けんけんがくがく

つれずれもじあそび

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

判断基準

2016-11-07 00:47:46 | Weblog
人が生きるということは、
判断し続けるということです。

判断し、行動する。
人の一生は、コレだけです。

だから、人間は「判断基準」が欲しいのです。

人間は「生きて行く上の不安」をまず第一に嫌います。
生きて行く上での不安から逃れること。
これが判断の優先順位の一番です。

地球上の多くの人類は「宗教」を持つ事で「判断基準」を得ようとします。
信仰は生きる上での便利な知恵なのです。


現代の日本人はあまり「宗教」に依存していません。
今のところまだ、日本はほぼ単一民族の他国と隔離されている島国だから、
ふつうに暮らしていれば、
国境が陸続きとか、多民族が入り乱れて言語も複数飛び交う国家に比較すると、
確固たる宗教を持たずとも、なんとなく共有している常識で過ごしていけます。

しかし今、日本でも生きて行くうえで、ほぼ正解という価値観が崩壊してきました。
だから判断が難しくなってきたのです。

しかし、生活の不安は増すばかり。
不安解消のための判断。損をしないための判断。
正しい判断のための基準が欲しい。

しかし「正しい」基準は、人の価値観の数だけある。
だから、すべての判断は自分にとって正解なのです。

短期的に損だと思われる判断でも、一生で振り返れば正解なのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワタシはどこにいる? | トップ | 相対的 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL