育毛と健康には深い関係が......

育毛に健康はつき物ですね。

季節性インフルエンザ

2016-05-06 | 健康&病気

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の結果、注射の効果が見通せるのは、注射の約14日後から約5カ月程だろうと言われているようです。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、5日前後きちんと服薬すれば、大体、多くの患者さんの自覚症状は治まりますが、そうは言っても食道粘膜の炎症反応が完治したわけではないので気を付けましょう。

不整脈の中でも期外収縮は、健康体にも出ることがあるので深刻な病気とは限りませんが、発作が数回続いて起こる時は危ないのですぐ病院へ行きましょう。

スギ花粉症などの病状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの行動に良くない影響を与えることもあるのです。

薄暗い所では光不足によってものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに余分な力がかかり、結果的に明るい所で物を見るより疲労がおおきくなります。



亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞や組織の再生に関わっている酵素など、約200種類以上の酵素を構築する物質として外せないミネラル分なのです。シードワンデーピュアうるおいプラス

くも膜下出血とは90%弱が「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管にできた不必要なこぶが破裂して脳内出血してしまうことにより罹患する死亡率の高い病気だと認識されています。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて受動喫煙・アルコールの習慣・体重過多などのライフスタイルの乱れ、ストレスに縁り、いま日本人に多いという疾患なのです。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は酷い腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高い発熱が通例です。

脂溶性のビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を促進するという性能が知られていて、血液の中のCa濃度をコントロールし、筋繊維の働きを調整したり、骨を作ってくれます。



骨を折ったことによりたくさん出血した時に、血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの脳貧血がみられる場合があります。

規則正しい穏やかな暮らしの保持、腹八分目を忘れないこと、無理のないスポーツ等、古臭いとも言える自分の健康への留意が老化対策にも活用されるといえます。

下腹の疼痛を特徴とする病気の一例として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、子宮の病気などの病名が聞かれます。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-A波の極度の浴び過ぎが皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用することの禁止を主に先進国に勧告中です。

万が一血液検査で予想通りエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と判明した場合、足りていない分の女性ホルモンを補てんする治療で良くなることができます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康と美しさは表裏一体 | トップ | 更年期になったとしたら »

健康&病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL