らーめんやまやのひとり言

風に吹かれながら、いつだって気ままに山歩き!

そして撤退

2016-10-12 23:26:29 | やま歩き
翌日6時・・・
ガスで見え無い。


7時まで待ったが状況は回復せず、むしろ天気予報では雨が降り出す予報。
あと2時間半で頂上なのに・・
さらに風が出てきた・・
小屋の宿泊者には頂上へ向かう者もいた。


おそらく頂上はガスの中で視界は望めないだろう。本日中に下山しなければならないので
やむなく引き返すことにした。

ここまで来てと思ったが、せっかく飯豊山まで来たのならいい景色を見て終えたい。
そういう思いが強く来た道を引き返した。


草花も濡れていた。


しかしガスの中の紅葉も神秘的である。


何か紅葉が昨日より鮮やかに見えた。


歩き始めて1時間、少し明るくなってきたように見えた。


下り始めると晴れる。山では良くある事だ。
ガスの切れ間から飯豊山が見えた。


9時 三国岳小屋到着。気温10度 寒くは無い。


昨日とは違い他に人は居ない。
振り返ると大日岳方面の谷から虹が


次回晴れることを期待し出発する。

下降分岐点まで稜線を歩く。
ガス&紅葉の幻想的な風景


とうとう雨が降り始めてきた急いで雨具を着て
足早に進む。


下り始めてから、ものすごい雨とうとう本降りになってきた。

道も濡れてますます歩きにくくなる。

ザックカバーもして雨対策は万全なのだが
雨は勢いを増して強くなる。

2時間休みなく降りてきた。
駐車場に着いたときは雨具着てても中はビショビショ
あ~。ひどい雨だった。

また思い出に残る山行となった。

                                                 ・・・・(おわり)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯豊山の紅葉 | トップ | 幻の山行(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。