顕正会は、大宮から出ていけ‼

邪教顕正会は、大宮から出ていけ‼
 
 
 
浅井会長に質問です (浅井会長に質問です)
2016-11-11 06:29:32
法華講へ移ると何故除名になるのですか?
学会だとどうなりますか?
キリスト教だとどうなりますか?
身延山だとどうなりますか?


学会員を救う正義の戦いは何故おこされたのですか?
法華講員を救う正義の戦いは何故おこされないのですか?
 
 
 
「斬る」読了の感想 (函南spring)
2016-12-11 13:01:23
これほど面白い本と出会ったのは久しぶりです。
データを集め→並べ→データ個々の意味を考え→相互関係から判断する→総合した結論を出す。
いかにも理系出身らしい手法で見事です。個々の判断もほぼ適正と思います。

特に"昭和49年事件の持つ意味""戸田路線の後継者"は参考になりました。
 
 
 
Unknown (末端会員)
2017-01-08 23:09:54
迷走しきってる顕正会。
この先ゆく先には何もないと思う。
ブログ主様は浅井先生の性格や人間性をよく御存知ですか?
先生はそんなに悪い人には思えないのですが、
本当はどんな方なのか教えて欲しいです。
宗門も自身を綺麗に取り繕う。
先生は人格の問題もあるのかもしれないが、運が悪かったのかとも。
 
 
 
末端会員さまへ (かろうじて現役)
2017-01-30 00:25:44
会長という立場にありながら御書を切り文にして都合のよい話だけをする大嘘つきが、
人格に問題があるだけで、運が悪いだけ、悪い人でないという評価になりますか?

浅井会長の数々のペテンを直視しましょう?
悪人の癖に正義を口にし、いい人そうに装うことが出来るサイコパス=詐欺師が、真面目な会員を騙しているのだとしたら、どうしますか?

樋田さんのYouTubeで、顕正会員との対決などを見て、もうもうがっかりしました。

法華講がどうのでなく、浅井は大嘘つきだということで十分目が覚めました。

アンチblogの検索を今のうち多くの会員によびかけましょう?せめてもの慈悲です。

そして、われわれも脱会を急ぎましょう!
 
 
 
なんなんでしょう?あの教祖さんは? (カルト被害者)
2017-03-05 20:06:07
婦人部の集まりでA井昌子氏は離婚理由を介護と説明したようですが、元夫君のK峰勝彦元編集は立派な不動産屋さんで活躍されているようです。
邪教顕正会はいらないの書き込みをみて検索してみました。
お元気そうで安心しました。

教祖はどうして人を不幸にするのでしょう?
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。