ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

(名所案内):東埔温泉/後半

2011年03月30日 | 名所案内
東埔温泉(前半に続きます)


私の大好物の『山猪』=『イノシシ』。原住民料理と言えばこれですね。

これは『オイカワ』の揚物ですね。どこの川でもいる魚です。
                  シイタケのピリ辛炒め。
                  レストランにいた犬。

食後は近くのホテルで行われていた『ブノン族のショー』を見に行きました。
                  場所はホテルのロビーです。
                  『踊り子はみなさん従業員です』
                  
『女性の踊り子』に注目が集まったのは私だけでしょうか…。

                  食後の散歩です。

平日だったせいか、観光客がほとんどいませんでした。(夜8時の様子です)


ショー見学の後は『この日2度目の温泉』です。
*******************************************************************************************
【明くる日】

まずここから始まります。《今回3度目の温泉です。》
             朝食は近所で『トーストとコーヒー』です。

帰りはここからゲストハウスまで一気に休まず戻りました。走行距離は60キロ。2時間かからない道のりでした。(ちょっと疲れましたね『たぶん温泉疲れかな』)

この一帯も以前大地震で壊滅的な打撃を受けた場所です。あれから12年、今では広大な葡萄農園と変貌しています。『日本・団結力・底力』私は日本人として信じています。
             ガンバレ!日本!
                 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里にある小学校

2011年03月29日 | 日記
本日は埔里にいくつかある公立小学校の中でもけっこう町から離れた学校を紹介します。
私が以前勤務していた私立小学校と違いとても素朴です。この日は日曜日で学校はお休みで生徒たちには会えませんでした



生徒数は教室内の机をみるとだいたい想像ができますね。
とても小さい学校ですが、周りが山や田んぼに囲まれた素晴らしい環境です。
この一帯までは自転車で行く事もできます。
私はこんな学校が大好きです。(ボランティアで日本語教えに行こうかな…)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

《7日間ミニロングステイ》・《14日間ミニロングステイ》のご案内

2011年03月28日 | 日記
埔里やその近郊には多くの名所が存在しています。「交通の便」や「現地事情」『限られた時間』を考えると短期間で回るのは難しいのが現実です。『交通の便』一つをとっても埔里には例えば『メーター式タクシー』が無く、乗車前に運転手と料金の交渉が必要です。もちろんここ埔里は観光地のため台北などとは比べものにならない程料金が高いです。料金の安い『バス』を利用したとしても、本数が少ないので要領よく一日に何箇所も回る事は難しいでしょう。
『埔里』という町は、『長期滞在の方』や『交通手段を持っている方』に適した町と言えます。

こちらのコース『7日間の宿泊+5日間の午前中観光』又は、『14日間の宿泊+10日間の午前中観光』を利用すれば効率よく名所を回ることが可能でしょう。皆様の旅が有意義なものになるよう、台湾在住15年の私(日本人)がお手伝いします。

このパックツアーは、若い方からご年配の方まで、どなたでもご利用いただけるように設定したつもりです。
台湾に長期滞在を考えている方にも、その『様子見』としてお薦めです。
ミニ・ロングステイ用のお部屋は、駅付近の≪A:天一飯店≫ゲストハウスから徒歩3分の距離にある≪B:ミニロングステイ専用宿舎≫ゲストハウス内の大部屋≪C:ドミトリー≫をご利用いただきます。
このプランに参加の‘天一飯店’・‘専用宿舎’にお泊りのお客様も、ゲストハウス3F客間を自由にご利用下さい。客間には付近の観光資料・飲み物やDVD・日本の書籍やインターネット用コンピュータが設置してありますので、自由に利用する事ができます。≫

