常識破りの健康法の代替療法はこれですね。

医家向け医薬品販売会社23年間の勤務経験と代替療法のコラボで、皆さまの健康の為に代替療法研究会を立ち上げました。

9回もぎっくり腰に対応するには、腰を冷やさないことです。

2016年09月18日 17時04分52秒 | ぎっくり腰対策
昨日同級生に会いましたが、ぎっくり腰で大変だと言う話を聞き、驚きました。

同級生は、スーパーマーケットで働いていて、9回目のぎっくり腰になり、腰が痛いと言っていました。

私の近くのスーパーマーケットもいつも感じますが、夏でも寒く感じて、冬は当然もっと寒いのです。

この職場だと身体が冷えて、ぎっくり腰になりやすいようです。

野球部の監督も暑くも寒くも外で長時間いることでぎっくり腰や椎間板ヘルニアになる方が多く見受けます。

私は、これらのぎっくり腰や椎間板ヘルニアの対策として身体を冷やさないことをお勧めします。

特に、腰の尾てい骨の上にあります神秘の骨であります仙骨をバイオラバーで温めることで安定し、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアの予防に貢献できると確信しています。

私の母も数年前に漬け物の桶を動かした際にぎっくり腰になり、私がすぐに仙骨にバイオラバーPタイプを当てて、床について貰い、約半日で治り、草むしり始めるのを観て、私自身驚きました。

因みに、私は仙骨にバイオラバーを24時間365日当てているために腰が痛いということがありません。

私は、バイオラバーで幸せな生活を送ることが出来ています、本当に感謝です。

以上は、私の個人的な体験での感想で、効能・効果を表すものではありません。

お問い合せは、健康工房あんどう 電話FAX 048-532-0443までお願い致します。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日扇風機を当てていたら、... | トップ | 風邪の処方で抗生物質と消炎... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL