再開 私の色

 私の人生観を述べてみます

再開 私の色(3116)

2017-03-29 23:50:14 | Weblog
 山菜を扱いビジネスをしている栗山奈津子さんの話を新聞で読んだ。その中で興味を持ったのは、山菜が取れる場所、山に対する気持ちの持ち方で、そこはあくまで動物や植物が主役で、人間は脇役。動植物が消費した残りを少しだけもらう存在で、感謝の気持ちを欠いてはいけない、という。山を荒らすのは人間だ。山菜採りをする場合、「おすそ分けの精神」が必要とも強調する。

 自然との共生をもっと人間は考えなければならない。つまり、人間の利益のため、山をはじめ、いろいろな自然を破壊してきた。「節度」が重要ということだ。

 人間の欲望は際限ない。それによって自然をはじめ、人間社会、国際間の紛争などにも及ぶ。このままでは、人間は自らの手で、この地球などを破滅に追い込めてしまうのではないか、と私は危惧する。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再開 私の色(3115) | トップ | 再開 私の色(3117) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。