ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

春陽エリアへ桜を見に行って来ました。

2017年02月08日 | 名所案内



著書:『トオサンの桜』の主人公、王海清さんが植えた桜が現在咲いています。
埔里から20キロ離れた霧社まで’櫻の苗木’を1人でお金を出して植え続けた方です。
その数’2000本以上’。日本統治下、公学校で初めて教科書で目にした’櫻’に憬れて、人生を櫻の増殖に費やした人です。



既に90歳を超えている王海清さんは埔里の住民です。


この辺りの桜の種類は『カンヒザクラ』です。
赤が強く出るタイプで、日本の沖縄あたりに多く咲いている種類ですね。

(春陽部落)



ここは日本が統治していた時代、『櫻社』と呼ばれていたそうです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日月潭 慈恩塔 | トップ | 久しぶりに東埔温泉に行って... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (wow)
2017-03-07 11:14:17
『トオさんの桜』の主人公、王海清さん、最高です!! 
台湾の捕里から霧社までの20kmの道のりに2,000本以上のカンヒ桜を自費で植え、今尚「桜守り」として活動しているなんて、すごいです!
その上にお歳が90歳を越えているなんて!
私もいつか、お会いしてみたいなぁ。
Unknown (渡部健作)
2017-03-07 22:07:19
現在もご健在の様です(最近お会いしていないので)。息子さんの家と埔里の家を行ったり来たりしている様です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL