KENSEI みえの会

会員間の連絡用ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

句会の楽しさ

2017-04-04 09:52:05 | 健生新春句会

健康生きがいづくり三重の会(健生みえの会)は2011年にはじまりました。

厚生省の肝いりでずいぶん前から、高齢者の「ピンピンコロリ」をすすめる

施策の一環として、会員養成をして、各県に立ち上がりました。

三重県でも、県内の会員が北から南から寄ってきました。

いま健生みえの会は、20人ほどでゆっくりと細々と活動をつづけています。

それぞれの地で通所施設をやったり、地域活動をしたり、一人ひとり

めいめい、その人らしく、その地で暮らしややれる活動をしています。

80歳から50歳まで、老老男女です。

元気な人も、病院の入退院を繰り返している人など病身の人も

います。

月1回の寄り合いと行楽や社会勉強、それに年何回かの句会です。

もう5年目になりますか。

句会にはいつも多くの会員が寄ってきます。

きっと楽しいからでしょう。

 

昨年12月初めから2月いっぱい、入院していました。

4月の句会は、久しぶりの参加です。

仲間に会うのは、おっぱずかしいという気持ちがありました。

妻とともに会場に入ったら、とても当たり前のように、「この席は

どうかな」といざなってくれました。ああ、受け入れてもらったと

思いました。

句会はいつも、白熱して2時間ぐらいの寄り合いになります。

一人ひとりは3句投稿します。投句者の名前は伏せておきます。

各人は全員の句から、5句選び、一番いいと思った句を「天」とつけます。

選んだ句にそれぞれ、どこが好かった発表します。

それが終わったら「この句はどなた?」と進行の伊藤敏子さんが投げ

かけます。

投句した人は、それが詠われた背景や気持ちなど、吐露することが

多いです。

他者の捉えたものと、本人が思ったことが、そこで響き合ったり、

「なあんだ、それは聴かなきゃよかった」とがっかりしたりします。

それが、楽しいのです。

ここんとこに、俳句を通して人と人の気持ちの交歓や、詠われた四季

のことどもの各人の捉えた言葉の間の交響楽が生まれてくるように

感じます。

とても豊かな気持ちになります。

こんな句会でいいのかどうか、分かりません。こんな具合です。


その日、こんな大勢の人と2時間もいっしょに過ごせるかなと

心配でしたが、最後まで、ともにいることができました。

 

わが句会、今回で19回です。

句の出来不出来をあまりテーマにしていないと思ってきました。

それでも、余川さんとか、人知れず俳句に磨きをかけてるなあと

見える人もいます。

いくら、遊びといっても、自分の深奥にあるものを五七五で

表現したいという欲求は、どうも誰にでもあるような気がします。

現れてくるもの、言葉がつたなくとも。

この句会では選から漏れた句もそれぞれの感想を出し合うと、

意外に光るものに出会ったりします。

この時間も楽しいです。

 

今回の句会、3点句以上を紹介して、会の空気をちょっぴり。

 

  冬隣り真人の語る酒さみし         敏正

  みちくさの言い訳考え春の宵        亜子

  梅散るを掃きて小さき命待つ        照子

  江戸の雛幸願いつつ時を越え        康子

  福は内頼みの手術終えて今         小浪

  うもれ韮友を想いて草を引く        大平

  菜の花や風の温みを招きよせ        余川

  かんざしを色とりどりに枝垂れ梅      康子

  ブランコの並ぶ揺れ幅恋の距離       亜子

  里に寄りあだ名呼び合う蕨狩        余川

  ただいまと大きな声で春を呼ぶ       大平

 

 

 

 

句会の感想から少し外れます。

翌日の午前、NHKEテレ「こんなはずじゃなかった  在宅医療

ベットからの問いかけ」を録画でみました。

健生みえの会の会員でもある、中井さんが紹介してくれました。

中井さんは、「理想の暮らしを語る会」の世話人の一人です。

老いとは、老い生き方、人としてどんな最期を迎えるか、など

テーマで探究し、地域の人たちと話し合いをしています。



早川光一さん。今93歳。戦後、京都で診療所をはじめて以来70年、

在宅医療の草分けとして「畳の上で大往生を」と実践してきました。

その早川さん、何年か前、骨髄性のガンが見つかり、自分が

在宅医療の患者になってしまいました。

医者である前に人間になったとも言えるのかな。

早川翁は語ります。

「畳の上には天国があると説いてきました。実際、自分がその身

になってみると、天国だけじゃない地獄もあるんだ」

早川翁は「死ぬのが怖い」と言いました。

「夜が怖い。病気になって、はじめて分かった」

「眠れないときは、人恋しくなる」

この気持ち、ひしひし響いてきました。

ぼくも、不整脈が絶え間なく起こり、止まらなくなるかもしれないと

不安のなか病院で眠れぬ夜、過ごしました。


「理想の暮らしを語る会」では、どんな死に方があるか、できるか

と語り合うときもありました。

いまから思うと、どこか他人ごとの感がありました。



早川翁は、今、在宅医療の体制も整いつつあると言いました。

ただ、自身見舞われていることから、「何か大切な何かを置き

去りにしているのではないか」とも自問していました。

ある時期から、医療を「総合人間学」というところから、

見直していきたいと描くようになったといいます。

自身の置かれた立場で、それはまだまだ、見えてこないと

いいます。


命が危なくなったとき、病院で治療を受けるか、在宅でやるかと

医師に問われ、答えが出ない早川さんがいました。


番組の最後に、早川さん語っていました。

「生きていくしんどさを噛みしめて、じっと見てくださる人たちと

もう一度,すばらしい人生だったと一緒に歩くしかない。・・・・

いっしょに泣こう、いっしょに語ろう、いっしょに悩もう。

医者は、最期の人を楽にしてやれることはできるが、治せないです

から」

自分という囲いから開放された世界が見えるように思いました。


句会の感想のつづきで、なんでこんな感想を書いたんだろう。

人と寄り合えて、語り合えるのは楽しい。生きていてよかった

とも思うことが多いです。

その楽しさが、ぼくのどこから発露してきてるのか、ふと振り返る

ことがあります。

 

楽しむときは、楽しむのがいいと思っています。

老い、死についても、悲しみも寂しさも、ありのままに、

楽しく語り合えたらいいなあと思いました。

句会もそんな機会なんかなあ。

今回はここまでで。

 


 





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

梅まつり

2017-03-31 10:20:32 | 健生みえの会便り

この日はとても暖かな一日になり、員弁と言えどもポカポカした梅見日よりでした。

雪山をバックの梅の花は珍しいのか、カメラを向ける人であふれていました。長く三重に住んでいても見たことのない景色です。

三重は広いですねー!北国の春の素敵さを感じました。


梅も満開、梅祭りだったので、名物お蕎麦を頂き、お腹も眼も、心も満腹でした。


写真は、近くに居た写真家みたいな方に頼んだので、なかなか良いアングルで撮れてますが、残念ながら郡山さんが半身になっていました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アクションデイ いなべ市の梅まつり満開  

2017-03-28 12:53:36 | 健生みえの会便り

3月25日 健生みえの会 アクションデイ

今回は 三重県の最北いなべ市の梅まつり


当日は暖かな日差しに恵まれ風もなく 鈴鹿から4人いなべから2人の参加

世間はそろそろ桜の便りですが・・ここ いなべではまだまだ梅が満開です


広々とした梅の谷いっぱいに 白梅 紅梅 しだれ梅・・・その美しさと香り

遠くへ目をやれば 藤原岳の山並みには 真っ白に雪が残っていて 

続く空は青くひろいひろい・・・・山の中なればこその眺め  来てよかった

いっぱいの人出でしたが  みなその美しさを味わっていらしたのか 

思ったより騒がしくもなく 静かに美しさを味わっている風情


昼食は地元食材の店として知られている レストランフラールが出店の いなべそば

マスターが『今朝掘ったんだよ』というタケノコがのって 黄色も鮮やか お腹にも春がきた!


午後は農業公園のパークゴルフ

6人が二組にわかれてのプレイ・・・・途中・・ホールインワン っというので大騒ぎ

郡山さんが隣のホールにホールインワンしたという・・・さすが  オチがいいねえ・・・・ コロン!!

まさに野に遊ぶ・・・・・って 楽しいですね。若返った気分です^0^  (野遊びは春の季語)


5月には 牡丹祭りも予定されているとの情報もあり

それも見たいね  またパークゴルフもやろうね   と 大いに盛り上がり 

次回は 4月1日の 総会と句会でお目にかかりましょう  となりました。


余談

道中の道の端に 草取りのおばあちゃんや 自転車に乗って今にもこぎ出そうとしているおじいちゃんを発見

郡山さん『ちょっと道を聞こうか・・』   と思ったそうですが

あれは 地元の方の手作りの人形さんたちなのです。

いなべで 秋に開催されるの自転車レースの沿道の応援隊 秋はもっといっぱい出動していましたよ

服装や帽子 手に持つ小道具なども・・地元で使っているもの 表情豊かにお化粧してもらったり・・・

雨がふれば 家に取り込み 風が吹けば支えを足したりと・・・愛情たっぷりに注がれているのだそうです。

心がほんわかしますよね。

             みなさん いなべ市へ いらっしゃあ~~い     敏正 敏子






 


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

'17年 新年会

2017-01-15 20:57:21 | 健生みえの会便り


健生みえの会新年会(20171月14日)

 

三日ほど前から三重にも大雪警報が出た。

全国的な寒波、大雪になるらしい。

実はこの時点で「いなべ」からの参加は難しそうと、

大荒れを予想されている天気に是非裏切ってほしいと

思っていた。


当日「いなべ」の伊藤さんに電話をしてみた。

鈴鹿市ではまだ雪は降っていない。

しかし「いなべ」では・・・

やはり雪は降っていた、参加はかなわない。

 

中井宅には10人が集まった。

郡山さん、余川さん、中井夫妻、森原夫妻、辻屋夫妻、大平夫妻

 

テーブルには土鍋が2つガスコンロに用意されている。

実はこのメニュー

「新年会は鍋でどうですか?

つみ入れ鍋、デザート、そしてお寿司でもどうかな、

いつものお弁当とは気分が変わって

新年会らしくなるかな?」と

中井佳子さんからのメールが届いていたのです。

新年会を大事に思ってくれる、より演出しようとの気持ちが

伝わってきた。新しい年の始まりだからね。

 

郡山さん持参の「宮の雪」で

乾杯!

  

一度、二度、三度の乾杯!

早速お寿司、鍋に箸がむく。

新年を夫々が味わっている。

新たな節目となるような気配りに感謝しつつ・・・


自然と、参加出来なかったひとの様子が話題となった。

顔見知りだけでない、近い間柄 なのかな。


宮地さん名古屋の病院へ移ってどうかな? 元気らしいよ!

経過はどうかな? 

落ち着けたかな?

そうこうやっているうちに、ラインが届いた。

「無事手術も終え

少しづつ、描けていけるかな?」

と写真つきで 奥様から。


伊藤八重子様は 年賀状の様子から元気そう。


足利友紀ちゃんどうしてるかな。 登山してるかも。


橋元慶男さん 忙しそうだ。


スイーツ大好きの敏正さんに三種類を

余川氏からお饅頭の差し入れも

  

奥様には竹鶴を!

夫々に用意していた?。

ほんとに残念だね。


「 時間差(夫妻からの)メールです。

中井佳子さんが私のため?に作っていただいた

三種類のスイーツをいただけなくて残念でした。

今日一日雪は降り続いていて大変です。

宮地さん、再入院されたとのこと、

元気そうな写真も送っていただき

少し安心しました。   敏正


マッサンの竹鶴!!いただきたかったですう( ^ω^) 

羨ましいですね・・・外はからからで・・雪の気配もなく

家の中は ごちそうと仲間がいっぱいで・・・いいなあ

こちら 外は 絶え間なく降り続き・・

植木も 狸やフクロウも すっかり雪の布団を冠って

どこにあるのかわかりません。

寒いし いきたいところにもいかれないし

ドタキャンばっかりで・・・

・・でもたった一つ 居ながらにして真っ白な雪景色

になっていくのを眺めることができます。

降りたての白さは格別美しいので・・・まあ住めば都に

なっていくかなあ・・・負け惜しみかな・・

宮地さんと小浪さんの笑顔をみせてもらい

安心しました。

寒いのでゆっくりお風呂に入って

早く寝ます  夢は雪遊びかなあ  

 敏子 」


お寿司、つみ入れ鍋 美味しく頂きました。

スイーツも全部

頂きました。


夫々の人が

今年は どんな年にするのだろうか。

健生みえの会も

どんな年にしようか

この月で温めて 

酉のように 高く遠く 

はばたいて・・・

いきたい。

 

(写真:中井) (記:大平)











 







 



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一足早い忘年会

2016-12-04 18:00:04 | 健生みえの会便り

2016年11月27~28日

志摩市大王町船越の上野さん紹介の保養所にて、

一足早い忘年会を行なった。

参加者は伊藤夫妻、辻屋夫妻、大平夫妻、

余川さん、郡山さん、栗屋さん、地元の上野さん。

何故この時期になったのかというと、

かっては1月の新年会だつたのだが、

伊藤夫妻が天候次第で参加出来ないことがあり、

それでは残念ということで、時期を早めての忘年会である。

しかも志摩荘は料理もいいし風光明媚でもある。

 

この忘年会は、三重健生恒例の句会から始まった。

第18回岩魚句会は、飲み人は上野さん持参の奉納酒を味わいながら、

お茶の人はお菓子やみかんを頂きながら

伊藤敏子さん進行で始まった。

今回は投句も含め36句。一人5選で、うち天をひとつ選ぶ。

宮地さんは体調すぐれず投句のみとなった、鈴木さんもおなじである。

 この岩魚句会は、健康生きがいづくり三重の会の

アクションデイとして平成24年6月に伊藤宅で

第一回を初めとして続いている。

今回で18回をかぞえるが、何故か寄りたくなる、

親しみ湧く空気が醸成されているのだろう。

自分の気づきや感動を句に託して発表でき、

しかも受け取ってくれる人がいる、人と人の繋がる奥深さ ここにあり…。

 

景色を切り取った迫力ある句に、

その映像を実際に見たくなったり、

音を聴きたくなったりした。

また孫の愛しさを表現したものも多々あり、共感した

今回も有意義な時間を持てた。

 

会食ではそれぞれ隣り合った人同士で

交流が深まったようである。

健生全国大会のスッタフとして参加した人もいて、

これからの三重健生についても

語り合えたようである。

料理は志摩ならではのご馳走に一同舌鼓

      

 

 程よくカラオケ準備  OK

栗(屋)ちゃんはカラオケ部長の異名をもつ。

シニアを超えた今流行りの歌を披露、

余川氏は衰えたと言いながらも、なかなかの美声で、声量もかなりのものだ。 

辻屋夫妻はレパートリーも広く場に慣れている。

伊藤夫妻は高得点を狙って練習に通ったらしい。

大平夫妻は皆と合唱、

上野さん、<これから音頭>をみんなが覚えて欲しいと言いながら歌い、

これは健生の歌にしようと、みんなも納得だ。

そして高校3年生、学生時代を歌い、ちょっとホロリときた。

 

翌日は、志摩荘の方のお薦めもあり「横山展望台」へ向かう。

ご存知のように風光明媚のポイントとでも言おうか

志摩地方の全方向の展望が可能だった。

みごとなリアス式海岸で、主要先進国首脳を魅了した美しい眺望だ。

ここをバックに辻屋さんがシャッターを切った。

     

 

一路松阪へ向かう。 

伊藤氏お薦めで、伊勢本街道と松阪城址へやってきた。

あまりにも立派な石垣にビックリ!勾配のきつい石組に圧倒された。

そのカーブの美しいこと!いにしえの石工の技に驚き、

その技は受け継がれているのだろうか、との思いを巡らせてみるのも楽しかった。 

 

資料館や本居宣長記念館は休館、残念。

槙垣と石畳が残る御城番屋敷の長屋を散策し食事へ。

郡山氏は風邪気味で車の中で可哀想に食事なし。ちょっと熱っぽそうだ。

 

康子さんが若き頃訪れたという店を発見し、

皆で焼きそば、ラーメンを食べた。

実はこの店はテレビで放映されたらしく、

敏正さんがみていて一度食べてみたかったという。

さぞ康子さんは40年?振りに来店し感慨ぶかいものがあっただろう。

 

郡山さんの風邪の具合を気にかけつつ帰路についた。

伊藤夫妻は引き続き伊勢本街道を散策。

   (写真:辻屋) (記:大平)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加