北海道函館市の建築設計事務所 小山設計所

建築の設計のことやあれこれ

Fuggerei (フッゲライ)  その2

2016-10-15 17:28:06 | 日記



このFuggerei(フッゲライ)、古いといえば相当に古いどころでなく、とんでもなく古い

1514年から1521年ごろという建設期間は、日本で言えば応仁の乱が1467年に終わって、

室町幕府の最後の頃、、、。(つまり、もう500年も経っているんですね、、、。)











Fuggerei(フッゲライ)を作ったのは、アウグスブルクのフッガー家(Fugger)の

ヤーコプ・フッガーさん(1459-1525年)、61才のとき、還暦過ぎ。亡くなる5年前。

フッガー家は、当時のヨーロッパでは、イタリア・ルネッサンスはフィレンツェの

メディチ家にも並び称されたと思しき南ドイツの大富豪。






ヤーコプ・フッガーさん  (絵を描いたのはアルブレヒト・デューラーさん)





成る程、この絵を見ても、なんだか、とても良さそうな方に思えます、、、。






1550年頃?のアウグスブルク。(右が北)





中央の左下にFuggerei(フッゲライ)すでにあります。






1800年頃?のアウグスブルク。(右が北になるように180°反転させてあります。)








だいぶ周囲が建て込んできています。









Fuggerei(フッゲライ)の西側(この絵のだと上)の疎水は、今でも流れているようです。






冬のFuggerei(フッゲライ)





入ってすぐ左は教会でしょうか?右はポケットパークのように凹んでいます。突き当たり

の白い三角は水盤の冬の養生とおもいます。






                 Fuggerei(フッゲライ) その3 につづきます           






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Fuggerei (フッゲライ)  ... | トップ | Fuggerei (フッゲライ)  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL