く〜にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く〜にゃん物語」などもあるよ。

<カイドウ(海棠、ハナカイドウ)>楊貴妃にちなみ中国では「睡花」とも

2012年04月17日 | 花の四季

【ボタンと並んで美人の形容詞に】

 ソメイヨシノが散り始めると、今度はカイドウの薄桃色の華やかな花が咲き始めた。日本の花木には大陸から渡ってきたものが多いが、これも中国原産で江戸時代に渡来した。海棠の「棠」は梨のことを指し、海を渡ってきた梨ということで海棠と名付けられたらしい。

  中国では唐の時代の絶世の美女・楊貴妃にちなんで「睡花」や「眠りの花」ともいわれる。玄宗皇帝が楊貴妃を呼んだところ、ほろ酔いのうたたね顔で現れたため、「海棠の眠り、いまだ足らざるのみ」と、楊貴妃を海棠の花にたとえたことによる。楊貴妃自身もカイドウの花を好んだらしい。中国では古来ボタンとともに愛好され、詩歌や絵画の題材としてよく描かれてきた。

 カイドウといえば通常「ハナカイドウ」を指す。花が垂れ下がって咲くため別名スイシカイドウ(垂糸海棠)。同じ仲間に「ミカイドウ」があるが、これは花が上向きに咲くのが特徴。姫リンゴに似た小さな実を付け、長崎地方から全国へ広がったため「ナガサキリンゴ」の別名を持つ。

 華やかなカイドウは俳人の間でもよく詠まれてきた。「海棠や白粉に紅をあやまてる」(与謝蕪村)、「海棠の寝顔に見ゆる笑くぼ哉」(正岡子規)、「海棠の精が出てくる月夜かな」(夏目漱石)。漱石門下の久米三汀(小説家久米正雄の俳号)の忌日は「海棠忌」と呼ばれている。

ジャンル:
写真
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« <飛騨「古川祭」> 勇壮な「起... | トップ | <遠州森町>侠客石松の墓は3代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。