ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

山へ

2016年12月15日 | 日記

紅葉 / 大禹嶺から梨山へ向かうルートの途中にて。
何となく山の綺麗な景色を見たくなったので、宿を休業にして日帰りで遠出をしてきました。


いつもの様にスクーターで出動です。目的は紅葉を見る事です。
先ず合歓山(3275m)を越えて暫く下った所にある大禹嶺(ジャンクション)で、花蓮へは向かわずに梨山へ向かうルートです。
私の記憶では何年か前にこの辺りを訪れた時、綺麗な紅葉が見れました。夕方までには埔里に戻ろうと思います。



清境エリアを越えて翠峰(標高2300)の辺りから紅葉が見れだしました。
『翠峰』は南投客運バスの終点です。ここまではどなたでも簡単に行く事ができます。


道端ではこの辺りで収穫された果物が即売されています。



翠峰(標高2300)から更に道を進むと標高2500m辺りから素晴らしい景色が始まります。
「綺麗な景色を見たければ高い所へ行け」確かに間違えないですね。
今年はこの辺りで珍しいミヤマワガタを見つけた事が忘れられません。
来年は幼虫を探してみようと考えています。





【合歓山/台湾の道路で一番高い所を越えます】



流石に標高が3000mを超えると紅葉はありませんね。ここから山を下って大禹嶺→梨山方面へ向かいます。

《紅葉》大禹嶺→梨山方面




日本の紅葉と比べるともちろん’赤ちゃんレベル’ですが、それなりに見る事ができました。





大通りにスクーターを止めて、山へ少し入ってみました。
自然と一体化した暮らし。良いですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【お知らせ】川中島の黄さん... | トップ | 個性あるコーヒーショップ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台湾の紅葉が見られるエリアについてお尋ねします (武蔵)
2017-03-27 06:33:34
初めまして。
私は台湾の気候について調べています。

この記事では台湾の翠峰(2,300m) 辺りから紅葉が見られ始め、標高2,500m 辺りから素晴らしい景色が始まる。標高3,000m を超えると、流石に紅葉が見られないと書かれています。ということは台湾で紅葉が見られる地域の海抜は、2,300m ~3,000m 辺りまでということでしょうか?
そして紅葉のきれいな地域は海抜2,500m 以上3,000m 以下ということなのでしょうか?

もし、台湾の紅葉情報について詳しいようでしたら、教えていいただけないでしょうか?

それと、台湾の冬期の気温(夜間も含めて)が7度C以下になる地域って、標高何メートル以上の地域かご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 

言葉を変えると、台湾の冬の間の冷え込みが摂氏7度以下になる地域の海抜を知りたいのですが、情報を見つけることが出来ません。

おかしな質問で申し訳ありませんが、知っている事がありましたら宜しくお願いいたします。

Unknown (渡部健作)
2017-03-27 12:13:15
清境農場(2000以下)辺りではほとんど紅葉は見られません。更に上がると2050地点に台湾で最も高い所にあるセブンイレブンがあるのですが、この辺りから紅葉が見れ出します。ただここは台湾、紅葉する種類の樹木も多くはないので、日本のようなイメージで期待されているとかなり期待外れな結果になると思います。PS:標高が3000に近づくと高木は針葉樹を除いてほとんど見かけられません。紅葉が見れるのは2500辺りまでだと思います。
清境エリア(標高1500)でも寒い時は7℃以下になります。 私の住んでいるエリアは中央山脈沿いなので、山の上の方はかなり風に吹かれるので気温が下がると思います。 盆地、平地、山、海岸沿い、標高で気温を測るのは難しいかもしれませんね。
昨日合歓山(3275)に行った人の話では夜間は3度だったそうでうす。
Unknown (武蔵)
2017-03-27 21:15:43
お返事ありがとうございます。

亜熱帯の台湾で紅葉が見られる地域の標高は、2,050m~2,500m ということですね。

台湾では海抜が2,500m 以上になると、広葉樹から針葉樹へ移行し、海抜が3,000m 近くになると亜高山帯針葉樹林となり、それ以上は高山帯の低木林に、そしてさらに高山植物(草本群落)に移行していくように思われますね。

それと台湾の冬の間の冷え込みが、夜間を含めて摂氏7度以下で、100時間以上続く標高の地域を探していたのですが、これがなかなか上手く見つかりません。

Stone fruits(梅、桃、サクランボ、スモモなどのように堅いたね(stone)が入った果物)は、冬の間ある一定期間低温にさらされないと花が咲きません。ということは果物の収穫ができないということです。

台湾でもこれらの果物が収穫できると思いますが、これらの果物の産地として有名な地域の標高(海抜)を教えて頂ければ幸いです。

質問の書き方が悪く、私の意図することが上手く伝わらずに申し訳ありません。
Unknown (武蔵)
2017-03-27 21:29:30
追記:Stone fruits の中でも Chilling Requirement の高い、スモモやリンゴの産地として有名な地域の標高を教えて頂けたら、とてもありがたいです。
Unknown (渡部健作)
2017-03-27 23:09:44
Stone fruits が一定期間低温にさらされないと花が咲かないとは知りませんでした。なるほど、それで栽培が山を中心としていた訳ですね。新しい知識が増えて嬉しいです。
私が住んでいる埔里(標高が400ちょっと)付近では、確かに杏や桃の花を見る事ができません。
霧社(1000)を超えて清境方面へ登って行く途中(1200付近)には今は刈られてしまっていますが、大量の桃の花が咲いていた事を覚えています。それと廬山温泉(1200ぐらい)にもたくさんの桃が植えられています。廬山温泉の上には柿の名産地(1500~2000)もあります。

『スモモやリンゴの産地として有名な地域』は、梨山付近です。標高は2000ぐらいです。確かに冬はかなり冷え込む場所ですね。
Unknown (武蔵)
2017-03-28 12:01:45
渡部さん

貴重な情報をありがとうございます。
亜熱帯の台湾の気候で比較的、冬期の chilling requirement(摂氏7度以下)の期間が短い桃(品種にもよる)で、栽培可能な標高は、蘆山温泉などの1,200m以上の地域のようですね。

柿の栽培可能な標高は、1,200~2,000mで、比較的 Chilling requirement (摂氏7度以下)の期間が長いスモモやプラム、そしてリンゴは栽培可能な標高が2,000m 辺りからそれ以上ということでしょうか。

私が調べたところ、リンゴでも品種によってChilling requirement の時間が違うようです。
アメリカの種苗店の表を見たら、温暖な南カリフォルニアで収穫できるアナという品種で、最短の100 時間。フジで 300~400時間、緑のリンゴ、グラニー・スミスで 300~500時間、ジョナゴールドで 700~800時間必要みたいです。

そういう点で、台湾では栽培できる果物の品種が限られてしまうのではないでしょうか。

また標高が高くなると、土壌が肥沃でなかったり、紫外線が強くなり過ぎて植物によっては栽培がうまくいかなかったりして、また別の問題が生じるようです。

でも一日の気温の寒暖の差が大きい地域の果物は、糖度が高いそうです。それで日本でも山梨県や長野県の盆地での栽培が盛んなのですね。

色々と書き込んでしまいましたが、貴重な情報を本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

Unknown (渡部健作)
2017-03-28 16:49:25
知らない事をたくさん教えていただきありがとうございます。『寒暖の差が大きい地域の果物は、糖度が高い』なるほどです。確かにそう思います。私の好きな分野なので、又機会があればいろいろ教えてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL