Kenny爺の洋楽イロイロ,オヤジがウロウロ

洋楽と洋菓子が大好きな関西の爺が綴る!!

キンクス The Kinks

2017年04月21日 | グループ
1970年ごろ私はキンクスの「Victria」と言う歌をラジオではじめて聴いた。ノリの良い歌でたぶんこの曲は「ヴィクトリアと言う女性に対する他愛もないラブソング」だと思っていた。それから30年ほど忘れていたこの歌を2000年頃聴いて、歌詞を見て驚いた。これは単なるラブソングではなかったのだ。ここで歌われているのは19世紀ハノーヴァー朝(日本で言えば明治時代)の「ヴィクトリア女王」の事なのだ。要するにイギリスを愛し女王様のために戦って死んでも悔いなし・・・と言う教育勅語を学ぶ森友学園もびっくり、ヴィックリの極右ソング?だったのだ。こんな歌を反体制であるはずのロックバンドが歌うとは、英国音楽ファンの懐の深さを感じる。キンクスについて言えば、Van Halenの「You Really Got Me」のオリジナルはキンクス、The Pretenders の「Stop your sobbing」のオリジナルもキンクス、1967年のThe Doorsの大ヒット曲「Hello, I Love You」は1964年のキンクスの「All Day And All Of The Night」をそのまま盗用?したほど酷似したメロディ。キンクスはいろんな意味で当時のミュージシャンたちに影響を与えたグループだ。1964年バンド結成以来メンバーチェンジは何度かあったが、レイとデイヴのデイヴィス兄弟は結成以来1994年頃までキンクス一筋の兄弟である。ただこの兄弟は本当は不仲だったようだが、これは「禁句」である。

The Kinks - Victoria
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボストン AMANDA | トップ | モータウンサウンド »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。