さくら日記

日記です。あとボケ防止です。

「五次元ライトボディ化に向かうあなたへ」

2017-09-13 08:28:44 | book


お疲れ様です。
今日はお借りした本です。
2015年の本ですね
いろんな神様、宇宙からのメッセージです。
その当時の予言も載ってます。

まずは、タイトルに書いてある
ライトボディって?を検索してみると
「周波数の違う見えない身体」のことをいうそうです。
見えなので、これが活性化すると
いろいろな事が理解できるようです。

私たちの感じ取る能力では
なかなか理解するのは難しいかもしれません
なので、真実かいなかを
判断することはできませんが
この本の内容を通してのメッセージは
人として生活するうえで当然
大切にすべきことが書かれていました。

その中の一つ、あとがきより一文を
メモっておいきたいと思います。

--------------------------------------
自然という偉大な先生をお手本とすれば
そこに行き詰まった我々の文明を救う
隠されているヒントがあるように思います
人間は自然の一部であり、共存共栄の中にこそ
救いがあることに。
--------------------------------------

毎日の生活に流されていますが
たまに、山に登ったりすると
言葉ではなかなか表現できませんが
何かよかったって感じがあります。
それが、自然からの大切なメッセージ
かもしれないなあ
なんて、この本を読みながら感じました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恐山」の続き

2017-02-21 08:40:28 | book


お疲れ様でうす。

今日は先日読んだ本
「恐山」の続きです。

本はもう返却してしまったのですが
ちょこっとメモった事を書いておこうと思います。

「なぜ人は死者の供養なんてことを考えるのか」

引用です。

「死者を想うと、どこか懐かしい感情が喚起される
でしょう。それは欠落したものが死者を前にして
一瞬埋まる、感じたために生じるものではないでしょうか?
私たちは生きている他者の前に立つとき、
彼らからなるべく多くのものを得たいと
思うでしょう。このとき、死活的なそれは
物などではありません。
それは好意であり
愛情であり、優しさであり、共感だあり、
尊敬であり、結局のところは、
他者から自己の存在をみとめられることです。
欠落を埋めるものとはそれなのです。

忘れられない死者とは、かつてそれを
私たちに与えた人です。

自己とは自己そのものによって
立ち上がるものではない。
それは他者によって課せられているものである。
それは名前を付けることから始まり、
誰かの子にとなり、だれかの兄弟姉妹になり、
誰かの生徒になり、だれかの友人になり、
部下になり、夫や妻になり・・・」

考えてみると
他からみとめられたい
と思うきもちは大きいです。
認められるとメッチャうれしい

でも、それがなくなってしまうと
それを埋めることができません。
すごく苦しい
なので、これを死者にあづかって
もらうってことなんでしょうか?
難しいです。

今日の金沢は雪模様、
写真は先日の晴れた日のものです
家の向かいにある梅の木でしょうか
待ち遠しいです。春よ来い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「怒らないこと」

2017-02-19 08:32:13 | book


お疲れ様です。
今日は「怒らないこと」です。

「怒り」が生まれると「喜び」を失う
といわれるとどうでしょうか?
私的には納得です。
怒っている時に喜ぶことはできませんからね

そして、「喜び」って凄く幸せな気分にみたされる
感情だと思います。

だったら「怒り」がなければ「怒らなければ」
凄くグットな人生ですね

ですが、「怒ってしまうのです」

この本では
怒りとな何かを分析し
怒りが幸福を壊すことを認識
怒らない人とはどんな感じか
そして、怒りの治め方を紹介しています。

怒りが発生したら
まず、怒りが発生した事を気づくことが第一歩
そして怒りを我慢したり抑えたり
発散したりせずにこれを観察する
これが極意みたいです。

怒っている時に冷静に観察することは
メッチャ難しいです。
ですが、幸福な人生を送りたいならい
やるべきだと感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恐山」

2017-02-15 09:53:05 | book


お疲れ様です。
今日は最近図書館で借りてきた本です。
「南直哉」さんの「恐山」です。
南さんは福井県の永平寺で修行されて
今は恐山の住職をされているそです。

恐山というと、行ったことは
ありませんが、イメージありますよね
日常とは全然ちがう場所で
死者と出会える場所って感じでしょうか?
ちょっと怖い感じです。

その、ちょっと怖い感じの場所に
ちょっと興味が沸いて読んでみましたが
内容がメッチャ深い感じです。
目をそむけたくなる「死」について
向き合って書かれたものでした。

まだ、途中なのですが、
気になったところを書き留めて
おこうと思います。

まずは、仏教の教えです。
家は浄土真宗なので仏教です。
ですが、どんな教えかは全然理解してません。
お葬式でお経を読んで・・・
ってことくらいです。
あらためで考えてみると
ちょっとまずい感じもしきました。

で、この本によれば仏教は
死んだ後の天国とか地獄の話ではなく
「必ずしも簡単とは言えない人生を
最後まで勇気を持って生きるには
どうするか」についての教えなんだそうです。

このご時世、経済問題やらうつ病の話やら
いろいろと厳しい時代です。
この教えを学ぶことで、
もしかしたら、幸せな生活を送る
ヒントがあるのかなって感じました。
ですが、この本は仏教の解説書では
ありません、テーマは死、死者のようです。

続けて、読み進めると
恐山にはいろいろな悩み苦しみを
抱えた人々がいらっしゃるそうですが
そこのトラブルの根本にあること
と考えられるのが

「あなたが何もできなくても
何の価値がなくても
そこにあたなが
今いてくれるだけで
うれしい」です。

私も経験あります。
母親ですね。
言葉で聞いたわけではありませんが
たぶん、そうなんだろうと確信してます。

問題をかかえる根本として
こんな愛情と接した経験が無い
ことがあるようです。

自分的には経験としては
わからないですが、
大切な感情であり、大切な繋がり
だと感じます。

まだまだ、続いてますが
今日は書きすぎなので
続きは、次回にしたいと思います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自分を操る超集中力」

2017-02-09 12:54:39 | book


お疲れ様です。
先日の録音会で
「いつも本番で演奏中に雑念が入って
ほんと自分って集中力がないわ・・・」
って愚痴ってたら
友人が貸してくれました。
「自分を操る超集中力」です。

「DaiGO」って少し偏見もあったのですが
読みすすめていると
なかなか、なるほどって感じることが
満載です。

私的に要約すると

集中力が湧き出す源は
前頭葉のウィルパワーで
額から2から3センチ奥のところに
ある部分なんだそうです。

これを上手に使うことで
集中力を高めます。

「判断をしない」「姿勢を正す」
が大切なポイントではないかと
感じました。

そして、本には
場所、姿勢、食事、感情、習慣
運動、瞑想、睡眠などなど
の側面からどうすれば
集中力を高めることができるかを
を解説してます。

なるほどって
感じることが沢山ありました。
後は実践なのですが
これが、難しそうです。
ですが、気を付けてみたいと思います。

それと橋本さんとDaiGOが議論している
のがあったので貼ってみました。
2番目に登場します。

橋下×羽鳥の番組 【橋下徹に物申したい男たちが集結!新しいコメンテーターを発掘する新企画「論客面談」】20170123
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「女子の武士道」

2016-07-22 20:39:30 | book


お疲れ様です。
今日は、また図書館で借りた本です。
「女子の武士道」です。
私は男性なのですが、
なんとなく手に取って見てたら
忘れてた事が書いてあったので
借りてしまあいました。

「武士」と聞くと
「質実剛健」とか「清廉潔白」
という言葉が浮かんでくるのですが

ニュースを見ても
自分の気持ちに聞いてみても
今の世の中では、この言葉は
重要視されていない
ような気がします。

どっちかというと、「お金」とか
目の前の事ばかり、
意識が行ってしまいます。
なさけなや

ちなみに意味は
----------------------------------
質実剛健とは。
中身が充実して飾り気がなく、
心身ともに強くたくましいさま。

清廉潔白とは。
心が清くて私欲がなく、
後ろ暗いことのまったくないさま。
----------------------------------
です。

で、この本なんですが、
ばあちゃんからのメッセージだそうです。
目次に書いてあった言葉
ちょこっと紹介します。

・目に見えるものに振り回されぬよう
心の目を開きなさい。

とか

・人たび手掛けたことは
すべての責任を負うつもりでなさい

とか

・お金も物もこの世での借り物と
思えばよろしい

とか
あと、はっと思ったのが

・かわいそうだと思った瞬間
その子はかわいそうになる

とかいろいろあります。
そして、

・強くなるほと穏やかになる

これは、そうだなあっ
て思いました。

あと浮気については

・相手をいたずらに責めず
闘わずして勝のです。

だそうです。

今の時代の感覚とは
違うと感じる部分もあると
思いますが、
大切なメッセージも、いっぱい書いてあると
思います。今日は本紹介でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「声音」

2016-07-13 22:48:37 | book

お疲れ様です。
タイトルなんですが、
「こわね」って読むそうです。
読めなかったです。

今日は最近借りてきた本です。
楽器好き、ギター好きの人にオススメ!
「僕らが作ったギターの名器」って本です。
作者は「椎野秀聰」さんです。

本の表紙をめくったら、
その名器、「HS.Anderson HS-1 Mad Cat」
の写真が載ってます。
どんな音なんでしょう!
メッチャ興味深々です。


本の中には、ギター選びに方に
についても出てました。

「ブランド、スペック、値段などの事前の知識
を一度、取っ払って、素直に楽器と向き合うこと
そして、聞こえてくる「声」を感じ取り、
その「声音」に心がときめくのなら
貴方にとって大切な楽器と呼んでいいと思う。」

素直に向き合って声を聞く
わかるんだけど、いろんな情報で
すでに自分のイメージが出来上がっていて
本当時大切な部分をすっかり忘れていました。

またまた、反省させられました。
参りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Mitakuye Oyasin」

2016-07-08 08:26:49 | book


お疲れ様です。
今日は夜勤なので、もう書いてます。
首のヘルニアで月一回ぐらい
東洋医学の先生に診てもらってるんですが、
その病院の壁に、
ボケ防止について書いた紙が貼ってあり
その項目の一つに
「日記を書くこと」がありました。
最近、やたらと書いてますが
これが、きかっけです。

で、ちょこちょこ書くとなると
話題探しが結構大変ですね
これは、頭を使うので
ボケ防止になりそうです。

こんなのに、付き合ってもらって
申し訳ないです。

今日は2000年頃に
はまっていた
インディアンのメッセージです。
思い出そうと思って本を借りてきました。

読むと思い出しますね!
ほんとに、日々の生活で忘れていたことを
思い出させてくれます。

グッドメッセージをご紹介します。

===========================
★「Mitakuye Oyasin」です。
===========================

どんな発音かは?ですが、
カタカナでは「ミタケオアシン」です。

意味は
「地球は一つの生命体で、そこに生きる生き物は、
草木も動物も人間もすべてかかわりあっている」
って意味です。

自分ひとりでは、成り立たないことを
頭では、わかっているつもりなのに
つい、わがままがどうしても出てしまいます。

ちょっと余裕をもって
大きな気持ちでいられるように
気をつけてみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「写真ノ方法」

2016-07-01 21:09:58 | book


お疲れ様です。
今日の金沢、めちゃめちゃ蒸し暑いです。
もう7月、北陸の夏がやって来た感じです。

今日は今読んでる本です。
ブログにも写真を載せているので
ちょっとでも上手に撮りたいなっ
と思い、図書館で借りてきました。

まだ、途中までしか読んでないので
この本の意図することと
違っていたら、すいません。

今のところ以下のような感想です。
----------------------------------------
「写真」ってなんでも写ってしまうようです。
景色だけでなく、内面までも。
それを隠すのが、撮影のいろんなテクニック。
やはり、写真でも音楽でもなんでも、
その人があらわれてしまうんですねっ

正直に自分をさらけ出すのか
それとも、自身がないので
希望の自分をテクニックで表現するか
このあたりがポイントなのでしょうか?
----------------------------------------

またもや、勝手に妄想が膨らんでいますが、
撮った「写真」には
自分の何かが映し出されている
とおもったら、
「写真」の見方が変わってきました。
なんだか、面白そうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加