≪備考事項:このプランには観光料金が含まれているので、ご自分で名所を回る事ができるなら、市内中心に宿が点在していますのでそちらをお薦めします。≫

***************************************
ミニ・ロングステイ
:7日間の宿泊+5日間の午前中観光
:14日間の宿泊+10日間の午前中観光

*1回の申し込みは『7日間単位』とする。(注:14日間で全行程)
*随時参加できます。(例:2日水曜日から参加し、8日火曜日までの7日間)
*参加者が4人になる都度、受付を停止します。
(乗車人数に制限があるため、午前中のツアー観光参加者は一度に最多で4人までです)

参加費用内訳
≪天一飯店使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP3万5千円≪2人で参加:同部屋二人目JP3万円≫
≪専用宿舎使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP3万円≪2人で参加:同部屋二人目JP2万円≫
≪ゲストハウス内男女別大部屋使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP2万5千円

お部屋案内
【A天一飯店・Bゲストハウス・プリ専用宿舎・Cドミトリー】の中から、ご予算によって選べます。

A:天一飯店
埔里では比較的立派な中級ホテル:
朝食付き
バスタブあり
日本語のできるスタッフがいないため、言葉があまり通じない(筆談必要)
インターネット回線あり、付設パソコン無し
自転車レンタル無し
町の中心にあるが、ゲストハウスまでは徒歩15分ほど離れている。
(午前中の観光ツアー:ゲストハウス出発)
・(1人で利用:ダブルベッドが一つのお部屋)
・(2人で利用:シングルベッドが二つのお部屋)


B:ミニロングステイ専用宿舎
朝食なし
バスタブなし
掃除・洗濯等は全て自分で行う。
広い屋上があり、自由に利用できる
インターネット回線あり、付設パソコン無し
ゲストハウスから徒歩3分ほどの距離なので随時ゲストハウスを利用できる。
(ゲストハウス3F客間:パソコン・レンタル自転車・飲み物・客間備品・旅行情報等)
・ダブルベッドが一つのお部屋
(ダブルベッド・浴室・テレビ・冷蔵庫・クーラー・インターネット用LAN・完備)


C:ゲストハウス内ドミトリー
ゲストハウス内の男女別大部屋・料金は最も安いがプライベート(自分だけの空間)があまり無い。
タオルは自分で持参。  



//////////////////////////////////////
午前中の観光コース:9時~(3時間ほどの行程です)
≪A週≫
(月曜日)Aコース:日月潭→(全て車で移動)→文武廟→湖畔の景色→水社→埔里
Bコース:日月潭→(水社から船で移動)→伊達邵→玄光寺→水社→埔里
(火曜日)*虎頭山から埔里を一望【入場料込み】 *台一農場【入場料込み】
(水曜日)*蜂蜜農場 *地母廟 *台湾黄牛(地母廟→徒歩)*18℃チョコレート工房
(木曜日)*霧社(自由散策) *観音滝
(金曜日)【この日は観光がありません】
(土曜日)【この日は観光がありません】
(日曜日)*中台禅寺+中台博物館 *パパイヤ農園 *椰子ジュース・果物
≪B週≫
(月曜日)Aコース:日月潭→(全て車で移動)→文武廟→湖畔の景色→水社→埔里
Bコース:日月潭→(水社から船で移動)→伊達邵→玄光寺→水社→埔里
(火曜日)*虎頭山から埔里を一望【入場料込み】 *鯉魚潭 *ハーブ園【入場料込み】
(水曜日)*紙の教会【入場料込み】と周囲散策(渓流) *日月潭紅茶園(茶畑)
(木曜日)*紹興酒記念館 *埔里源泉(初めて紹興酒に使われた井戸) *紙工房
(金曜日)【この日は観光がありません】
(土曜日)【この日は観光がありません】
(日曜日)*正徳大仏 *豊年キノコ農場 *媽祖廟 孔子廟

注意:観光メニューは予告なしに変更します。

ご予約・ご質問はメールにて受け付けています。kensaku39@hotmail.com

/////////////////////////////////////
金曜日・土曜日は基本的に観光がありませんので、この時間帯を利用して『廬山温泉』や『清境農場』・『集集周辺』・『温泉(数ヶ所)』・『滝(数ヶ所)』・『原住民部落(タイヤル・ブノン)』などをご自分で回られるときっと内容の深い滞在時間になると思います。行き方や知り合いを私が紹介します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい一時。

2011年03月28日 | 日記
最近ある人から『日本人や絵の好きな人が集まる場所がる』と紹介されて私もちょっと顔を出しに行って来ました。ちょっとびっくりしたのは、この場所、私のゲストハウスから徒歩3分で行ける場所でした。

『絵』を習いに来ている人や、お茶菓子を持参しておしゃべりに来ている人、通りがかりに顔を出す人、みなさん、ここへ来る目的はさまざまなようです。
『絵画』に関しては、自分で描いた作品を持ち込んで先生に直してもらったりアドバイスをいただいているそうです。最近知ったのですが、こちらの『絵の先生』、とても有名な方だったんですね。
                (芸文中心に写真がありました。)
で、こちらは、黄義永先生のアトリエです。



この洋風で古風な建物はてっきり『廃墟になった教会』か何かと思い込んでいた場所でした。とても雰囲気の良い場所です。
                 先日行われた『チャリティー・オークション』のポスターです。こちらの黄義永先生の作品も出展されました。(私には高くて手が出ませんでしたが)


毎週こちらにたくさんの人が集まって楽しい時間を過ごしています。
この日は私と宿泊中のお客さんとお邪魔していろいろご馳走になりました。
たくさんの人たちと知り合えるので、又遊びに行くつもりです。
有難う御座いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャリティー・オークション

2011年03月27日 | 日記
埔里市内で日本の震災に向けたチャリティー・オークションが行われました。



会場には多くの人が集まりました。

オークションに出展された品は、有名な画家や其の他芸術作品が主です。

画家が作品出展に際して、ゲストとして挨拶をしオークションが始まります。
最低金額は大体3万5千元(10万円)程からでした。

いろいろなゲストが出てきて、金額を吊り上げます。≪はい!4万!4万!他にもっと出せる人いませんか?≫みたいな感じで。

オークションも盛り上がり始め、暫くすると、『地母廟』の董事長が出て来ました。彼の出展した作品(すみません、写真撮りそびれました・・・)は有名な画家から高額なお金を出して買い受けたそうです。

司会者:『はい、では続きましてこちらの作品始まります!こちらの作品はすごいですよ!では、金額は・・・





100万元から!!・・・』


                     『シ~~~~~~ン・・・・(沈黙)』


一瞬会場が『冷めました・・・』。誰も手を上げません。みんな目をそむけています。

ちょっと高すぎたみたいですね。 結局この作品は買い手がつきませんでした。


続いて演奏です。今日のためにわざわざ皆さん遠くから駆けつけてくれました。



地元のみなさん、ありがとうございました。
 


このオークションは3部程に分けて行われました。かなりのお金が集まったみたいです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

近所の様子

2011年03月26日 | 日記
昨日は15ヶ国目のお客さんが宿泊に来てくれました。
≪今までに宿泊したお客さんの国籍:日本・台湾・香港・マレーシア・マカオ・シンガポール・中国・カナダ・アメリカ・ドイツ・スロバキア・インドネシア・ベトナム・モンゴル・)

で昨日まで二連泊の’韓国人’女性です。
何カ国まで増えるか楽しみです(笑)。(何か『あいのり』みたいだな・・・)



蓮華です。蓮の花は夜咲くんでしたっけ?今度夜見に行ってみます。

昼間とてもよい香りが漂っていたので足を止めてしまいました。近づいてみると・・・。
                     
すごい数の蜜蜂が忙しそうに働いていました。一体何と言う植物なんでしょうかね?わかる方教えてください。
                      私の大好きな風景です。(マコモダケ)


私のゲストハウスの屋上から。
                      太陽の沈む姿は雄大さを感じますね。

私のゲストハウスでは、自転車を5台まで増やしました。本日ご紹介した写真の場所は自転車で十分に回れる散歩圏です。私のように自然が好きな方にはお薦めですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/25

2011年03月25日 | 日記

時々、私のゲストハウスの一階で『1個10元の寿司』を売っているお姉さんたちと簡単なものを作っていっしょに晩御飯を食べています。この日は『手作り水餃子』です。

この女性は『10元寿司』でときどきアルバイトをしています。彼女は斜め向かいにある高校の学生さんです。

茹で方には『こつ』があるようです。私は素人なので見ているだけで、『食べ』に専念です。

結局この後は『夜市』へ出陣です。

『面白いもの』を見ました。
                    すごい人だかりです。一体なんなんでしょうか?
                    なんか『ニワトリ』に話しかけています。
けっこう観客は『マジメ』な表情で注目してました。(呪文を唱えてます・・・)

『ハッ!!』とか言って奇妙な動作の後、最後はなぜか『みなさん拍手・・・』。
私は訳がわかりませんでした。なんだったんでしょう・・・。(とにかく無事終わりました)

お腹は空いてなかったのですが、せっかく夜市に来たのですから軽く食べました。

『豚のあばら骨』部分を漢方薬で煮込んだものです。小腹を満たすにはちょうど良い量ですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東埔温泉(前編に続く)

2011年03月24日 | 日記
≪東埔温泉の続きです。≫



宿にチェックイン→(ひとっ風呂)早速温泉周辺を散策です。こんな時バイクがとても便利です。


先ず、この橋を渡りました。この写真は後から撮ったものですが、けっこう危ないですね。

                     
この辺りには『台湾黒熊』がでるらしいです。日本名は『ツキノワグマ』ですね。で、ちょっと気になるものが・・・。

どうして『赤く』塗っているんですかね。謎です・・・。
                  この先には原住民の部落があると聞いて向かって見ました。
                  お茶畑もありました。
                  露天温泉もありました。
                  それにしても素晴らしい景色が続きます。
                   結局は道が無くなってしまい前に進めませんでした。
                   
この左の建物が私が泊まったホテルです。温泉は屋上にあります。
                   教会もたくさんありました。ホテルのすぐ後ろです。
                   すぐ裏山には山道が有って道端にはこんなものまで。
                   
『蜜蜂の巣』です。近所の小学生たちが育てていました。

(続く)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニロングステイ情報

2011年03月24日 | お店や施設
埔里やその近郊には多くの名所が存在しています。「交通の便」や「現地事情」『限られた時間』を考えると短期間で回るのは難しいのが現実です。『交通の便』一つをとっても埔里には例えば『メーター式タクシー』が無く、乗車前に運転手と料金の交渉が必要です。もちろんここ埔里は観光地のため台北などとは比べものにならない程料金が高いです。料金の安い『バス』を利用したとしても、本数が少ないので要領よく一日に何箇所も回る事は難しいでしょう。
『埔里』という町は、『長期滞在の方』や『交通手段を持っている方』に適した町と言えます。

こちらのコース『7日間の宿泊+5日間の午前中観光』又は、『14日間の宿泊+10日間の午前中観光』を利用すれば効率よく名所を回ることが可能でしょう。皆様の旅が有意義なものになるよう、台湾在住15年の私(日本人)がお手伝いします。

このパックツアーは、若い方からご年配の方まで、どなたでもご利用いただけるように設定したつもりです。
台湾に長期滞在を考えている方にも、その『様子見』としてお薦めです。
ミニ・ロングステイ用のお部屋は、駅付近の≪A:天一飯店≫ゲストハウスから徒歩3分の距離にある≪B:ミニロングステイ専用宿舎≫ゲストハウス内の大部屋≪C:ドミトリー≫をご利用いただきます。
このプランに参加の‘天一飯店’・‘専用宿舎’にお泊りのお客様も、ゲストハウス3F客間を自由にご利用下さい。客間には付近の観光資料・飲み物やDVD・日本の書籍やインターネット用コンピュータが設置してありますので、自由に利用する事ができます。≫

≪備考事項:このプランには観光料金が含まれているので、ご自分で名所を回る事ができるなら、市内中心に宿が点在していますのでそちらをお薦めします。≫

***************************************
ミニ・ロングステイ
:7日間の宿泊+5日間の午前中観光
:14日間の宿泊+10日間の午前中観光

*1回の申し込みは『7日間単位』とする。(注:14日間で全行程)
*随時参加できます。(例:2日水曜日から参加し、8日火曜日までの7日間)
*参加者が4人になる都度、受付を停止します。
(乗車人数に制限があるため、午前中のツアー観光参加者は一度に最多で4人までです)

参加費用内訳
≪天一飯店使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP3万5千円≪2人で参加:同部屋二人目JP3万円≫
≪専用宿舎使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP3万円≪2人で参加:同部屋二人目JP2万円≫
≪ゲストハウス内男女別大部屋使用時≫
:(7泊連泊)+(五日間の午前中観光)=JP2万5千円

お部屋案内
【A天一飯店・Bゲストハウス・プリ専用宿舎・Cドミトリー】の中から、ご予算によって選べます。

A:天一飯店
埔里では比較的立派な中級ホテル:
朝食付き
バスタブあり
日本語のできるスタッフがいないため、言葉があまり通じない(筆談必要)
インターネット回線あり、付設パソコン無し
自転車レンタル無し
町の中心にあるが、ゲストハウスまでは徒歩15分ほど離れている。
(午前中の観光ツアー:ゲストハウス出発)
・(1人で利用:ダブルベッドが一つのお部屋)
・(2人で利用:シングルベッドが二つのお部屋)


B:ミニロングステイ専用宿舎
朝食なし
バスタブなし
掃除・洗濯等は全て自分で行う。
広い屋上があり、自由に利用できる
インターネット回線あり、付設パソコン無し
ゲストハウスから徒歩3分ほどの距離なので随時ゲストハウスを利用できる。
(ゲストハウス3F客間:パソコン・レンタル自転車・飲み物・客間備品・旅行情報等)
・ダブルベッドが一つのお部屋
(ダブルベッド・浴室・テレビ・冷蔵庫・クーラー・インターネット用LAN・完備)


C:ゲストハウス内ドミトリー
ゲストハウス内の男女別大部屋・料金は最も安いがプライベート(自分だけの空間)があまり無い。
タオルは自分で持参。  



//////////////////////////////////////
午前中の観光コース:9時~(3時間ほどの行程です)
≪A週≫
(月曜日)Aコース:日月潭→(全て車で移動)→文武廟→湖畔の景色→水社→埔里
Bコース:日月潭→(水社から船で移動)→伊達邵→玄光寺→水社→埔里
(火曜日)*虎頭山から埔里を一望【入場料込み】 *台一農場【入場料込み】
(水曜日)*蜂蜜農場 *地母廟 *台湾黄牛(地母廟→徒歩)*18℃チョコレート工房
(木曜日)*霧社(自由散策) *観音滝
(金曜日)【この日は観光がありません】
(土曜日)【この日は観光がありません】
(日曜日)*中台禅寺+中台博物館 *パパイヤ農園 *椰子ジュース・果物
≪B週≫
(月曜日)Aコース:日月潭→(全て車で移動)→文武廟→湖畔の景色→水社→埔里
Bコース:日月潭→(水社から船で移動)→伊達邵→玄光寺→水社→埔里
(火曜日)*虎頭山から埔里を一望【入場料込み】 *鯉魚潭 *ハーブ園【入場料込み】
(水曜日)*紙の教会【入場料込み】と周囲散策(渓流) *日月潭紅茶園(茶畑)
(木曜日)*紹興酒記念館 *埔里源泉(初めて紹興酒に使われた井戸) *紙工房
(金曜日)【この日は観光がありません】
(土曜日)【この日は観光がありません】
(日曜日)*正徳大仏 *豊年キノコ農場 *媽祖廟 孔子廟

注意:観光メニューは予告なしに変更します。

ご予約・ご質問はメールにて受け付けています。kensaku39@hotmail.com

/////////////////////////////////////
金曜日・土曜日は基本的に観光がありませんので、この時間帯を利用して『廬山温泉』や『清境農場』・『集集周辺』・『温泉(数ヶ所)』・『滝(数ヶ所)』・『原住民部落(タイヤル・ブノン)』などをご自分で回られるときっと内容の深い滞在時間になると思います。行き方や知り合いを私が紹介しますよ。

埔里には『24時間対応可能な国立病院』や『日本語の通じる診療所』、『日本人の経営するお店』等もあります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(名所案内):【百歳を超えるライチの巨木】

2011年03月23日 | 名所案内

プリにはたくさんの『ライチ』の木が植えられていますが、この『大木』は別格です。


ここで大木の隣にテーブル発見!今度ここへ飲み物でも持ち込んでゆっくりしたいですね。
もちろんデザートは『ライチ』で(笑)。

私の行動圏には、気持ちの良い場所がたくさんあります。

場所が場所だけに地元の人でも知ってる人が少ないでしょう。
来月から始める『ミニロングステイ』では、こちらへも足を運びますよ!。

***************************************
この日、通りがかりにこちらにも寄り道しました。

採り立ての『日月潭紅茶』です。この日は特別に行程を見せてもらいました。
この後は紅茶の味、飲み比べをしました。(・台湾の原種・18号種・アッサム種)

この日のお客さんたちは本当に運が良いですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばれ日本!:世界中の人たちが応援している。

2011年03月22日 | 日記
震災後、私は本当にたくさんの友人(台湾人、外国人、日本人)から連絡を受けました。
誰もが私の家族や友人の安否を心配して連絡をくれたものでした。本当に素晴らしい仲間に恵まれている人生だとつくづく感じさせられます。


本日、桃米村と言う地域にあるペ-パードーム(紙の教会)でチャリティーイベントが行われました。
私も日本人として参加させてもらいました。ここに参加した人たちはもちろん、私が知っている状況ではほとんどここ埔里全ての人たちが今困っている日本人の事をとても心配しています。
                     役所関係も全面的に募金活動に協力しています。

                     ペーパードームに於いて10時から始まりました。
                     たくさんの人が参加してくれました。
                     
被災した人たちのために『千の風になって』を歌ってくれました。
                     
彼らの音楽は『元気を出してほしい』そんな思いを感じました。
                     すごく上手な演奏です。
                     皆の思いが込められています。
                     ペーパードームの董事長(廖嘉展さん)と。



               
              
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

(名所案内):麻油鶏

2011年03月21日 | 日記
今日は美味しいお店をご紹介します。
『麻油鶏』という料理です。

本来は冬の食べ物なのですが、美味しいから暑い中食べに行ってきました。

『米酒』というお酒がたっぷり入っている『鶏スープ』といったところです。
台湾では女性の出産後に決まって食べる料理です。けっこう『精』が出ます。

厨房の様子です。

お店の中はけっこうこじんまりしてます。
この店は美味しいので私が自信を持ってお薦めできます。
********************************


私のゲストハウスです。看板がないので見つけにくいです。(がんばって見つけてください。)
右の赤レンガの建物です。

本日からデビューした私の愛車です。

かっこいいですね。やっぱり『ママチャリ』が最高ですね!

