天声人碁

剣正28号が「囲碁」を中心に雑感、独り言を随時書き込みしていきます。
画像をクリックすると拡大されます。

囲碁書籍「勝ちきる頭脳/井山裕太」

2017-03-20 20:30:00 | 本と雑誌

◆書籍紹介
 ・書籍名:「勝ちきる頭脳」
 ・発行所:幻冬舎
 ・著者:井山裕太
 ・発行年月:2017年2月
◆内容紹介
リスクを背負ってこそ勝利は掴める。常識外と言われようが自分の最善を信じ抜く。七冠同時制覇の最強囲碁棋士が初めて明かす思考法。

     ○ ● ○

いろいろな分野で著名人の成功体験をつづった本がありますが、あまり好きにはなれませんね。何か自慢しているようで・・・。
本書も井山さんの成功体験が多くを占めていますが、棋力アップの参考になればと読んでみました。

本書の中で興味を持った内容
・「最善」と「正解」の違い
囲碁の目的は「最終的に勝つこと」なので、10目勝つのも20目勝つのも「正解」で複数の答がある。
一方、最も大きな差で勝てる手段が「最善」で答えは一つしかない。ただ、最善の場合はリスクが伴う。
井山さんはリスクがあっても最善の道を選択すようにしているとのこと。プロならではか・・・。

・世界戦に燃える
中韓に押され気味の日本ですが、囲碁人口の拡大、若手プロの育成、勉強方法の変革などで中韓に追いつく。

井山さんの思考法が棋力アップにつながればと思いましたが、プロを前提のためかハードルが高い・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2016-3-20):第28期女流名人戦第3局/謝が防衛、9連覇達成!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本因坊秀策・基本を学ぼう/... | トップ | 囲碁認定100問/碁ワールド2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。