ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

廬山温泉

2017年06月25日 | 名所案内


私が年に20回は通っている温泉です。
こちらの施設のお湯は、100パーセント源泉掛け流しです。
廬山温泉のお湯は’天下第一泉’と呼ばれている素晴らしい泉質です。
残念な事に、この辺りは政府から危険地域に指定されているので、大雨の日などは行かない方が良いです。
でも泉質がいいのと埔里から簡単に行けるので、天気によっては私も通ってしまうんですね。


息子の高校受験も終わり、’骨休み’を兼ねての入浴となりました(私はチェックアウト後の掃除終了ですが)。


入浴中、木の上に面白いものを発見です!


【以下、拡大写真】

’野生のリス’が木の上で昼寝をしていました。 
息子と入浴しながらのリス観察となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中正村にある卡渡部落(ブノン族部落)

2017年06月24日 | 名所案内

埔里の近郊にはたくさんの原住民部落があります。
こちらの部落は、埔里から日月潭に向かう途中の山の中にある『卡渡部落』です。
この辺りにはビンロウ椰子がたくさん植えられているので、けっこう気分よくスクーターを運転できます。

この辺りの山は、ほとんど全体がビンロウで覆われています。







喫茶店すらない部落ですが、景色だけは素晴らしいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『マンゴー・スムージー』が目的で私の宿に来てくれている方への報告です。

2017年06月23日 | お店や施設


一週間ほど前から私が毎日通っている喫茶店『bido coffee(現:272lane cafe)』の『マンゴー・スムージー』
が飲める様になりました。
材料は愛文マンゴー、氷、砂糖だけしか使っていないけっこう贅沢な飲み物です。
一杯110元(日本円で400円ぐらい)で出されています。




今年のマンゴーはまだ季節的に始まったばかりで価格もまだ少し高めです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武界の法治村へ行って来ました。

2017年06月22日 | 名所案内

ここは原住民族ブノン族の居住区『法治村』です。
人口は700人ほどしかいません。
どこの原住民居住区も同じで、町の中心には教会がありキリスト教徒が多いようです。
学校は小学校(公立の)までしかないので、中学校以上は埔里かその他の場所へ行かなくてはなりません。
毎朝子供たちが親のバイクの後ろに乗って埔里まで通学する姿はたいへんだなあと思うより他にありません。



近隣の町になる埔里から法治村まではバイクで40~50分ほどの道程。途中山を一つ越えなくてはなりません。




山越えの途中、山に咲くツツジを見る事ができました。
この日はツツジ以外にもたくさんの野生化したユリを見る事ができました。


こちらの蝶は、私の記憶では一年中法治村にたくさんいます。
この日も少なくても200匹以上は見ました。


アゲハたちの吸水も見れました。


大雨の後に出没する滝。普段はほとんど見る事ができません。


法治村の帰りは、霧社までぐるっと回って戻りました。途中『碧湖』の脇道を通りました。
名前の通りエメラルドグリーン。綺麗ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里にある『哲学の道』

2017年06月21日 | 名所案内

私の宿から徒歩で10分ほどの所には、この辺りでは『哲学之路』と呼ばれている散歩道があります。
毎朝早くからたくさんの人たちが散歩やジョギングを楽しんでいます。
私も時々(本当に稀にですが)は、こちらを散歩します(本当の目的は虫観察ですが)。
宿をご利用いただいている常連の人たちにはこちらを毎日散歩している方もいます。
入り口から途中『地母廟』を超えると、その先には黄牛を放牧している場所や、キノコ農場等もあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/20

2017年06月21日 | 日記

地母廟:埔里の町外れにある道教の廟。

こちらは私が大好きな場所で、土地の神様を祭っている廟です。
この辺りにはまだかなり自然も残っているので、いつも何かしらの虫たちと出逢えます。
夕陽がとても綺麗な’夕陽スポット’なので、お時間が合う人には是非訪れてもらいたい場所です。

台湾には700種類ぐらいのカミキリムシがいるそうです。本日も初めて見る種類を見れました。

以前、ブログを見ていただいている方からの個人メールで、『もう少し虫の写真を少なくしてもらえないか』との
要望がありましたが、すみません、『無理です』。
こればかりは私の趣味なのでご勘弁を。


