健康生活

今、健康は自分で守る時代です。
安易に薬や病院に頼らない自立した健康法を紹介していきます。

体力のある時に、癖を抜く

2016-11-05 21:54:38 | 健康・病気

普段、体力のある時に、動物的な敏感さを磨き直し、体力を無駄にしない生活習慣を身に付けておけば、一時的な多忙さや突発的な出来事のせいで無理をすることがあっても、そしてそのストレスを不健康な食べ物や時間の使い方でなだめても、いいのです。

あなたが受ける外部からのストレスは、たいていは長くは続きません。

そのストレスが終息した時に、一時は不健康なものに頼らざるをを得なかったあなたも、また健康的な、動物的な生活に、戻れます。

体に良くないもの、自分の体に合わないものを遠ざけていく・・これ自体はとても大事なことです。

しかし、その過程、やり方は、「無理に、我慢して、頑張って」ではなく、もっと力を入れずに、「放っておいたら、悪いことが遠ざかっていく」「自然と、すべきことをするようになる」というふうにもっていくほうがいいでしょう。

それが「賢い、スマートなやり方」です。スマートとは「エナルギー、体力をより節約しながら、目的を達する」ということです。

「お酒をやめなさい」「タバコを控えなさい」「毎日運動しなさい」・・その結果を得るために、今どうしたらいいか、しかもよりスマートに(体力を使わず)するためには何が必要なのか?

それは原因をきちんと見極め、根本療法をすべきです。

その原因を明らかにし、それを減らしていくことが、リバウンドの少ない、スムーズな、堅実な改善につながります。

過程を重視せず、帳尻合わせのようにタバコを一度はやめても、ストレスがかかった時にはまた吸い始めてしまうのです。

重要なのは「誰でも無理なく続けられる健康法」です。

「治る人に進化する」うえで、最も大切なことは「憧れ」です。

「理想を、フワーッと頭に入れておく」ことです。

「こうなったらいいんだろうなぁ~」「あのほうが、かっこいいなぁ~」・・という感じです。

それだけで、放っておいても、迷った時には、理想に近い行動をとるようになります。

この「放っておけば、こうなる」という、人間の脳の仕組みをうまく味方につけることが、無理なく自分を変えていく極意の一つです。

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラッグ(依存症)を知って... | トップ | 女性のほうが男性より長生き... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。