再開 私の色

 私の人生観を述べてみます

再開 私の色(3135)

2017-04-17 23:29:51 | Weblog
 戦争を経験していない私にとって、戦争を経験した人たちの話を読むと、過酷で大変な目にあったなあ、と思うし、それが現在まで「痛み」になっていることも理解できる。

 中国などに渡った日本人たちの中には、敗戦で日本の引き揚げが決まっても、子供たちのうち、長旅に耐えられないものは「殺された」。また、家族の中でも体力をなくした大人、その中で母親なども殺害の運命に落とされた人もいた。

 沖縄でも、民衆が集団自決に追い込まれた。すべて「戦争」が原因だ。人の命が戦争では軽視され、天皇や国のために、貴重な命が多数奪われたといってもいいだろう。

 今、北朝鮮は頻繁にミサイルを発射をし、日本をはじめ米国などに緊張を高めている。そして米国は海軍などを北朝鮮に近づけている。一発触発で、北朝鮮と米国が戦争にでもなったら、日本は大変なことになる。

 北朝鮮の独裁者、米国の大統領、日本の首相、中国のトップらの動きに関心が高まる。彼らは、国民のために政治をして、平和を維持できるのであろうか。彼らの動きで、われわれの命を取られてはたまらない。
 
 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再開 私の色(3134) | トップ | 再開 私の色(3136) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。