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

拝土地公

2011年03月21日 | 日記
3/20は旧暦の『二月十六日』です。『十六日』と言えば台湾の風習で月に二度あるお祈りの日です。
本日は土地の神様を祝うとても重要な日です。

                  御参りのメインとなった『廟』です。

                  
カメラを向けるとブイサインをしてくれました。けっこうユーモアのある神様です。

                  いろいろな種類の神様がいるようです。
                  この『のっぽの神様』この後頭をぶつけてました。
               私は個人的にこの神様ちょっと怖いです。顔緑ですよ。                       爆竹です。けっこう危ないです。
                  
けっこう若い神様みたいです。それにしてもいろいろな神様がいます。この行列は全長300メートルぐらいは続いていました。
                  この賑やかさに便乗して商売も盛んでした。
                  そろそろいろいろな果物の季節が始まります。
                  こんなところにも神様が・・・。
                  『お祈りセット』です。『廟』へ持って行きます。
                   ミカンが美味しそうです。
                 
中台禅寺の支部です。それにしてもお寺には見えませんね。
ここ埔里には多くの宗教の総本部が集まっていますが、宗教間の争いもなくみんな平和に過ごしています。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

(名所案内):東埔温泉とその周辺(前編)

2011年03月19日 | 名所案内
(水里・集集に続く:バイク紀行)


水里を出発して暫く進むと『玉山国家公園』の区域に入ります。この辺ははっきり言って『何もありません』。写真のような道が延々と続きます。以前発生した大地震の時はこの辺一帯が大打撃を受けたそうで、今でもそのままの状態(土砂崩れや崩壊等)になっている場所も少なくありません。人があまり住んでいないのと政府があまり関与していないらしく、全然復興が進んでいません。

バイクを走らせていて土砂崩れになっている道もあり、けっこう運転に気を使いました。

大雨の後は、この辺へ絶対に行かない方がいいです。

一瞬迷いましたが、このトンネル勇気を出して突っ込みました。(ちょっと怖かったです)


水里からバイクを走らせることおよそ一時間。東埔温泉の入り口に到着です。温泉宿はここから山沿いに数多くあります。

この日は日曜日だったので、温泉全体の宿泊客がとても少ないようでした。


この日、宿泊した宿です。交渉して一泊800元、温泉24時間入りたい放題にしてもらいました。(私の宿より全然安いです)。それもこの日の宿泊客は私1人だったので、全館貸切状態です(笑)。

部屋の窓からの景色も素晴らしかったです。
(でも、本当に安いですよね・・・どこかの宿と大違い【笑】・・。)



もちろん温泉も『俺の風呂状態』でした。(24時間)。

宿名:景祥温泉
温泉:水着着用。
   透明無臭の非常に良い水質です。
   湯元のすぐ近くのため、完全にかけ流し状態です。
   (高温池)と(低温池:41℃ほど)があり、高温池の温度は常時46℃以上はあります。
   熱いお風呂が好きな方にもお薦めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(名所案内):集集周辺

2011年03月19日 | 名所案内

私が台湾に来て3年目ごろに921大地震が発生しました。
この集集と言う土地が震源地でした。今では知る人ぞ知る観光地となっています。
町には以前の地震で破壊されたお寺もそのまま残されています。地震は本当に怖いと再確認させられます。


この一帯も美味しい『水』で有名です。

町にはレンタル自転車のお店が数多くあるので、もしこちらへ来ることがあるなら是非自転車を利用しましょう。意外とたくさんの名所が存在してます。



『緑の道』と称されている道がたくさんあります。これはガジュマルの木を道路を包むように刈って作っています。(ガジュマルがちょっと可哀想)

楠木(くすのき)の老木です。神木として崇められています。
                      とても力強さを感じました。

                      こんな光景もありました。

                      ちょっと小高い丘に上がってみました。
向こうに見えるのが『水里』です。この日は水里で宿をとりました。

                      一休みです。

地元の皆さんが集まってお茶を飲んでいました。私も混ぜてもらいました。

日本人が中国語を話すとみなさん興味津々のようでした。結局この後いろいろご馳走になってしまいました。
                       ここから見た景色です。

この町は週末になると多くの観光客でにぎわいます。
お洒落なレストランや民宿なども多くあります。集集と水里を組み合わせると十分に一日を過ごせます。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加