本日も会いました。夏場はこちらを訪れる度にカブトムシと出逢うことが多いです。


甲虫はこの角度になると次の動作は’飛行’です。やはりこの後飛び立ちました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の宿では昆虫標本用の採集が目的の方は、ご宿泊をお断りします。

2017年06月18日 | お店や施設

本日、昆虫採集の心無い人の非常に残酷な光景を目の当たりにしました。

※昆虫採集目的で埔里にいらっしゃる方へ。
当宿では、趣味の昆虫標本用の採集で来られる方のご宿泊は固くお断りさせて頂いております。(既に当宿にご宿泊された事があり、宿主の方針をご理解いただいている方を除く) 台湾でも環境保護の観点からむやみな昆虫や動植物の採集が禁じられています。採集について特定の目的がある方は、事前に一度宿主にご相談下さい。昆虫採集以外の昆虫観察や撮影などの目的の方は歓迎致します。 埔里の多様な自然環境の保全の為、ご協力をお願い致します。









(写真提供:tefuさん)
https://www.instagram.com/tefu102/



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

6/17 埔里も大雨が続いています。

2017年06月17日 | 日記

本日の『日月潭』

昨日、今日と引き続き雨の日が続いています。
この辺りは山が多いので土砂崩れが何ヶ所も起きています。
本日も日月潭にお客さんのガイドで行って来ましたが、道端で崖が崩壊している場所を何ヶ所も見ました。
本当に恐ろしい光景でした。この雨もまだ二三日は続きそうです。

【マンゴーの季節が始まりました】


私の住んでいる埔里では10種類以上のマンゴーが栽培されています。
個人的に特に美味しいと思うのは、こちらの『金煌芒果』です。
安価な『愛文芒果』とは違い少し金額が張りますが、確実に外したくない人にはお勧めですよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三育基督学院

2017年06月14日 | 名所案内

こちらは息子が寄宿生活をしていた(過去形)学校です。
とにかく広大な敷地の学校で安息日(金曜の夕暮れから土曜の夕暮れまで)以外は、
入場料を払えば学校の敷地内を散歩する事ができます。
日曜日は特にたくさんの人が散歩や記念写真(結婚写真も含め)が目的で来られています。
息子たちに言わせるとゴミをきちんと捨てない人がたくさんいて掃除をするのが大変だとの文句も聞きましたが。

場所は埔里から交通手段があれば30分ほどで行ける日月潭のちょっと手前あたりです。



元々私が埔里に住みだした時にこちらの敷地が非常に気に入り、暇なときは意味もなく散歩をしていた場所でした。
後に、私の息子を入学させ’父兄=スポンサー’の身分の私はいつでも自由に無料で入る事ができていました。
一昨日の息子の卒業式でこの先は’スポンサー’ではなくなるので、あまり行く機会はなくなると思いますが
時々は又、訪れたいと考えています。



息子は日本と台湾の二重国籍です。



15歳:無事中学校を卒業。既に身長も176ぐらいはあるかと...。たぶんまだまだ伸びますね。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ついに始まりました!

2017年06月13日 | 日記

カブトムシ♂

待ちに待った季節がやってきました。
まだ梅雨が明けていませんが、ここ数日前から夏らしい天気が続いています。
明日より昆虫関連の学者さんたちが私の宿を訪れるので、今日は朝からちょっと様子を見に行って来ました。
場所は埔里の名所の『ペーパードーム』から少し山に入ったところです。



早速、興味のある光景を発見です。


初め、玉虫かなと思いましたが、たぶん台湾で絶滅危惧種(捕まえてはいけない虫)に指定されているコメツキムシです。
数匹が集まって樹液を吸っているのは珍しいです。



シマトネリコの樹液を吸うカブトムシ(♀)




虫がたくさん居るのは嬉しい事なのですが、この様な触ると危険な虫たちもたくさん居るので注意が必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里のプール

2017年06月13日 | 日記

近所のプールにて。

埔里は台湾一の水を誇る町です。
地下水はペットボトルに詰められて全国に出荷されているぐらいですから。
町にいくつかあるプールはもちろん’100%地下水’。
本当に気持ちが良いですよ。
(特に水を入れ替えたばかりの時は最高の贅沢です。)
プール・マニアの方は是非!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

営業再開のお知らせ

2017年06月05日 | お店や施設
お待たせしました、明日より営業再開します。!

営業再開 : 6/12(月)~


オーナー:渡部健作


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/25 本日もスクーターで散歩です。

2017年05月25日 | 日記

【国姓郷】

本日も宿のお客さんが少なかったので時間つぶしにスクーターで出動しました。
向かった目的地は「芙蓉瀑布」です。場所は国姓と言う埔里の隣にある地区です。

【ベルフルーツ】


埔里市内から中台禅寺へ向かう途中の道で面白い光景を見れました。
なんかもったいない気がしたので、数個’拝借’。後で食べようと思います。


【パパイヤ畑】

まだ中途半端に大きくないですね。後数ヶ月もすればたわわな実がなります。

【ガジュマルの巨木】

これで何年ぐらいなんでしょうかね。とにかく回りを飲み込みます。

【アラマンダ】

南国植物の代表みたいな花です。私の宿のテラスにも咲いています。


ひたすら進みます。


玉蘭/オレンジバージョン  強烈な心地の良い香りが漂っていました。


【パッションフルーツ畑】


埔里は台湾一の収穫量を誇ります。
埔里の住人は、普段から食べ飽きているぐらいで、手にした状態から食べ終わるまで20秒もかかりません。


【コーヒー農園】


ここ数年で収穫量もかなり増えました。



玉蘭/白バージョン  これも強烈な心地の良い香りが漂っていました。
台北などでは高速道路の入り口で売られていますね。


【糯米橋/三級古跡指定】

建設時に粘着効果を出すために糯米や野菜などを入れたそうです。

【桃】


そろそろ始まりました。

【マンゴー】


マンゴーはこのタイプの物が美味しいです。
愛文は形が比較的均等なので、どちかと言うと日本への輸出用ですね。




目的の「芙蓉瀑布」に到着です。



以下、滝付近で見た動植物たち






先日ブログ上でご紹介した「竹鶏」です。
私が山に入ると遭遇する確立が非常に高い鳥です。
焼いて食べると最高に旨いですよ。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日月潭

2017年05月22日 | 名所案内

私の宿に来られる方、特に日本人の方たち(全体の10%ほどですが)のほとんどの目的はここ日月潭を訪れる事です。
日月潭は台湾最大の湖で、周囲およそ33キロ(自転車コース)の貯水湖です。
因みに、埔里市内からはバスで40分ほどで行く事ができます。


日月潭へ向かう裏ルート(131号線)上には、『日月潭紅茶』で有名なお茶農園がたくさんあります。
日本統治時代から使われているアッサム種の茶葉(100年物の茶樹の葉)が手にはいるので、私も時々買いに行っています。


文武廟




ここから見る夕陽は最高です。


昼食のお勧め



日月潭の裏山(伊達邵の裏山)にはたくさんの原住民部落があって、そこの人たちが捕らえて来た「竹鶏」です。
「竹鶏」はウズラのような小型の鳥で、私も山中を歩いているとよく見かける事があります。
野生のものしかいなので、養鶏とは違い肉質は最高!私はいつも日月潭を訪れると決まって食べる料理です。


この辺りでは定番の「イノシシ」。今では捕まえた後で子供を生ませて「養豚」になっています。


玄奘寺


こちらのお寺には三蔵法師の舎利(頭の骨部分)が奉納されています【お寺の3階です】。



自転車でぐるっと一周するとおよそ33キロ。途中アップダウンありのコースです。
体力に自信のある人は挑戦されてみては!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20 近所で夕陽を見て来ました。

2017年05月20日 | 名所案内


本日は5/20(ウーアーリン)。台湾では中国語の「我愛你(ウォーアイニー)」に発音が似ている事から’暗語’の
意味が含まれています。本日は特に多くのカップルが夕陽を見に来ていたように感じました。

台湾の中心地「地理中心」から更に2.5キロほど登った所にはパラグライダーの飛行場があり、
「夕陽スポット」としていつもたくさんの人たちが訪れています。
私の宿は真ん中の高い塔のすぐ左です(ちょっと分かりづらいかな...)。





(夕暮れ少し前の様子)

普段はキャンプ場も兼ねていて、週末にはたくさんの家族連れがテントを張っています。
バーベキューなどもするスペースも兼ね揃えてあるので、ミニ・キャンプとして行かれるのも面白そうです。
(※テントや寝袋は各自持参になります。)










こちらの地主さんは私の友人で、私の宿の看板も置かせていただいています。

虎嘯山莊園區 http://www.heartoftaiwan.com.tw/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加