私生道

正統に地道に私の進むべき道を歩んで行きたい。

人の一生は重き荷を背負って遠き道を行くが如し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

“愛国”学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人

2017-02-20 09:43:34 | 日記
“愛国”学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗がん剤治療を止めよう~

2017-01-23 20:20:17 | 日記
1年間に「40万人」が、抗がん剤により「多臓器不全」で死亡していますが、「抗がん剤」のファンの多いい事には、呆れてしまいますが如何ともすることができません!!

いくら私が騒いでも、「暖簾に腕押し」、「猫に小判」である!!

1ケ月ほど前に、船瀬俊介先生と宗像久雄先生と食事をして飲みましたが、まあ「医師会」や「中央医療協議会」が堂々と行う「癌治療」には背筋に冷たいものを感じます!!

もはや「殺人」だなあ!!

殺人病院・・・・・だな!!

船瀬俊介~宇多川久美子!!

一般社団法人国際感食協会より転載

増え続ける日本のがん死亡者

身体が万全の状態であれば、ナチュラルキラー(NK)細胞などの免疫システムが十分に反応して「がん細胞の元」を攻撃しますが、疲れやストレスがたまってしまうと免疫機能が不十分になり、「がん細胞の元」を見逃すことが多くなります。

また、歳を重ねれば身体の機能も衰え、細胞をコピーする際にミスも多くなります。

つまり、高齢になるほど、がんを発症するリスクは高まるのです。
年齢別死亡人数
人口動態統計(厚生労働省大臣官房統計情報部編)値より引用

事実、国立がん研究センターがん対策情報センター発表の「年齢階級別のがん罹患率」(人口動態統計(厚生労働省大臣官房統計情報部編)値)を見ると、がん発症数は50歳から急激に高くなっていきます。

長寿大国の日本で、がんの死亡者が増え続ける背景に、長寿が関係していることは否めません。

とはいえ、がんの研究や治療方法が進歩しているにもかかわらず、死亡者数が年平均5000人も増え続け、毎年30万人以上もの方が亡くなるのはなぜでしょうか。

単に高齢化が進んだという理由だけで、がん患者が増え、がんで亡くなる方が増えたことを説明することはできません。
 
確かに、医療は目覚ましい進歩を遂げている部分もあります。

しかし、がんをはじめとする慢性疾患に関しては、ほとんど進歩が見られないのが現状です。

なにしろ、生活習慣病の患者数は一向に減っていないのです。

がんに関しては、検査技術が進歩し、以前に比べ早期のがんを見つけられるようになりました。
そのため一見、治療効果が上がってがんの死亡率が下がっているように映るデータもあります。

しかし、これは単に、より早期のがんが発見できるようになり、がんを発見する数が増えたことや早期発見の分だけ生存期間が延びたため、がんの生存率が上がったかのように見えているからではないでしょうか。

つまり、ある程度進んだがんに対する治療効果は、以前からあまり変わっていないというのが現状なのではないでしょうか。

結局、日本でがんの死亡者数がそれほど減らない理由は、高齢化だけではないようです。

「マクガバン・レポート」以降アメリカではがんの死亡者数が減っている

日本に先駆け、アメリカでは1960年代からがんをはじめとする生活習慣病が増大していました。
膨れ上がった医療費がアメリカ経済をひっ迫するようになり70年代初頭、政府により治療技術の改善を図るべく、巨額の予算が投じられました。

ところが、効果はまったく上がらず、がんによる死亡者とがん罹患者は増え続けました。

医療費の縮小に向けた何らかの打開策が待たれるなか、77年にあるレポートが発表されました。

アメリカの上院栄養問題特別委員会が、世界中の慢性病と食事の関係について調査し、その結果をまとめた「マクガバン・レポート」です。

このレポートでは、「アメリカ人の慢性病は肉食中心の誤った食生活がもたらした食原病であり、薬では治らない」とし、「大量の脂肪や砂糖、食塩を摂取していることが心臓病、がん、脳卒中などの病気の原因となっている」と指摘しています。

当時、上院議員であり民主党の大統領候補だったジョージ・S・マクガバン氏が委員長を務めていたことからマクガバン・レポートの名で呼ばれるようになったのですが、レポートの発表後、マクガバン氏はアメリカの医学会や畜産業界から強い反発を受けたため、その後行われた大統領選挙で落選したといわれています。

マクガバン氏のキャリアを阻みはしたものの、このレポートは治療重視だったアメリカの医療政策が方向転換を図るきっかけとなりました。

そして90年に発表されたのが、アメリカの政府機関OTAによるレポートです。
これは「Office of Technology Assessment(アメリカ議会技術評価局)」の略称で、 政策立案のために基礎調査をするアメリカ議会の調査部門を指します。

同レポートでは、次のように従来の常識を覆すような治験結果が紹介されています。

・抗がん剤や多剤投与グループでは、「命にかかわる副作用」が7~10倍になる
・抗がん剤で腫瘍が縮んでも5~8カ月で再増殖する
・腫瘍を治療しないほうが長生きする

その上で、次のように結論付けています。
・抗がん剤では患者は救えない
・抗がん剤の投与でがんは悪性化する

そして、「公認のがん通常療法は根本的に間違っている」と断定しているのです。
このOTAレポートを機に、アメリカではがん治療のあり方が大きく見直されるようになったといわれています。

その後、食事療法、運動療法、音楽療法、免疫力を高める心理療法をはじめとする「代替療法」が国家を挙げて推奨されるようになり、この25年間でアメリカではがんによる死亡率は劇的に減少し、現在も減り続けているというのです。

ちなみに、レポートの中で「公認のがん通常療法」と記されているのは、日本でもおなじみの「手術、放射線、抗がん剤」による治療法のことです。アメリカが通常療法から代替療法へ移行する一方で、日本ではいまだにこれらを「三大治療」「標準治療」と呼び、がん治療の主流としているのです。

アメリカの平均寿命は先進国では最低といわれていますが、男女を合わせた平均寿命は78.84歳で(2013年調査)、多少なりとも年々延びています。また、程度の違いはあるにせよ、日本と同じく高齢化が進んでいます。

三大治療にこだわり続ける日本と、それを見直したアメリカ。
がんの死亡者数が増え続けている日本と、減少傾向にあるアメリカ。

果たして、日本におけるがん治療の方向性は正しいといえるのでしょうか。

(文=宇多川久美子)

これが、現実ですから「癌」と向かい合う時には、是非ともこの文章を思い出していただきたいものです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫の悪行

2017-01-22 17:34:16 | 日記
孫正義の悪行①

戦後不法入国の駅前乗っ取りパチ屋で本名は「安」なのに、華僑を騙り孫文の一族と詐称し偽造家系図を作成。
「広島長崎原爆は正しかった」とTBS報道特集で発言。
「日本人は遺伝子レベルで独創性に欠ける」と発言。
あおぞら銀行を10億円で買収後、数年で500億円で売却。

孫正義の悪行②

「日本は犯罪者。南朝鮮原発は安全で、脱原発は日本だけに課す罰 」 と発言。
震災義援金100億円の約半分が、相続税逃れの財団寄付で残りも太陽光発電投資関連で全て持ち株、現金はなし。
震災時の孤児SB無料貸し出しは、通話料金は別、しかも名簿提出求めずかけ声だけの嘘。

孫正義の悪行③

独島CMで有名な反日企業のDCに顧客データを委託管理、子会社ベクターがクレカ情報など30万件弱流出。
過去最大規模で顧客データを復旧不可にしたレンタルサーバーが、関連会社なのに一切黙殺。
太陽光発電の助成金をもらい、太陽光パネルは国産でなく南朝鮮製を輸入。

孫正義の悪行④

「太陽光事業では利益とらない」も、政府に高値で虚偽上申、不正利益を誘導。
電気通信事業法で保護される「通信の秘密」を侵害するヤフーメール文面を盗み読みする広告ビジネス。
新卒採用で、朝鮮人を優先して採用。
民団総連に格安「在日割引」プランを提供している。

孫正義の悪行⑤

自ら企画した、南朝鮮の蔑視語ケッセキ(犬の子)家族が設定のTVCM。
「鳥取は糸電話」虚偽発言。
店長が報酬をもらい、契約者(マル暴警察官と主婦) 個人情報を暴力団に横流し。
2兆円弱の負債を半分以下に返済と公表するも、実態は転換社債を株式化しただけ。

孫正義の悪行⑥

解約数も異常に高いのに「寝かせ」で塩漬けし純増数をねつ造。
iPnone パケット数がダブルフラット底値を超えるのを隠し、発覚後も報道をつぶす。
設備投資を怠り通話低品質を放置。
東日本大震災ではソフバンだけ不通に。
国産トロン潰し。

孫正義の悪行⑦

基地局19万と公表も、総務省データが公開され約半分の10万と判明。
フェムトセルを含んだ過大偽装。
約10年前、SB子会社であるソフトバンクコマースコリアの役員数人は架空売り上げ、手形詐欺事件で逮捕。
孫正義は裁判所に和議申請し、債権債務の凍結し破産申告の手続きで逃亡。

孫正義の悪行⑧

通名使う在日韓国人はプライドない、本名かくしてこそこそやるな、と発言
でもSBの携帯電話申し込み販売も割引も通名。
自民時代の数年前「日本政府は敵、日本以外と会談」といい米通商部に日本政府への圧力かけを頼んだ。
資金の流れ FBIが動きましたが結局不明。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛子様と替え玉: 目歯比率が明るみに出す複数の児童虐待?

2017-01-19 10:00:22 | 日記
愛子様と替え玉: 目歯比率が明るみに出す複数の児童虐待?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実は在日占領されている日本。。。

2016-12-30 11:10:11 | 日記
人権侵害救済法案に関して、衝撃の事実が浮かび上がってきました

政府は9月25日の閣議で、法務省の石井忠雄人権擁護局長の後任に、萩原秀紀東京地裁判事を
起用しましたが、この萩原秀紀という人、実は創価学会の帰化在日韓国人だったようです。

東京地裁と言えば、サムスンの特許侵害を認めなかった所。何か臭いますね

また、政府が人権擁護局長の人事を閣議した日は9月25日。
第1回目の「人権委員会設置法案」を閣議決定した日が9月19日でしたから、
この人事起用は仕組まれたものだと言わざるを得ません。



(以下、News U.Sさんからの抜粋)


Re: 日本国民に対する人権弾圧法案提出 2012/11/ 9 23:43 [ No.3903 / 3904 ]
法務省人権擁護局長萩原秀紀は創価学会員だった!
ヤフコメからの情報です。 現在は削除されている模様。以下引用です。↓





法務省人権擁護局で抗議電話すると
公僕意識皆無の高圧的陰湿さ
あなたたちは創価学会員ですか?と聞くと黙り込む

平成24.11.9所謂「人権擁護法案」を閣議決定の張本人は
法務省人権擁護局長
萩原秀紀=金秀紀=帰化在日韓国人=創価学会員


法務省人権擁護局は
同和=1639年前後の
密入国の帰化朝鮮半島人
在日朝鮮半島人=1910年後流入の
帰化未帰化朝鮮半島人

在日韓国人=1945年後密入国の
帰化未帰化韓国人

による
日本人人権弾圧機関
です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加