ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

年、明けました!

2018年02月20日 | 日記

今、南投県ではカンヒザクラがいろいろな所で見れます。

今年度が始まりました。
昨日まで宿の仕事が忙しかったので、ほとんど休む事ができませんでした。
本日から少しゆっくりする事ができます。



今日のお昼はいつもの虹鱒を食べに行って来ました。
山水で育てた虹鱒、本当に美味いです。


夕日にはちょっとだけ間に合いませんでしたが、変わった雲を見る事ができました。


地母廟からの夜景。この季節、もうほとんどマコモタケの電照栽培の季節が終わっているみたいです。

今年はどんな年になるのか楽しみです。

PS:ゴールデンウィークとホタルの季節がたぶん今年も重なります。
この時期のご予約はお早めに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は農暦で今年最後の日です。

2018年02月15日 | 日記


埔里にある『哲学之路』。


私も中華圏に住み始めてから気がついた事があります。
日本で生まれた人の内、『一月生まれの人の’干支’』半分ぐらいは自分の’干支’間違えて認識していますね。
新しい年の’干支’の始まり【農暦の一月一日】は、新暦の1月だったり、二月だったりと毎年決まっていませんから。
日本では利便性を考慮してか、新暦の一月一日からなぜか干支が変わります。
一月生まれの人が自分は’戌年生まれ’だと思っていても、実際には’酉年生まれ’だったと言う可能性もけっこうあります。


農暦で丁酉年蠟月三十。   本日で酉(とり)の年が終わります。
明日から戌(犬)の年が始まります。
【農暦(旧暦):月の運行と太陽の運行を基本にした暦法。】

本日も宿泊中のお客さんがパラグライダーで飛びました。


飛行前のチェックはしっかりとします。


これから飛びます。


74歳! すごいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2/10

2018年02月10日 | 日記

パッションフルーツ畑。
この所毎日の様に朝から霧が立ち込めています。
本日は常連のお客さんとスクーターで朝からパッションフルーツ畑の辺りをうろうろして来ました。

すごい霧でしたが、幻想的な景色が楽しめました。



本日は宿泊中のお客さんたちも何とかパラグライダーができた様で良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東埔

2018年02月09日 | 日記

昨日のブログの続きです。
上記写真の場所は東埔の温泉街のすぐ横にある吊橋です。
山間にある吊橋なのでけっこう迫力があります。


いつでも渡る事ができるので、もしこちらの温泉街を訪れる機会があるなら是非行ってもらいたいです。


東埔温泉街。けっこう山に入った場所にあるので、普段はほとんど観光客も訪れません。
私がいつも入浴している温泉はこの温泉街から更に3キロぐらい離れた場所になります。
(温泉街の少し外れにも源泉があるので、そちらでも温泉浴を楽しむ事ができるはずです(最近は行っていないので未確定)。



戻りがけに葡萄を食べました。
この辺りは台湾でもけっこう有名な葡萄の産地です。



一房だけでも売ってもらえるので助かります。非常に美味しい巨砲で、一房60元でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日帰りで東埔温泉へ行って来ました。

2018年02月08日 | 日記

天気が悪かったので、こんな日は温泉日和です。
今ちょうど仲の良い常連客が遊びに来てくれているので、昨日は信義区にある東埔温泉へ車で行って来ました。
埔里市内からはおよそ80キロぐらい離れていますが、途中葡萄畑やすさまじい景色を見れるので年に数回は訪れています。


途中通過した信義区。とにかく景色がすごいです。





この時期、たくさんの花を観賞できます。



水着着用が必要なエリア(混浴)は、いつもほとんどお客さんがいないので私のお気に入りです。



地下100メートルから汲み上げている’冷水(山水)’。真冬の今、水温は非常に低いです。



水温は10度以下.....。 彼には’男’を見せてもらいました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブノン族部落 昨日の続きです。

2018年02月02日 | 日記

埔里市内から山をいくつか越える場所になりますが、1時間ほどでいける部落です。


部落の名前は『法治村』です。
人口が600人ほどの小さな部落で、今でも薪(まき)を利用している家庭もたくさんあります。
(ここまで埔里市内から、プロパンガスを運ぶのもたいへんでしょうから)


この部落の外れには日本統治時代に作られた貯水庫があって、そこの水は日月潭へと注がれています。
上記写真の大きなパイプは日月潭へ繋がっています。





今ちょうど花が綺麗な季節を迎えています。梅、桜、杏、桃、李等の花を見る事ができます。


【部落の子供たち】


子供は可愛いですね。カメラを向けると写真を撮らせてくれました。



『歯磨きチューブ』で作った’自家製スライム’なんだそうです。なんかすごいですね...。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は原住民部落へ行ってきました。

2018年02月01日 | 日記

本日はお客さんを連れてブノン族(原住民)の人たちが住む部落へ行ってきました。
場所は埔里から車で1時間以内で行ける武界と言うエリアで、こちらの部落へは山をいくつか超えないと行く事ができません。
人口が今でも600人ぐらいしかいない小さな部落ですが、日本統治時代にはこの部落の奥にある’水庫’を建設するために
更に先にある日本人村には、たくさんの日本人(主の鹿島建設関連の人たちらしいです)が移住していました。
今ではほとんど日本人にも知られていない部落になってしまいましたが、部落の中の人たちには日本語を話せる人もいます。


ブノン族(布農族)部落の入り口ゲートです。
ここから暫く壁沿いの原住民アートが楽しめます。


こちらの部落へ行くには、交通手段を自分で準備できなければ行くことがちょっと面倒です。
バイクの中型免許(125CCを運転できる免許証)をお持ちの方には是非レンタルスクーターで訪れていただきたいです。
バスも一日に1~2本出ているようですが、時間とかを考えるとあまりお奨めできません。

PS:【オプショナル・ツアーを希望される方へ。】 
私に時間がある時にのみ、ガイドを引き受けているので事前にお問い合わせ下さい(ホームページ参考下さい)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに『CAT FISH』 を食べました。

2018年01月27日 | 日記


『CAT FISH』....「ネコ魚」? と、冗談は止めて簡単に言うと『ナマズ』です。
日本ではあまり食べる機会がないと思いますが、台湾では夜市などでよく見かける食材です。
漢方薬で煮込んだナマズにお酒を入れていただくのが主流です。(川魚なので漢方薬で臭いを消しているのかもしれません。)
私の住んでいる埔里にはもちろん夜市では必ずある料理ですが、夜市の屋台ではなくお店を構えている所もあります。


写真を撮ってもいいかと尋ねるとご主人がわざわざ’強烈なやつ’を見せてくれました。
漢方薬で煮込む前に『頭部分』『腹部分(運が良いと卵が入っている)』『尻尾部分』に分けられます。



みなさん、この料理の名前がわかりますか?



『土虱』=『ナマズ』です。 
台湾ではナマズの事を一般に『鯰魚』と言いますが、事食材になると『土虱』と言う呼び名が一般的です。 



こんな感じでじっくり煮込まれます。





PS:以前私のお客さん(日本人の若い女性)で、まるまる一匹を食べ切った方がいました(私も感動しましたが)。
人それぞれ好みがあると思いますが、私の周りでこの料理が大好物の人はいません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『自助餐』

2018年01月24日 | 日記

台湾で『自助餐』と呼ばれているビュッフェ・スタイルの食事処です。
セルフ方式で自分で好きな料理を取ってから清算してもらいます。
日によってあまり食べたくない時などは、量を調整できるので台湾ではけっこう人気があります。
埔里市内にもたくさんの『自助餐』のお店がありますが、こちらは私がとりわけ気に入っているお店です。
こちらのお店へは私が週に一度は訪れています。
もう何年も通っているので、店員さんたちは半分友達みたいな関係になっています。


この日は肉類を多めに取ったので、100元を少し超えていました。

こちらのお店は台湾では珍しく朝早くからやっています。
私の宿に訪れる’山に入る人(蝶や昆虫を探している様な人たち)や登山を楽しまれる人とか’は、
朝早くからこちらを訪れてお弁当を作ってもらっている人もいます。

私の宿からは徒歩で20分ぐらいかかるちょっと遠めの場所ですが、美味しいので行く価値ありですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/3 日月潭へ行って来ました。

2018年01月03日 | 日記

本日は両親を連れて日月潭へ行って来ました。
途中通りがかりに綺麗な’湧き水’が出ている場所を見つけたので写真に収めて来ました。
この場所では以前カワセミを観察した事があって、暫く来ていませんでした。
小魚がたくさん住んでいて、水が綺麗なので朝から気分が良くなりました。

変わった鳥を見かけました。けっこう近づいたんですが逃げないで写真を撮らせてくれました。



トックリキワタですかね、以前友人から教えてもらって、なかなか名前を覚えられなかったんですがやっと覚えました。


本日は日月潭でイノシシ料理を食べました。

日月潭へは、埔里市内から南投客運バスで簡単に行く事ができます。


【お知らせ:私の宿の常連さんがブログで台湾の魅力を紹介してくれています。みなさん是非ご覧になっていただきたい!】

TETSUYA氏ブログ
http://tetsuyashi.com/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

埔里での年越し

2018年01月02日 | 日記

12/31~1/1にかけて行われる恒例の『日月潭・年越し花火』を見て来ました。
ここは、ほとんど他の人が来ない花火を湖面で見れるちょっとした’穴場’です。
今年も(既に今年で4回目)常連のお客さんたちを連れて見に行って来ました。




8分間だけの短い時間でしたが、けっこう楽しめました。


ちょうど日月潭のある魚池郷は今土地を祭っていてご覧の様なものが東西南北に設置されています。

【本日】

天気の良い一日でした。朝からお客さんたちと近所のパラグライダーの練習場からの景色を楽しみました。



続いて道教の『地母廟』へ初詣に行って来ました。ここは台湾ですが、私は日本人なので気持ちはお正月です。



初詣の後は綺麗な景色を見たいと思い、車で10分ほどでいける観音瀑布(滝)へ行ってきました。


【本日の昼食】

地鶏料理を食べました。


野原を走り回っていた地鶏を薪の火力を利用して空焼きにします(肉質最高です)。



今回も満足の行く食事になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の『温泉納め』。

2017年11月16日 | 日記


廬山温泉へ向かう途中。 霧社/碧湖。

来週から一ヶ月ほど標高1500メートル程の温泉の無い場所(海外)へ行くので、たぶん今回が今年最後の温泉浴になりそうです。

今回向かった場所は、いつも行っている廬山温泉です。
私が気に入っている温泉施設は『夏都飯店』と言うホテルの露天風呂です。
日帰り入浴が楽しめるのでお勧めです。




【奥に廬山温泉郷が見えます。途中雲龍橋などから見る景色も素晴らしいです。】

山間にある廬山温泉へは霧社から更に6キロほど進むと辿り着けます。
埔里からもバスが出ているので、私の宿の宿泊客たちもけっこうこちらを利用しています。



到着です。
いつもの様に埔里市内からスクーターで来ました。

私が到着した時、暫く誰も入浴していなかったようで水温が50度ぐらいにまで上がっていました(源泉そのまんまですから...)。
流石の私も今回は’我慢比べ’をせず(いつもなら、たぶん入浴している)、地下水を入れて少し冷ましてから入りました。




最後はちょびっと’根性無し’になってしまいましたが、素晴らしい温泉と景色を同時に楽しめました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里のパッションフルーツ畑

2017年11月15日 | 日記

延々と広がるパッションフルーツ畑。
場所は埔里の中台禅寺を超えた丘の上で、大坪頂エリアです。
この辺りの景色はいつきてもご覧の様に素晴らしいです。
季節によってはパッションフルーツが巨砲(葡萄)になったり、ヘチマになったりしています。
ヘチマを植えている時期は黄色の花がとても綺麗です。
昨日の様に宿にお客さんがいない時などは、意味もなくこの辺りをスクーターでぶらぶらする事もあります。





ちょっと豆知識です。
パッションフルーツは色が紫に変わって食べ頃になると自動的に落下します。
そのまま地面に落下すると衝撃で内皮から実が離れて味が酸っぱくなってしまいます。
ネットを張っているのは、衝撃から内側の実が離れない様にするためなんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南投県の原住民カーニバルが開催されました。

2017年11月14日 | 日記

焚き火?... 寒い日はこれに限ります【冗談です】。
埔里は場所柄(原住民の方たちがたくさん住んでいる)、この様なイベントはよく行われています。
たまにはブログ上でアップしてみようかと思いちょっとご紹介します。




これらのイベントでは、彼ら(原住民の方たち)の文化、工芸品や食材などを楽しむ事もできます。




【ちょっとご紹介/現在の南投県。】


色の濃い部分が埔里鎮です。

区分 数 名称
市 1 南投市
鎮 4 埔里鎮 | 草屯鎮 | 竹山鎮 | 集集鎮
郷 8 鹿谷郷 | 名間郷 | 中寮郷 | 魚池郷 | 国姓郷 | 水里郷 | 信義郷 | 仁愛郷

南投県。現在は、1市4鎮8郷。
因みに埔里の町は山に囲まれていて標高が500メートル近くあります。

こうやって見ると埔里は、やはり『台湾のヘソ』(地理的に台湾の中心に位置)ですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パラグライダーの国際試合(競技当日)

2017年11月13日 | 日記

昨日までの数日間、選手たちはこの日に備えて準備して来ましたが、競技当日はあいにくの曇り空になってしまいました。
今回エントリーした選手は香港人十数名、シンガポール人一名、日本人一名、中国人(大陸)二十数名、その他の国の人
数名、後台湾人多数、だったそうです。



この日は風がほとんどなかった様で、かなりの高速で下って来る人が多かった様に思えました(私の素人考えですが)。
けっこうオーバーランして着陸する人や、周囲の木に突っ込む人とかもいました。





私の宿に滞在していた選手(日本人)は最終的に4位の成績を収めました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加