ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

4時間半!終にやりました、3275m制覇!

2017年06月28日 | 日記

嘘ですよ.....。


【こちらが本物です】




私には生涯達成する事はできないと思います。
現在宿泊中の日本人のお客さんが、台湾で最も高い道路『武嶺3275m』までのヒルクライムを4時間半ぐらいで達成しました。
今まで私の宿からこの過酷な挑戦に挑んだ人は100人以上はいましたが、こんなに短時間で頂上まで行った人は初めてです。



本当にすごい事ですよ。


PS:私はいつもの様にスクーターでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

越冬する蝶

2017年06月27日 | 日記

ホリシャルリマダラ

台湾南部の山中にある茂林(マオリン)地区で大量に越冬する蝶のほとんどはこの蝶の様です。
『ホリシャ(埔里社)』と言う名前から間違えなさそうです。
私の住むプリでは、この蝶は一年中普通に見る事ができます。
年間を通して気温が比較的落ち着いているおかげかもしれませんね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/20

2017年06月21日 | 日記

地母廟:埔里の町外れにある道教の廟。

こちらは私が大好きな場所で、土地の神様を祭っている廟です。
この辺りにはまだかなり自然も残っているので、いつも何かしらの虫たちと出逢えます。
夕陽がとても綺麗な’夕陽スポット’なので、お時間が合う人には是非訪れてもらいたい場所です。

台湾には700種類ぐらいのカミキリムシがいるそうです。本日も初めて見る種類を見れました。

以前、ブログを見ていただいている方からの個人メールで、『もう少し虫の写真を少なくしてもらえないか』との
要望がありましたが、すみません、『無理です』。
こればかりは私の趣味なのでご勘弁を。


本日も会いました。夏場はこちらを訪れる度にカブトムシと出逢うことが多いです。


甲虫はこの角度になると次の動作は’飛行’です。やはりこの後飛び立ちました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/17 埔里も大雨が続いています。

2017年06月17日 | 日記

本日の『日月潭』

昨日、今日と引き続き雨の日が続いています。
この辺りは山が多いので土砂崩れが何ヶ所も起きています。
本日も日月潭にお客さんのガイドで行って来ましたが、道端で崖が崩壊している場所を何ヶ所も見ました。
本当に恐ろしい光景でした。この雨もまだ二三日は続きそうです。

【マンゴーの季節が始まりました】


私の住んでいる埔里では10種類以上のマンゴーが栽培されています。
個人的に特に美味しいと思うのは、こちらの『金煌芒果』です。
安価な『愛文芒果』とは違い少し金額が張りますが、確実に外したくない人にはお勧めですよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ついに始まりました!

2017年06月13日 | 日記

カブトムシ♂

待ちに待った季節がやってきました。
まだ梅雨が明けていませんが、ここ数日前から夏らしい天気が続いています。
明日より昆虫関連の学者さんたちが私の宿を訪れるので、今日は朝からちょっと様子を見に行って来ました。
場所は埔里の名所の『ペーパードーム』から少し山に入ったところです。



早速、興味のある光景を発見です。


初め、玉虫かなと思いましたが、たぶん台湾で絶滅危惧種(捕まえてはいけない虫)に指定されているコメツキムシです。
数匹が集まって樹液を吸っているのは珍しいです。



シマトネリコの樹液を吸うカブトムシ(♀)




虫がたくさん居るのは嬉しい事なのですが、この様な触ると危険な虫たちもたくさん居るので注意が必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里のプール

2017年06月13日 | 日記

近所のプールにて。

埔里は台湾一の水を誇る町です。
地下水はペットボトルに詰められて全国に出荷されているぐらいですから。
町にいくつかあるプールはもちろん’100%地下水’。
本当に気持ちが良いですよ。
(特に水を入れ替えたばかりの時は最高の贅沢です。)
プール・マニアの方は是非!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/25 本日もスクーターで散歩です。

