剱正ひろば

こども達のえがおをいっぱいもらいました。今日はどんなえがおかな?

幼稚園の花まつり

2017年05月02日 | 行事

 新緑の美しい5月、幼稚園では「花まつり」の行事を行いました。お釈迦様に関する仏教行事には降誕会・成道会・涅槃会の3つがありますが、中でも花まつりは一番知られています。お釈迦様は生まれてすぐに7歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言われたと伝えられています。人の命はとても尊いもので一つしかない、かけがえのないものです、と言う意味があります。仏教保育の「生命尊重」の考えはここから始まるのです。花で飾られた花御堂の真ん中に右手を上に、左手を下にしたお釈迦様がみえて、その誕生仏に甘茶をかけます。今日は年長組の園児が誕生仏の周りで「礼讃舞」を舞って蓮華を散らしました。園児の歌う「はなまつり」の歌声はとても清らかで澄んでいました。先生達がOHPを使ってお釈迦様のお話を分かりやすく演じました。エレクトーンのBGMが映像をより美しくしていました。             こうして保護者の方と一緒に甘茶をかけたり味わったりして、みんなでお釈迦様のお誕生をお祝いしました。また、5月14日より少し早い「母の日」のお祝いもしました。「お母さんありがとう。いつまでも元気でいて下さいね、これからもよろしくお願いします!」と園児から元気いっぱいの声で感謝の気持ちを伝えました。本日はゴールデンウィーク中にも拘わらず、100%近くご出席頂き有難うございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝こどもの日 | トップ | 園児が植えたもの »
最近の画像もっと見る

行事」カテゴリの最新記事