再開 私の色

 私の人生観を述べてみます

再開 私の色(3164)

2017-05-16 23:08:14 | Weblog
 今週の日曜日(2017年5月14日)から始まった国技館の大相撲夏場所で、私が注目している力士は、横綱の稀勢の里と、勝ち越さないと大関から陥落する豪栄道の2人だ。

 3日間の2人の相撲を見ると、とても満足できる相撲内容ではない。稀勢の里は先場所の大けがで、力が出ていない。途中休場しないことを願う。彼は、自分のけがをよく考え出場を決めたわけだがら、最後まで横綱にふさわしい相撲をとってほしい。一方、豪栄道は自信がないのか、このままでは大関から陥落する可能性が高い。3日間の相撲を振り返って、頭を切り替え4日目から必死になって相撲をとり、勝ち越してほしい。相撲に勝つよりも、先ず自分にかつことが必要だ。

 力士たちは土俵に上がり、普通は短い時間で勝負は決まる。けいこの量、精神力など、力士に求められるモノは多い。一瞬の勝負にどう対応するか。

 今場所、2人の力士は4日目からどんな相撲を見せてくれるのか楽しみだ。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再開 私の色(3163) | トップ | 再開 私の色(3165) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。