常識破りの健康法の代替療法はこれですね。

医家向け医薬品販売会社23年間の勤務経験と代替療法のコラボで、皆さまの健康の為に代替療法研究会を立ち上げました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花粉症の咳の状態について。

2017年02月22日 09時50分08秒 | 私の花粉症対策
今朝の花粉症での咳が落ち着き、かなりいい状態になっています。

金の水を今までの倍の量を飲んで、眼や鼻に点して、最小限で試していたのを量を増加させてみました。

朝もしっかり飲み、眼も鼻もしっかり点して、今のところ咳も出ず、鼻も眼も大丈夫です。

昨日も風が強く、花粉がかなり飛んだようですが、私には乳酸菌物質ケフィーラと金の水という強い味方のお蔭で大丈夫です。

最初の頃、金の水を眼に点した時に右目が痛かったのですが、その後全く痛みもなく、かゆみも全く感じなくなりました。

私自身、18年前まで医家向け医薬品販売会社に在籍していて、花粉症治療薬を販売したりしていましたが、まさか自分が花粉症の患者になるとは夢にも思いませんでした。

医家向け医薬品販売会社に23年間も在籍しましたが、いろいろな病気が医薬品では治せないということを私自身で体験したことで現在の医療どうしたのかなと思うようになりました。

私も30年近く前のこと風邪をこじらせて、数カ月治らず困りましたが、薬は無力でした。

この時は、アルカリイオン水で2~4リットル飲み治しました。

今は、金の水のお蔭で咳が出ても全く問題ないです。

4年前の冬に一日外で農作業していたら、風邪を引き、就寝できたのですが、3時ころ自分の咳で目覚めてしまい、困ったなと思いました。

しかし、頭の片隅に金の水を冷蔵庫に350ml残っていて、それを飲み、床につきました。

その際に驚いたのですが、咳が落ち着き、朝までうとうとしながら寝れたことでした。

これからも花粉症のシーズンなので、しっかり金の水を飲んで行きたいと思っています。

以上は、私の体験での感想で、効能・効果を表すものではありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花粉症花粉症その後。 | トップ | 花粉症を3週間で治しました。 »

コメントを投稿

私の花粉症対策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL