健康生活

今、健康は自分で守る時代です。
安易に薬や病院に頼らない自立した健康法を紹介していきます。

現代は病気になるシステム

2017-07-16 13:33:33 | 健康・病気

ちょっとしたことで健康を作っていくか、何もせずに病気になるのを待つか、あなたはどちらがいいですか?大事なのは不要物をきちんと排出できる体にする。言い換えれば、体の代謝機能を高めるということです。外から取り入れたものを消化、吸収し、必要なものは体内で利用し、不要ななものは外に出す、代謝機能は、いわば体の治る力の根幹です。この部分を底上げしてあげれば後はどんな病気だろうと、体が勝手に治してくれます。

ただ「出す」と言っても、体に必要なものまで排出してしまっては、元も子もありません。

そんなの当たり前と思われたかもしれませんが、西洋医学の治療では実際に起こっていることです。

ガンが進行すると、体の代謝機能が低下して、胸やお腹に水が溜まります。

水といっても、もちろんただの水ではなく、出し切れなかった老廃物や毒素さらには免疫物質も含まれています。

これを、いっさいがっさい、強制的に抜くのが病院の治療です。

つまり、老廃物や毒素と一緒に、体に必要な免疫物質まで追い出してしまうのです。

肝心の代謝機能を修復させなければ、何度水を抜いても、また溜まります。

溜まっては抜き、抜いては戻し・・

この繰り返しによって体にかかる負担は計り知れません。

そもそもどうして腹水や胸水が溜まってしまうかと言えば、代謝機能が落ちているからです。

そこさえ解決できれば、強制的に水を抜く必要も、濾過して体に戻すなんて複雑なことをする必要も、なくなります。

たださえ現代のライフスタイルは、どちらかと言えば、健康を作るシステムではなく、病気になるシステムになってしまっています。

個人差はあれど、代謝が盛んでキビキビと健やかな体ではなく、誰もが、どこか代謝が滞ってギシギシと軋んだ不健康な体を抱えているように見えます。

家も、普段からマメに掃除していれば、年末の大掃除が楽ですよね。

それと同じで、体の掃除もマメにすること。

つまりマメに毒素を出すようにしていれば、おおごとにはなりません。

しかも、マメな掃除は、ほんのちょっとした手間でできるのですから、やらない手はないでしょう。

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「どこが悪い?」という考え... | トップ | 症状は体が治ろうとしている... »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。