2017年05月25日 | 日記

【国姓郷】

本日も宿のお客さんが少なかったので時間つぶしにスクーターで出動しました。
向かった目的地は「芙蓉瀑布」です。場所は国姓と言う埔里の隣にある地区です。

【ベルフルーツ】


埔里市内から中台禅寺へ向かう途中の道で面白い光景を見れました。
なんかもったいない気がしたので、数個’拝借’。後で食べようと思います。


【パパイヤ畑】

まだ中途半端に大きくないですね。後数ヶ月もすればたわわな実がなります。

【ガジュマルの巨木】

これで何年ぐらいなんでしょうかね。とにかく回りを飲み込みます。

【アラマンダ】

南国植物の代表みたいな花です。私の宿のテラスにも咲いています。


ひたすら進みます。


玉蘭/オレンジバージョン  強烈な心地の良い香りが漂っていました。


【パッションフルーツ畑】


埔里は台湾一の収穫量を誇ります。
埔里の住人は、普段から食べ飽きているぐらいで、手にした状態から食べ終わるまで20秒もかかりません。


【コーヒー農園】


ここ数年で収穫量もかなり増えました。



玉蘭/白バージョン  これも強烈な心地の良い香りが漂っていました。
台北などでは高速道路の入り口で売られていますね。


【糯米橋/三級古跡指定】

建設時に粘着効果を出すために糯米や野菜などを入れたそうです。

【桃】


そろそろ始まりました。

【マンゴー】


マンゴーはこのタイプの物が美味しいです。
愛文は形が比較的均等なので、どちかと言うと日本への輸出用ですね。




目的の「芙蓉瀑布」に到着です。



以下、滝付近で見た動植物たち






先日ブログ上でご紹介した「竹鶏」です。
私が山に入ると遭遇する確立が非常に高い鳥です。
焼いて食べると最高に旨いですよ。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常連のお客さんが蕎麦を打ってくれました。

2017年05月13日 | 日記

蕎麦粉100%使用(繋ぎ無し)でお蕎麦を打っていただきました。
こちらは、蕎麦打ち4段の認定資格を持つ宿の常連客の方です。
毎年数回私の宿にお越しいただいています。
現在、将来的にここ埔里で「蕎麦道場」を開く方向で区役所などとも連携して話を進めています。
彼の話では、埔里の水が蕎麦と非常に相性が良いそうです。







100%蕎麦粉使用のお蕎麦が見事に出来上がりました。
将来ここ埔里でも美味しいお蕎麦が食べられる様になると良いですね。
楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日も朝から自然観察です。

2017年05月05日 | 日記


本日も朝から「蝶」撮影の方を山へ送迎するついでに、私も少し散策して来ました。
今ちょうど「油桐の花」が満開の時期を迎えていて、春先で暑すぎもないので山歩きには最高の季節です。

緑の中に白い花(油桐花)が見えます。この花はこの季節にしか咲かないので日本の桜を鑑賞する様な感覚ですね。




この辺りは場所柄、「山水」が豊富です。


散歩の途中、水浴びできそうな場所を発見しました。夏の暑い時に水浴びをしに来ようと思います。


本日、蝶撮影のお客さんが偶然にも「五色鳥」を撮影したと言う事で早速instagramにアップされています。
非常に美しい鳥です。

【撮影者:tefuさん】
https://www.instagram.com/tefu102/
上記tefuさんのインスタグラムです。素晴らしい写真がたくさん見れるので私のお気に入りです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝶たちの季節が始まりました。

2017年05月03日 | 日記

本日5/3朝:獅子頭瀑布(彩蝶瀑布)への入り口付近。
天気がやっと暖かくなり初めました。
これから昆虫たちの季節が始まります。


(以下:最近撮影した獅子頭以外の場所です。)









初夏の始まりです。

注意:私の宿では標本用の採集が目的の方は、ご宿泊をお断りする事があります。
採集以外の方、大歓迎です。是非お越し下さい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川の底に眠る『日本人居留区』。

2017年04月19日 | 日記

私の立っている場所の下には、台湾が日本に統治されていた時代の『日本人居留区』が沈んでいます。
当時この辺りには濁水渓の水を堰きとめる『水庫』の建設のため鹿島建設関係の方たちが多くこの地に住んでいました。
度重なる川の氾濫や増水のため最終的には住居を近隣に移したそうです。【数度の移住によって現在は近隣の萬豊地区へ】。
この日は、当時この村で警察官をされていた友人(現在92歳)に挨拶に行って来ました。


遠くから見た『日本人居留区』跡。突き出ているのは、吊橋の橋桁です。
吊橋の橋桁から川を隔てた山までの一帯に日本人が住んでいた村があったそうです。
山根さん(当時警察官としてこの地に勤務)の話では、たぶん川の50メートルぐらい下に埋もれているとの事です。
当時は、警察署、神社等もあったそうです(当時のこの辺りの土地の図面あり/ゲストハウス保管)。


鹿島建設の人たちが中心となって建設された【水庫】/現在の様子。


濁水渓。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常連のお客さんたちが集まったのでいろいろ回って来ました。

2017年04月15日 | 日記

七面鳥と一緒に撮影。
霧社事件の末裔たちが住む川中島へ行って来ました。
知り合いの家で現在この七面鳥を飼っていたので記念撮影です。
始めは警戒して近寄れませんでしたが、少しずつ近づいたら一緒に写真を撮らせてくれました。
いずれは彼らに’食べられちゃう’様な気もしますが、とりあえず現在はペットらしくないペットでした。


川中島にある記念館。
こちらでは昔のセデック族の人たちの生活や霧社事件に関する資料が集められています。


川中島。
埔里からバスで一時間で行ける部落です。入り口付近にはこの様な綺麗な光景が広がります。


通り道に大坪頂にあるガジュマルの神木も見ました。


遅めの昼食は地鶏の丸焼きをいただきました。

山の料理と言えばこれですね。薪を使って強火で地鶏を空焼きします。




こちらのお店では店員さんが細かく食べやすくしてくれました。


地鶏以外にもいろいろと注文しました。
こちらは塩漬けにした鴨の卵に苦瓜をいれて炒めたものです。


ほうれん草。


この辺りの名産の高山キャベツ。




何だかんだと又たくさん頼んでしまいました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

採り立てのキノコを使った『キノコ鍋』を食べました。/ 追加事項:ホタル・ツアーのお知らせ

2017年04月12日 | 日記

本日の昼ごはんは、キノコ農園で手に入れた新鮮なキノコ類を鍋料理屋に持ち込みました。
台湾では入手が難しい『ナメコダケ』とちょっと珍しい『サンゴダケ』、それと『キクラゲ』や『エノキダケ』『シメジ』
等も一緒にいただきました。
埔里ではたくさんのキノコ類が栽培されていて、私は二日に一度ぐらいはこれらキノコをいただいています。
私の好物の『キクラゲ』は、炒めたり、鍋に入れたり、よくカレーに一緒に入れて食べています。


持ち込んだキノコ類(ちょっと写真がぼやけてしまいました。)。
埔里の農園でも最近ナメコダケの栽培を始めた様です。
次回はナメコと山芋でとろろ蕎麦を食べようと考えています。


以下、鍋の具材。

鶏肉。(この他に豚肉も)。


イカのすり身。


野菜類は高山キャベツを初めいろいろと頼んだのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。


追加で他のキノコ類も注文しました。



ちょっと入れすぎましたが、ここから煮込みます。


本日のメンバー。

【最後にオジヤをいただきました】
台湾ではあまりこの様な習慣がないので、私はいままで台湾でオジヤなるものを食べる機会がありませんでした。


残ったスープにご飯と刻み葱、溶き卵を入れて少し蒸すと完成です。



日本人同士でいただく鍋料理、たまには良いですね。


本日は夜、ホタルの光具合をチェックしに出かけて来ました。
本当に『感動!』しました。
少なくても数百匹以上のホタルが自然の中を乱舞していました。
本日は良いものを見れて良かったです。

ホタルツアーに参加をご希望の方は、人数に制限があるので早めにご予約下さいね。
(ホタルは自然界の虫です。天候によってはあまり光らない事もあります。)


.................................................................................................................................................................................................................

(ホタル見物の場所/昼間の様子)




オプショナルツアーのご紹介です。

例年行っているこの時期限定の「ホタル・ツアー」を行っています。
埔里には何ヶ所かホタルの名所がありますが、私のとっておきの’ホタルの名所’へお連れします。
生息環境は上記の写真の場所です。

ただここは夜間全く人工の光(電灯の類)がない場所で、蛇やカエル、ムカデ等の小動物も普通にいるので注意が必要です。
私の予想だと5月中旬ぐらいまでは見れそうです。


夜訪螢火蟲Firefly Optional Tour
ホタル・オプショナルツアー
時間:7時半ごろ~(所要1時間半程度)
場所:埔里郊外
交通:【車】或は【オートバイ】

費用:
【車利用】2000元/(催行人数:自家用車利用のため最大で4人まで)
≪2000元を参加者で人数割りします。参加者が2人以下の場合/1人:800元≫

【オートバイ利用】500元/1人のみ
《スクーターバイクの後部座席に座っていただくため、参加者は1人のみ》

***************************************

このツアーは、基本的に雨天は行いません。
若遇下雨天不成行

***************************************

ホタル見物について:自然界に生息している昆虫なので天候によってあまり光らない事もあります。ご了承下さい。

このオプショナルに参加をご希望される方は、事前に又はチェックインの時にお知らせ下さい。
私の自家用車(又はスクーター)を利用するため、参加可能人数は一日最大で4人までとします。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

快晴の日が続いています。

2017年04月04日 | 日記

武界/標高は1000メートル以上はあるかと思います。
埔里の町を囲んでいる山の上へ行って来ました。
この日も空いた時間を利用して意味もなくブラブラですが、晴れた日の山の空気は本当に気持ちが良いです。
スクーターで30分も行けばこの様な景色の所へ行く事ができる事に非常に満足しています。


遠くに埔里の町が見えます。
夜中に雨が降ったので、水蒸気が霧の様に出ていて遠くがはっきり見えませんでした。



この辺りは気流の関係か『蝶道』になっていて、夏場はいろいろな蝶を見る事ができます。
蝶たちが羽を閉じた状態で気流に流されて飛んでいく姿は本当に面白いです。



伐採場。この辺りは植林された木々が多いです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅茶農園へ行って来ました。

2017年04月03日 | 日記

埔里から日月潭に向かう途中には紅茶を栽培している所が点在しています。
今ちょうど「春茶」の季節が始まったところで、たくさんの場所で綺麗な茶畑を見る事ができます。
元々この辺りの紅茶は、日本統治時代に日本人が茶葉を持ち込んだ事が始まりのようです。
今でも当時の100年以上前から使われているお茶の木(アッサム種)を使っている農家さんもあります。


友人宅(紅茶農園)を訪れた時は、ちょうどこの日の摘み取りが終ったところだったらしく、
’茶摘ガール’たちがお茶を飲んでいました。
一緒に写真を撮りましたが、恥ずかしがって顔を伏せていました。



アッサム茶をいただきました。





この日摘まれた茶葉は、直ちに日陰干しにされます。
この過程で発酵を促進させるそうです。
緑茶・ウーロン茶・紅茶の大きな違いは、その発酵の過程にあるようです。




機械で揉まれた茶葉。十分に発酵していまるようです。




これから焙煎にかけます。焙煎は時間をかけて二度かけるそうです。





良質の紅茶ができるまでにたくさんの行程を経ていると思いました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加