く~にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く~にゃん物語」などもあるよ。

<ギンバイカ(銀梅花)> 白梅に似た清楚な花を上向きに

2017年07月16日 | 花の四季

【地中海沿岸地方原産、別名「マートル」「ミルテ」「イワイノキ」…】

 フトモモ科ギンバイカ属(ミルトゥス属)の常緑低木。主な原産地は地中海沿岸地方で、日本には明治末期に渡来した。樹高は1.5~3mで、6~7月頃、梅に似た径2cmほどの白い5弁花を上向きに付ける。長い雄しべの花糸が放射状に伸びる花姿が印象的。花や葉、果実にはフルーティーな芳香があり、乾燥してポプリや肉料理のスパイスなどとして使われる。その香りから「ギンコウバイ(銀香梅)」や「ギンコウボク(銀香木)」という別名を持つ。ハーブの世界では英名からしばしば「マートル」と呼ばれる。

 ギンバイカの栽培の歴史は月桂樹やオリーブなどとともに古い。古代エジプトでは愛と歓喜の女神ハトホルに捧げられ、ギリシャ神話では愛と美の女神アフロディーテの神木に、また古代ローマでもヴィーナスの神木とされた。ギンバイカは結婚式など祝い事の花飾りや花嫁のブーケとしてよく用いられることから「イワイノキ(祝いの木)」とも呼ばれる。2011年の英国ロイヤルウエディングでは、ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃のブーケにもスズランなどとともにギンバイカが使われていたそうだ。

 ドイツでは「ミルテ」の名前で親しまれ、文学や音楽などにもしばしば登場する。「君知るや 南の国」で始まるゲーテの詩『ミニヨンの歌』には「ミルテの木はしづかにラウレルの木は高く…」(森鴎外訳)と詠まれている。ドイツ・ロマン派を代表する作曲家シューマンには全26曲からなる歌曲集『ミルテの花』がある。シューマンは1840年9月12日の結婚式前日、名ピアニストでもある最愛のクララに「愛する花嫁へ」と書いたこの歌曲集をミルテの花で飾ってプレゼントしたという。

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <シチョウゲ(紫丁花)> ... | トップ | <高良神社> 和太鼓が鳴り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花の四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。